2014年 12月 29日 ( 1 )

今年を振り返る 10月

10月は病気の月でしたね

大聖人様は 病で苦しむ弟子に 数々の激励をされていますね

        ほとけ おんはからい      じょうみょうきょう・ねはんぎょう
このやまひは仏の御はからひか・そのゆへは浄名経・涅槃経には

やまい ひと ほとけ         そうろう
病ある人仏になるべきよしとかれて候、

やまい   どうしん   そうろう
病によりて道心はをこり候なり、

なむみょうほうれんげきょう
南無妙法蓮華経は

ししく   ごとし     やまい
師子吼の如し・いかなる病さはりをなすべきや、

そして 先生も・・・
昔の先生は 自分が体が弱い事もあってか とても厳しい指導をされていました
それは 先生ご自身に言っている事のように思えます
たとえば 事故や病気のような不祥事 と・・・
しかし 私達に対しては違います
どこまでも 慈悲深く 治って欲しい 病気を通して 成長してほしい
そんな思いで 来る日も来る日も お題目を送ってくださり 激励を送り続けてくださいます
「生命は永遠であり、三世を貫いていく。
ゆえに、一時期、病などに苦しんだとしても、その人の立場、立場で最後まで信心をまっとうしていけば、
必ずそれが次の生への大きな推進力となる。」(昭63年11.24)
 
27日(土)ハピちゃんと一緒に ふなっしーの病院へ お見舞いに行って来ました
肺に溜まっていた水を抜き すこぶる元喜になっていました
病院の人たちと友好活動をすると語っていました
お正月も病院で過ごす事になりますが その間お題目をたくさんあげられ 三食昼寝つきでリゾート気分と喜んでいました

千早さんも ゆりこさんも元喜を取り戻し ゆりこさんは ひらがな御書を担当して頂く事になりました
これも皆さんの激励あっての事です
私のブログを通じて まだ会ったことのない同志(とも)を励まし 題目を送り 蘇生する姿に感動を覚えます
そして お互い 感謝しあっている姿に 私も喜びひとしおです

私といえば この月も大喧嘩をし 一部の人にはご迷惑 ご心配をおかけしました
皆さんにとっては またかよ~の話ですが 私にとっても またかよ~の話でした(笑)
まぁ よく喧嘩します

我が家 といえば お陰様で バカボンパパも すこぶる元喜
おさんどんを 喜んでしてくれてます
美味しいおかずをありがとう

暮れの忙しい時 健康 無事故を 心よりお祈り申し上げます
[PR]
by tomotiyoo | 2014-12-29 00:00 | Comments(35)