2015年 01月 19日 ( 1 )

バカボンパパの場合

生きてるだけで 素晴らしいのに それでは嫌だという
生命の不思議を考えたら 何もできなくなったとしても 生きているだけで充分ではないかと・・・
バカボンパパの場合は 延命治療は 必要ないというのです
それが 自然の形だからと
かといって 諦めた訳じゃない
だからこそ お題目で治す という 選択をしているのだと
絶対に 病の進行を止める
そうすれば 寝たきりにならないというのである
望む死因は老衰
お馬鹿な会話が多い親子ですが たまには こんな話もするんですよ

ふなっしーは まだ 昨日の段階では 抗がん剤治療は 始まっていませんでした
なんでも 熱が出たのは 肺炎だったそうで それが 完全に治ってからと言う事です
医者からは 治療をしなければ 余命4ヶ月
治療をしても 2年と言われたそうです
医者が 匙を投げたら ご本尊様しかないじゃない と 激励しました
今度 お見舞いに行く時 みんなからのメッセージ 印刷してもっていくからねと言ったら
喜んでました
みんなが お題目で応援してくれている事も 話しました
負けるな ふなっしー
顔晴れ ふなっしー
[PR]
by tomotiyoo | 2015-01-19 00:00 | Comments(23)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ