2015年 06月 13日 ( 1 )

師弟不二

恩師の真実を後世に 小説「人間革命」の執筆より

2年余りにわたって 休載されていた「人間革命」を
同志を何とか励ましたいとの思いで 執筆を決意
周りからの 「先生が又攻撃をされる」という言葉に 厳しい口調で
「そんな事は分かっている
今大事なことは私がどうなるかじゃない
全国の会員を本当に守れるかどうか
希望を与えることができるかどうか
これが私の戦いなんだよ」

「烈風をも恐れず 豪雨にもたじろかず 吹雪に胸張り 我らは敢然と進む
尊き仏子の使命を果たしゆくために
民衆の凱歌のために」

うれしいのは戸田先生の名前が全世界に宣揚されること
余すことなく永遠に残す人
これが弟子の道
真の弟子として先生の志を受け継ぎ
広宣流布の一切の責任を担う
戸田先生と一緒に俺は死ぬんだ
戸田先生と一緒に俺は生きるんだ

”わが恩師 戸田城聖先生に捧ぐ
  弟子 池田大作”

自分自身の人間革命によって 立派な自分自身の歴史を 我が生命に描いてもらいたい
三世永遠の因果の理法です

「人間革命」の此の原稿は わが師 戸田城聖先生の真実の広布への大ロマンにして
弟子 池田大作が確かに書き留めしもの也
一切の批難と謀略の言を信ずること勿れ
わが門下に 深く留む
[PR]
by tomotiyoo | 2015-06-13 00:00 | Comments(18)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ