「いったいそう
いったいぜんたい 戦争が何になるというのだろう
なぜ人間はお互いに仲良く暮らせないのだろう
何のためにこれだけの 破壊が続けられるのだろう」

第2章
アンネ・フランクと杉原千畝の選択

http://iyashitour.com/archives/22275#page1
手抜きでごめんなさい

私が好きな言葉

「ほんとうに他人の人柄がわかるのは、

 その人と大喧嘩したときだということです。

 そのときこそ、

 そしてそのときはじめて、

 その人の真の人柄が判断できるんです。」

「勇気と信念を持つ人は
決して不幸に押しつぶされはしないのです」

杉原千畝については
過去記事をクリック

杉原千畝は「正義の異邦人」と呼ばれていました

ホロコーストを 忘れない勇気
「このような辛い記憶を終わらせる簡単な方法があるとは 考えてはならない
人間の心の中の憎悪を 許す簡単な方法・・・
あるいは最悪な事はすでに起こり 過ぎ去ったと信じる簡単な方法があると 考えてはならない
人々が忘れなければ 希望が続くという事だけ知っていなければならない」

放置しておく
「私たちは ナチス・ドイツの犠牲になっただけではない
国際社会の沈黙 無関心の犠牲者でもあったのだ」
(ホロコースト生存者 ノーベル平和賞受賞ヴィーゼル・エリエーゼル)
ヴィーゼル・エリエーゼルはここをクリック




[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-15 00:03 | Comments(24)