真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

2015年 10月 18日 ( 1 )

くせ

『悪い「くせ」は困るね
自分も悩むし、他の人たちや社会をも悩ましたり、迷惑をかけたりする。
その「くせ」を直そうとしても、自分の意思では、どうにもならない場合も多い。
発陽性の人、抑うつ性の人、自己不確実の人、顕示性の人、気分易変の人、
無力性の人、爆発性の人、情性の乏しい人、狂信性の人、意思の弱い人、
よい「くせ」のほうもあげてみると愛情細やかな人、思慮深い人、
生命感情の豊かな人、意志の強い人、謙虚な人、信念の人、気分の持続する人、
意欲に満ちた人、計画性のある人、━まあ、いくらでも分析できるが、
これらのめぐまれた性格の強い、豊かな人でも、それらを、どのように発揮していくかに
よって、善と悪は変わってくる。
この人格的なものは、十界のうち、どれかを顕現しやすい傾向性をもっているでしょう。
「くせ」といってもいいがそれは、個々のものではなく、生命全体の「くせ」です。
人の世の真実の苦悩を味わった者のみが、他者の不安や苦痛を、そのまま「同苦」
できるようにも思う。
九界の荒波のなかで、知恵を使い、慈悲力をあらわしてこそ、私たち自身の仏界も
ますます磨きがかけられるというものです。
地獄界の苦闘の奥に、仏の生命が輝いているかぎり、その人は、人格を磨き、見識を高め、
自己変革と自己実現の道を歩んでいるのです。
仏界を基調にして、あえて引き受けた苦悩は、望ましい苦しみであり、あえて関わった
悲しみは、望ましい悲哀である。
それは仏の生命をはぐくむ苦しみであり、悲しみであるからだ。』
(生命を語るより抜粋)

私の場合 悪い「くせ」がたくさんあった
今でも 多分あるのであろう
しかし お題目によって 自分を見つめ 冥伏されていることが多くなったような気がする
自分のことでは そう 悩まなくなっている事も事実だ
やはり 人と関わり 人が喜ぶ事に 自分の喜びを見出しているからなのだろう
私は 信心できて 本当に幸せだ
お題目をあげられることに感謝!


[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-18 00:00 | Comments(8)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ