2015年 11月 19日 ( 2 )

楽しい!

覚えてる~?


喧嘩もたくさんしたよね~
ん~と ん~とした 
いい時なんて
ちっともなかった

でもね
あなたのいいところ 私が一番知っていると思うから
その いいところを伸ばしてね
あなたらしさ
それが 桜梅桃李だから

やっぱ 対話が大事だね 
まだまだ 分からないことばかり
黙っていたら 解りあえないよ

如蓮華在水
誓願とは 自身の生きる証の異名
あきらめの壁を打破する力は
誓いに生き抜く人生に宿る

仏法で説く「如蓮華在水」の法理を通し、混迷が深ければ深いほど
人間の生命は限りない力を湧き出すことができると協調。

ワンガリー・マータイ博士が
「私たちは、傷ついた地球が回復するのを助けるためにこの世に生を受けた」と
述べたような”誓い”に貫かれた行動が、何よりも必要となってくると私は考えます。」
(2014年SGI提言 大白3月号P84)

「なぜハスは泥に染まらないのか。それは「身繕い」をしているからだという。
ハスの葉には、撥水性がある。
表面にある細かい毛のようなものが水をはじくのだ
葉に付いた雨や露が丸い水滴になって、コロコロと表面を転がり、
泥やゴミを絡め取っていくそうだ。
「ロータス(ハス)効果」と呼ばれている(『レンコン(ハス)の絵本』農文協)。
雨露で汚れるどころか、かえって、それで自らをきれいにしてしまう。
仏法で説く「如蓮華在水」の言が思い起こされる

法華経の行者は、難に遭えば遭うほど、ますます成長できるものである。
御書に「猪の金山を摺り」(916ページ)とある。
猪は「金の山」が輝いているのが気に入らない。
「なんだ、あんなやつ」と、輝きを消そうとして体をこすりつける。猪の毛は硬く、
勢いもすさまじい。
しかし、こすればこするほど、金山はますます輝きを増していった
障害があるほどに自分を高めていく――人間関係においても大切な教え、と
池田名誉会長は指摘する。
「自分を一番困らせる人間こそが、自分を仏にしてくれる」と人を変えるのでなく、
自分が変わるのが「人間革命」だ。
その決意に立った時、一切をプラスの方向に転じていける“妙法の力用”を実感できる。」
(2010.5..8 名字の言)

困らせてくれて いつも ありがとう

[PR]

by tomotiyoo | 2015-11-19 23:59 | Comments(0)

どう思う?

多分 いわゆる アンチという人が つくったものだと思うけど

ここをクリック

私は 柏原さんの若い頃は知らない
でも ある程度の年配になってから お話を聞いた事がある
痛快だった
この話を聞いても 私は そうだよね
財務って こうやるものだよね!
そう思う
喜んでやらせていただくって思う時は 明日のご飯なんて 考えない(笑)
でも 1度だけ こんな経験がある
女子部の頃 夏の財務だったと思う
あと 給料日まで 何日かあった
決めていた額では 給料日まで心配だった
1万円 減らした
その年 私は 毎月1万円足りなくなって 毎月 母から 1万円借りる事となった
あ~ 財務って そういう事なんだな~ って思った

正本堂建設の頃 青い貯金箱があった
ものもちのいい母は ずーっとその貯金箱で 財務のお金を貯めていた
私はというと おこづかいが足りなくなって 父にせがむと 父は そこから持ってって
あとで返すんだよと 私に言った
新築の家に住むことなく 父は逝った
これが 因果なのかなぁ~?

別に 父は不幸ではなかった
所願満足で逝ったと思う

財務は 真心こめて精一杯!
1年間の感謝をこめて ない人は祈って ある人は 思い切り!
見返りなんて 気にしちゃダメですよ(笑)
柏原さんの声を聴いて そんな事を思い出しました

池田先生の ジョークだって 楽しい!
やっぱり 聞く人の 境涯なのでしょうね
これを聞いて 学会をやめれば~なんて思いで作ったのかもしれないけど
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
私が聞くと 楽しい話になっちゃうんです
もし 不愉快に感じる人がいたら ごめんなさい

柏原さんも 先生も 大らかで 楽しい人なんだよ~
信心すると 何でも笑えるようになるんだよ~
でも 先生や 学会の同志(とも)を誹謗中傷する人は 絶対に許さない!
もっとも 御書のなかに
「過去現在の末法の法華経の行者を軽賤する王臣万民始めは事なきやうにて
終にほろびざるは候はず、」ってあるじゃない
そう 罰は必ず出るんだもの
これを怖いと思うかどうかは 人それぞれだけどね(笑)

[PR]

by tomotiyoo | 2015-11-19 00:00 | Comments(27)