2015年 12月 14日 ( 1 )

昨日は 墨田の日記念幹部会に出席しました
去年は選挙でなかったので 2年ぶりとなります
東京管弦楽団の演奏と 長谷川理事長導師の勤行つき
先生からの長編のメッセージもありました

「戦わんかな 尊き躍進拡大を 心の握手で 最大にねぎらいたい
然りと雖も諸天善神等は日蓮に力を合せ給う故に竜口までもかちぬ、
其の外の大難をも脱れたり、今は魔王もこりてや候うらん、
全宇宙を味方に勝ちきっていける
戸田先生は、大境涯で自由自在の境涯になれる と
我らを見よ!墨田に続けり
”幸福 和楽 勝利”
異体同心の墨田万歳!」
(趣旨) 

鬼の唱題の奥さんを持つ男子部と ナンを焼ける国際弁護士の奥さんの活動体験
素晴らしかった

長谷川さんは 元墨田長
先生が 新しい時代を創ると仰っている
心が若ければいいと・・・
若い人達の時代なのに なぜか 私が理事長になった
流石 下町 墨田 
「若いよ~!」
と ある婦人部から声がかかった(私ではありません)

その後 ネパールへ先生の同行をしたときの話をされた
その日は 曇っていたという
エベレストはどちらですか?の質問に 案内人は まったく見えないエベレストをさして
こちらですと答えた
その時 雲がすーっとカーテンを引くようになくなり 写真が撮れたという

ここをクリック

「ヒマラヤ」までお進みください

墨田の会合の前は 川崎の会合に出席されたそうで その時の会合では
「365日の紙飛行機」の人が話されたという
誰なのだろう?
何を隠そう 私はこのドラマ見ていないのです
いつもさん ごめんなさい



信心は幸せになる為にある
悩み 苦悩に 負けない為にある
そして、自分だけの幸せから、人の幸せを祈るところにある
墨田魂という言葉があるのなら 何があっても 負けない心 強い心にある
素直な心でお題目をあげるところに 叶わざるはなし と

先生は これだけ迫害をうけた創価学会が どうして世界宗教に発展したか?
1.一人一人が強かったから 負けなかったから
2.一人一人が 一人の人を 大切にしたから
 心からの励まし 題目
3.私と一緒に戦ったから
 団結 師弟
先生の心をわが心として 戦おう!

退場の際には 東京管弦楽団の演奏で 紅の歌 青年よ21世紀の広布の山を登れ
威風堂々の歌が流れ 私も一緒に歌ってました(笑)
最後には アンコール アンコール と声が起こり 五月の空へ(さつきのそらへ)と
リクエストが飛び 演奏してくださいました
東京管弦楽団の皆さん 本当にありがとうございました
ユーチューブが見つからないのが 残念です

感動がうまく伝えられたかどうか ちょっと心配ですが 楽しく参加できありがとうございました
帰り道 ソラマチのイルミネーションも綺麗でしたよ

ここをクリック

帰りの車の中で また来年も元気で参加できるようにと 決意を固め合いました

※ 今日も少し長くなっちゃいましたね
読んでくださって ありがとうございます


[PR]
by tomotiyoo | 2015-12-14 00:00 | Comments(17)