2016年 02月 03日 ( 1 )

恋愛で悩む方へ

以前いただいたコメントの中で 興味深い体験などを 載せてみます

女性は愛されたほうが幸せだと思います。

結婚したとたんに豹変する人も多いし…
あまり急いで答えを出すと怖いよね。
でももし一緒に信心していけるご主人様になってくれればこんな嬉しい事はないよね。
地元の幹部の方にも指導を受けていくことも大事なのかなあ?
今の戦いやるべきことを一生懸命やっていたら答えが自然に出るよと言われました

私は前に、付き合っていた大好きな彼がいました。その彼を折伏しようと、
彼の病気を治したいと、強気祈りで百万遍に挑戦したことがありました。
その人と縁があるなら、百万遍終わってから、結果をハッキリ出して!との祈りで
必死でお題目に向かいました。死ぬ気で祈った百万遍でした。笑
そしたら、百万遍上がり切った、次の日、振られました。
結果、今思えば、結婚とゆう縁はなかったと気づかされました。
そこから、私自身、女子部で思いっきり活動できるようになりました。
結果が今の私です。めちゃくちゃ、元気に明るくなりました。家族も変わりました。
すべて良い方向へ行きました。
百万遍でハッキリ結果が出たときは、好きな人のお別れは辛かったです。
精神的にやられました。けど、今が明るいので、あぁ別れてよかった。
振られてよかったと今心からその彼に感謝してます。

「なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし」
凡夫の私達が考えられる事は知れています。
ここは迷わず祈る事だと私は思います。
「他人の不幸の上に、自分の幸福を築いてはならない」
これ、創価学会に好意的な海外サイトで、池田先生を紹介する際によく出て来る
有名な言葉です。
私が聞いた(読んだ)ところでは、「夫と離婚したい」と池田先生に相談に来た
婦人部員に対し、先生は、
「私は、離婚しろとも離婚するなとも言えない。
だけど、他人の不幸の上に、自分の幸福を築いてはいけないよ」
と言われたと。
-------------------------------------

池田先生でさえ、結婚や離婚と言う問題に対しては、明確に「こうすべき」とはお応えにならないんですね。
学会の指導は、あくまでも「信心の指導」しかできないんです。
私も、様々な学会員のご結婚や離婚を見てきました。
余程、そのご夫妻との距離が近く、ほぼ全ての事情を知っている場合でなければ、
どちらが良い悪いとは、言えないものです。

恋愛は、距離が縮まったり別れたりを繰り返すことも多いので、
一概に付き合っているから宿縁が深いとは言い切れませんが、
夫婦になるというのは、共有する生活空間や時間が圧倒的に多くなるわけで、
やはり宿縁が深い者同士が生活を共にしているのだろうと思います。
そして、大事なことは、「お互いの境涯に合った相手同士でなければ、結局は破綻する」
ということです。

いくら私が、家内と結婚したことを悔やんでも、その家内と連れ添うことが
私の宿命ですから仕方がありません(笑
それは、家内も同じでしょう。
こんな亭主と連れ添うはずじゃなかったと悔やんでも、それは家内の宿命ですから、
仕方がないわけです。
お互いに、相手が嫌なら、今世中にお題目をいっぱい上げて、戦い切って、自身の境涯を
大きく開き、来世は、素敵な相手と添い遂げられるようにするしかないですよね(笑)
身近な方にアドバイスを受けることは良いことだとは思います。
(指導ではなく、参考にするアドバイスです)
でも、決めるのはあなたです。
たくさん悩んで下さい。
それを全て御本尊にぶつけて下さい。
祈りきり、広布のために戦い切って下さい。
そして、いっぱい福運を積み、境涯を高めて下さい。
その結果、あなたが選んだ相手が、あなたの境涯に相応しい、今世で添い遂げるべき
相手です。
その相手は、もしかしたら、今、あなたの前にいるお二人ではないのかも知れません。
それは、誰にも分かることではありません。
ご参考まで。

自分でいま決めるのではなく、御本尊様に決めてもらう感じがいいですよ?
そうする事で自分がどうすべきか現象を見せてくれて「道」を示してくれますよ。



More
[PR]
by tomotiyoo | 2016-02-03 00:00 | Comments(34)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ