2016年 03月 12日 ( 1 )

座談会で聞いた体験

群馬の方の 体験です
草創の頃 物凄く貧乏で 煮込みを屋台で売っていたそうだ
功徳で店がもてるようになった
しばらくして 先生が群馬へ来てくださることを聞き 乗り換えの駅まで はせ参じる
先生は 渉外部の名刺を下さり激励してくださる
その当時の 渉外部は先生お一人 
学会の悪口を言われれば 一つ一つ 真実を語って応戦したという
彼も それを聞いて わが地域の 渉外部長になろうと 奮闘した
仕事も 一生懸命した
国道沿いの店は トラックの運転手さんの間で美味しいと評判になり とても繁盛する
だが そこに ライバル登場
ライバルは 新たにできた関越道である
トラックは 高速道を使うようになり 自分の店の前は 通らなくなってしまう
夫婦で 祈った
祈って祈って 祈りまくった
そこは 霧が多い地域だった
祈ると 霧が出る
霧が出ると 高速道は通行止めになり また 店のを前を トラックが通るようになる
その後 電話注文で 宅配するようになり 工場を建てた
県で1位 2位を 争うほどの高額納税者になった事もあるという
2件目の 個人会館は ドーム型
あの時の 先生の激励に 応えようと思う心が 境涯を開いていった



More今日の聖教は ここをクリック
[PR]

by tomotiyoo | 2016-03-12 00:00 | Comments(30)