『どうですか。できましたか。できなくとも、なにか書いておけば、点をあげます。
安心しなさい。
みんな戸田の弟子なのだから、ピントがずれておっても、まちがっているはずはない。
写真だって、ピントがはずれるではないか。
 こんど助師になられた方々は、二月二十八日に助助、講師の試験があるから、そのとき応募しなさい。
その結果によって、講師、助教授にする。教授で受けた人は、その成績いかんによって、講師にします。
試験答案をみて、りっぱな解答をした人は、講師、助教授にします。
今後も、もっと勉強してください。

(昭和二十八年十二月二十七日 東京・学会本部)』


(戸田城聖全集 第4巻)

創価の教学試験は 落とす為じゃないからいいね

私のブログ コメ欄でも 色々ありました
で・・・私 思うんですけど 

※心の病の方など 自己責任でご覧下さい

ここをクリック

私の馬鹿さ加減も 露呈してますが 

コメント欄の方達の心も丸見えですね

追い出されてしまいましたが(笑)創価の教学
これは 学会員でなければ 通用しない話なのかもしれませんね
去年の教授補 試験なかったでしょ?
あれが 答えと思います

「私どもがめざすべきは、有解有信(うげうしん)でありますが、有解無信(うげむしん)の人よりも、無解有信(むげうしん)の人の方が、はるかに尊(とうと)いことを知ってください」

(新・人間革命 奮迅 十六)


「有解無信とて法門をば解りて信心なき者は更に成仏すべからず、
有信無解とて解はなくとも信心あるものは成仏すべし(中略)
況や我等衆生少分の法門を心得たりとも信心なくば仏にならんことおぼつかなし
新池御書(1443?)」

何があっても 朗らかに 創価の王道を歩んでいきましょうね




More今日の聖教は ここをクリック
[PR]
by tomotiyoo | 2016-04-14 16:38 | Comments(34)

私は しばしば

人を 怒らせる
バカボンパパ曰く 怒らせるのの 天才だと
本人 相手が 何で怒るのかが ちっとも分からない
これを 今では死語かもしれないが kYというのであろうか?

それでも 仲良くできる人がいる
不思議なものだ
嫌うのなら 嫌えばいい
好き嫌いは ある意味 仕方のない事



あばよ

♪笑ってあばよと気取ってみるさ♪

私ならそうするんだけど そうじゃない人もいるんだね
世の中には・・・???

喧嘩しても 広宣流布という同じ目的に向かっているのならば 
いつでも 仲直りができるのだと思う
そういう仲を 同志というのであろうか?

皆様には 無駄なことはやめなさいと 再三言われていますが 無駄かどうかは 
やってみなければ分からない
どうやら 相手を変え様と思って 私が対話をしようと思っている方が多いようなのですが
私は 自分の疑問を晴らしたいだけなのです
何故 私が嫌われるのか?
私は どこを変えたらいいのか?
もちろん 好かれようと思っているわけではありません
基本 嫌われてなんぼ ですから

「自分をきびしく叱ってくれる人は、味方と思ってついてゆけ。
 おだてたり、甘やかしたりする人は、敵と思って遠ざかれ。」
(指導要言集P20)

理不尽な行為をされる方の気持ちも 体験してみなければ分からないし
イジメで悩んでいる人の気持ちも少しは分かるようになるかもしれないという実験なのです

私の好きな言葉
「変化を起こすには まず最初の一歩を 踏み出すことを恐れてはいけない。
 失敗はただ一つ、やってみないこと。」
今までの経験上 もしかしたら 仲良くなれるかもしれないという 私の希望なのです
喧嘩しいしい 仲良くして下さっている方 本当にありがとうございます



More今日の聖教と 私の感想は ここをクリック
[PR]
by tomotiyoo | 2016-04-14 00:00 | Comments(29)