2016年 05月 31日 ( 1 )

彼女と知り合ったのは pekoちゃんからの お願いだった
姉の知り合いで 大変な人がいるから ちよさん 助けてくれませんか? と

彼女はその頃 白内障の手術をして 目が悪く 薬の副作用か 足が震えているという
とりあえず 電話をしてみることにした

聞くところによると 妹さんが病気だったため 幼少期に叔母夫婦に預けられたという
事あるごとに 押入れの中に 押し込められていたらしい
その事が トラウマになっているのだろう
引っ越さなくてはいけない状況で 部屋の中には 段ボールの山
そこに入れられてしまうようで怖いと 訴えていた
怖くて 歩けず 酷い時にはトイレさえも行けず オムツをしていたらしい
今までの 話を聞くと 元准看護師 バツ3 入れ墨 リストカット
大変な 人生を歩んできたようだ
顔晴るという言葉が嫌いで お願いだから その言葉はやめてくれと言ってました
それでも 私は やめません
最後は 顔晴るしかないのだから・・・

話の最中に 別人格になったり ご本尊様を破きたくなるなど 近くに住んでいれば家に連れてくればいい事ですが
離れているが故 不安がないといえば嘘になります
その都度 お題目をあげ 私自身の戦いでした
明け方までの 唱題もありました
お母さんとも 連絡を取り合いながらの 激励でした

彼女との同盟題目でこのような状況になったものの


その彼の 酒癖が悪化
結局 警察を呼ぶという騒ぎにまでなりました
その時 私と 約束していた事を 彼女は 破り(今まで5回以上は破っていた)
これを許しては彼女も変われないと思い 私は 連絡を拒んだ
そして 彼女からの お詫びの手紙が・・・
末尾には 信心根本に成長していきます と
その間 訪問看護師さんに 比例候補のビデをも見せるなど 活動もしていたようです
そして 28日(土)夜 地区婦人部長さんと 久々の同放に行けたそうです
今では顔晴ってます と 電話で報告してくれます 

その後 彼女は 2度目の旦那さんと再会
少し早い 誕生日プレゼントをいただいたようです
あの時の お数珠とお経本は その彼にあげるように 言いました(笑)

まだまだ いろいろな事が起こるでしょう
その度に この半年余りの事を思い出し 冬は必ず春となる を 実感していっていただきたいと思っています

お誕生日 おめでとう



※ るぃさんの了承を得て 載せていただいてます
最近 ガラケーから スマホに変えたそうなので 見てもらえるかな~?



[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-31 00:00 | Comments(10)