真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

2016年 09月 21日 ( 1 )

「母の舞」から

『牧口先生は言われた
「人間のため」「民衆のため」「社会のため」の宗教でなければ、何の意味もない。
自分だけよければいいというのは、信仰ではない。

大学者である先生は、当初「著作」によって、効果を期待した。
しかし、うまくいかなかった。
次に講演会とか会合で、大衆に呼び掛けた。
しかし、やはり、うまくいかなかった。
本でもだめ。大きい会合でもだめ。
そこでみずから出向いて、一人一人と語り合うなかで「少数の同志を見出す外に方法がない」という
結論に達したのだった。
牧口先生は、何でも「実験」をされている。
そして今、何があってもびくともしない大樹に育った。』
’(大白蓮華 9月号より抜粋)

私は 果たして 大樹に育ったかな?
今回は ネットで知り合った2人の同志(とも)かっこちゃんと 太陽の子さんとの再会だった
かっこちゃんと 太陽の子さんは 初めて出会う
そして 次は 厚田村で再会する事を 約束した
そのため かっこちゃんと 私は お酒を控えることを 共に約束した
人は 目標を持つと それに向かって進むことができる

3人の共通点
厳しい人が好き
ハッキリ言ってくれるのが 嬉しい!
本音の会話を また 逢う日まで・・・





[PR]
by tomotiyoo | 2016-09-21 00:00 | Comments(3)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ