というアメンバー限定記事に アメンバーの申請と
「ちゃんと 教えてくださいね」 と メッセージしておきました

どうして 堂々と書けないんだろうね
不思議?

「たえちよからの脅迫メッセージ2 検証 この辺りかなり強気 」だって~!(笑)
アメゲンばかりで かなり 弱気?

当分やってるんだろうね
少し 付き合ってあげよう(#^.^#)

「BBA?〇〇〇〇〇の回線からアメンバー申し込み(笑)」だって~
まだ そんなデマ 信じてるのかしらね
かわいそうな人だわ

「なんで他人が〇〇〇と会話してはアカンのや??」
会話してはいけないなんて 言ってませんよ(#^.^#)

「バレてないと思ってる厚顔無知のたえちよバレてるんですけどまず、これから答えろ!」
どなたかが あなたに送ってきた メッセージなのですか?
素晴らしい内容だと思います
私も その内容に 同感です
ただ 送り主は誰なのかは 私は知りませんよ(#^.^#)

「妄想ブログ 」って ?
自分でわかってるのかな?

「たえちよからの脅迫メッセージ3 かなり苛ついてる様子」
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
苛ついて見えるんだね
みんなで 笑ってるよ



[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-01 21:04 | Comments(0)

こういう事が嫌いな方は スルーしてくださいね
喧嘩をするつもりは 毛頭ありませんので・・・

この話は2月ごろから 表面化した事ですが よく考えてみると 去年からすでに起きていたのかもしれません
事なかれ主義が横行している中で きちんと検証していかなくてはいけないのかと 最近の豊洲問題を見て思いました
そのうち静かになるだろう という考えや 自分に被害が及ばなければいいというような感覚は 私は好きではありません

参考までに 太字をクリックしてみてくださいこの記事では 悪口も必要とのことですね(笑)

私の中での 解決というのは 埼玉の婦人部さん川越のと〇こ〇○さんが デマ ホラ 虚言がおさまったことと
それを信じた入会してそう長くない婦人部さんの誤解が解けた事を言いますが
とりあえず 埼玉の婦人部さんの動向を見て 静かになったら解決という事にしておきます
他の方は デマ ホラ 虚言というよりも 価値観が違うだけですので それはそれとして
私も 認めていく努力をしていこうと思いますし 平和的にお互いを見守っていく関係になればいいことだと
最近 思いました

「嘘の悪口を許さないことも 平和の戦いである。」という 先生の言葉は、きっと皆さんも納得していただけると思いますので・・・

「噓の悪口」でなければ 私は かまいません
ただ 想像で書く場合には 断言して欲しくないですね
私は あなたには そう映るんだな~と思って読むだけです・・・

「本当は こんな事したくないんだけど あなたのところに メッセージ入れても
返事くれないし コメント入れても消されちゃうから しょうがないよね
読んで 自分がしたことを 気づいてくれるように祈ります」

というコメントに対しての 返事だと思うのですが

埼玉の婦人部さん以外の お二人から『「本当は こんな事したくないんだけど」は イジメの免罪符には ならないぞ!』
また
『「貴方が悪いんだよ」と責任を相手にのみ押しつける人間の常套句ですね。イジメの本質です』
との返事をいただきました

イジメの免罪符と言った方 切文で 何かを言うのは困ります
本人に伝えられるのなら このような記事は書きません
もう 読んでいただいたかも?ですが
「一番いいのは 本人に直接言うことだと思う
しかし 当の本人 コメントも メッセージも閉じている
ご友人たちが ここを見ているのは 明らかだ」と
今朝 コメント欄に入れました

イジメの本質といった方 デマを流したり、 まじめな学会員さんを、馬鹿にするような言葉は、 いじめにならないのですか?
と お聞きしたいです

「たえちよはブログ上はこんな事かいてるけど裏では個人の誹謗中傷メッセージ飛ばしまくり!皆さんも心当たりある癖に。」
とも 入っていますね

「誹謗中傷メッセージ」あるのなら 証拠をどうぞ出してくださいね

皆さん 読んでいただいているようなので また 気になったら 書かせていただきます
多分 次に書くのは 入会して そんなに経っていない婦人部さんの事になると思います

あとの方たちは すべて 解っていての発言だと思いますので わざわざ 記事にする事もないと思いますので・・・


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

読んでいただいき ありがとうございました



[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-01 18:55 | Comments(8)

学術部の日

「民衆厳護の「戦う英知」大学の教員や研究者のグループが学術部
最先端の研究で使命に生きる学術部員
「創価の哲学胸に正義の論陣を力強く」(寸鉄より)
技術を生み出すのも、使うのも人間
”使う側”の倫理も問われる
「何のため」が大事

太字をクリック

     ↓

世界平和のために 未来にはばたけ君と僕


[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-01 00:00 | Comments(12)