2017年 01月 11日 ( 1 )

母の切り抜き 社説より

『入信以来二百五十九世帯の個人折伏をやり切ったある草創の先輩が折伏にあたって心がけてる点

1.相手を知る事
一方的に話をするのではなく、徹底して”聞き役”にまわり、その人の人生観や宗教観をよく知る。

2.悩みがあっても入信に踏み切れない障害
心のバリケードは何か、を知る事。

3.何よりも大切なこととして、つね日ごろから心ゆくまで、題目を唱え、たえず満月のような生命力をたたえておくことだと語っている。

小泉隆参事も「入信するしないは相手の勝手。
真心込めて自由自在におやりになった方がいいと思います。楽しくね。
自分のこの喜びを人にも味わってもらいたいというのが折伏ですからね」と』

折伏は 本当に楽しい!
実っても 実らなくても・・・
でも どうせやるなら 実らせたい
実るまで 祈り切る
慈悲に変わるのは 勇気だから ネッ\(^o^)/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-11 00:01 | Comments(14)