2017年 08月 03日 ( 1 )

ふなっしーと 旦那さんと お母さんと バカボンパパ


ふなっしーが 顔晴れたのも バカボンパパの存在が大きいと思う
難病を抱えながら 人に尽くす バカボンパパの姿
学会員 そのものの生き方だと思ってます

皆さんにぜひお願いしたいのは 折伏をしたら その人のご家族とも 縁を結んでください
ふなっしーは 当初 旦那さんは 創価学会が嫌いだと言ってました
でも 実際は違うんです
人は 変わるんです
いいも 悪いも

先日 先生からの頂き物を支部の方 3人で 旦那さんのところに お届けにあがりました
にゃんこの ごんちゃnと 気持ちよく 受け入れてくれました

その時の会話

「このたびは ・・・」

支部長が 一つ一つ 戴き物を説明してくれて

旦那さんが 涙ながらに 口を開いた

「祈れば よくなるって言われて・・・でも 死んじゃった
それでも 医者も 看護師さんも 奇跡だって言ってた
藤さん達が ホントに よくして下さって 実の自分の兄弟よりも・・・
学会は 素晴らしいと思います」
だから ちゃんと(ご本尊様の方を見て) 守っていきます」

ちよ「守っていくには 入会して 少しづつ 勤行も覚えていこうね」
旦那さん「はい」
ちよ「すぐというわけにはいかないけど 新聞もとってくれてるし あとは 座談会に出てね」
旦那さん「はい」
とっても 素直な ご主人です(^^♪

旦那さんから この前の選挙の話になり
「加藤さん よかったな
俺 飲み屋さんに お願いしたんだよ」

「あぁ 言うの忘れてた
この方 加藤さんの 奥さん(笑)」と私

「あ~ それは それは
次は 衆議院に出てよ
俺100人ぐらい お願いするよ」

「いえいえ~ そこまでは~・・・」と 加藤さんの奥さん

「ところで お養父さんは?」
「下で 車の中で 待ってるよ」

ふなっしーのところは 階段なので バカボンパパは すこぶる 調子のいい時しか あがれないのです
帰りに 下まで送ってくれて バカボンパパに 抱きついていました
こんなにも 頼りにされていたんですね

帰ると 旦那さんから 電話がありました
「池田先生へのお返しは どうしたらいいんだろうか?」
「何もいりませんよ
旦那さんが 元喜になることが 一番のお返しです」

お母さんは 北は北海道 南は 沖縄まで 皆さんが祈ってくれたことを 本当に感謝してました
ハピちゃんの みかんの話に
「ゴールデンウイークにうちに来た時 よく食べてて 親戚の者も 凄いねって 喜んでしたのよ」と
最後 みんなに元気な姿を見せに行ったのですね
本当に よく食べる人でした
だから ここまで もったんだよね

食べられなくなったふなっしーに お母さん 土用の丑の日に 無理やり 口にツッコんじゃおうかと思ったって・・・
母の 愛情ですね

選挙も 大勝利で終え 地区の人とお見舞いと報告に行ったのが 7月11日



それまで ちゃんと 待ってくれたんだよね

私の母の時は とろろそば
ふなっしーの時は ウナギ
家族は 美味しく食べてくれる事
当たり前のことが 本当に 有り難いことだと 知るのです

私は 何の悔いもない
ふなっしーが 私の 誇りです(^^♪

みんな 健康に気を付けて 長生きしようね\(^o^)/



[PR]

by tomotiyoo | 2017-08-03 00:30 | Comments(22)