<   2014年 04月 ( 53 )   > この月の画像一覧

コメントっていいね!

これは、あるブログで見つけたコメント
優しさがあふれた文章に、私は感激した

. Posted by 赤鬼 2014年04月22日 22:21
信頼するわが同志への手紙
 
恐らく名前も知らないであろう者だが、ただ創価の同志というだけで、このような手紙を書くことにしました。
 わたしはあなたがいつ、鬱病という、精神疾患を発症されたかは存じ上げません。
そしてその病があなたにとって、どれほどつらいものであるかを知るよしもありませんが、私の想いを綴ることにしました。
相当飛躍した文章になりますが、わたしの一貫する思いを理解していただければと思っております。

 偉大なる大宇宙は、太陽系惑星群のなかに、微塵の如き『地球』を創設せしめ、生物を育み、人類を誕生させました。
もし、大宇宙のリズムがほんのわずかでもズレていたら、人類の誕生はおろか、地球そのものさえ存在しなかったでしょう。
 この、人間生命を生み出した輝かしい大宇宙の縮図、人類はこの偉大なる大宇宙の生命『妙法』のなかにのみ、生きることが許されているのでしょうか。

 近世紀、医学は目覚ましい発展を遂げました、中世において、もっとも忌み嫌われた三大疾患の『天然痘』を制圧し『ハンセン病』を克服し最後に残された『精神疾患』の克服を近未来に託しました。
 人間生命を育んだ大宇宙の『妙法』のなかに、完治の法理は必ず存在するという事実。
人類の利用している宇宙の法理は宇宙生命のほんの一握りにすぎないのではないか。
 いま、医学は『精神疾患』克服の扉の前に立っているのかもしれない。
いな、すでにその扉のノブを手にしているのかも知れない。
 必ず治る。同志がそれを信じてあげずして、誰が信じてあげることができるのでしょう。
なれば、あなたは『精神疾患』の罹患者として、モデラーとして。
『妙法』の名のもと、全人類の中から最新疾患という病を克服するために、大聖人より選ばれた余りにも崇高な使命をになった体験者なのではないのでしょうか。
あなたは胸を張って叫んでいいのです。「わたしは、大聖人に選ばれて精神疾患を体験しているのだ」と。
笑いたい輩は笑わしておけばいいのです。
そんな下劣の輩の人生は惨めなのです
大聖人はお許しにならないのです。

 どうか生きて生きて生き抜いてください。
『縦い頸をば、鋸にて引き切り、どうをばひきほこをもって、つつき、足にほだしを打ってきりを以てもむとも、命のかよはんほどは」生きぬいてください。
 使命に生きる人生が、どれほど崇高なものであるかを、創価の同志は知っているのです。

               真実を語るちよブログ住人 赤鬼

そして、私のブログにコメントしてくれた、ランさん
いつも明るく聡明で、大好きな人の一人ですが、意外な事実が、発覚
話してみないと、分からないね

Commented by ラン at 2014-04-23 07:37 x
横から失礼します(__)
どんな理由があろうと、人をイジメるのは絶対にダメだと思う。
それを放置しておくのは寛容でもなんでもないと思います。

私はアトピーで子どものころひどいイジメにあいました。
心が救われたのは、大人になってから読んだ池田先生の『希望対話』↓の本でした。

【だれだって完全な人間なんていない。欠点だらけです。だからといってその人を『いじめていい』ことになりますか。そんなことを言ったらいじめている側のほうが、よっぽど不完全で卑怯ではないか。人間として最低でしょう。

『いじめられる側にも原因があるというのは、いじめる人につごうがいいからそういうのです。
また、いじめを『見て見ぬふり』をしている人が自分の勇気のなさをごまかす『言いわけ』です。
私はそう思う。

それじゃ、いじめている人間が『強い人間なのか』そうじゃないでしょう。人を苦しめる人間のどこが強いのですか。人間として、一番弱い、一番醜い心ではないですか。自分で自分の醜い心に負けている『弱い人間』ではないですか。

そういう暴力人間を『強い』ように勘違いしているところに『いじめ』の根源がある。日本社会の狂いがある】(希望対話より抜粋)

Commented by tomotiyoo at 2014-04-23 07:49 x
ランさん ありがとう
辛い思い出話してくれて

私は、もといじめっこ
いじめは、いじめるほうが100%悪い
先生の言葉で、いじめなくなる自分を、考えました
自分自身に不満があるから、人をいじめてしまうのです
今でも、知らずにいじめている事があります
どうか、私の心のいじめを観たとき、
「ちよさん それはいじめだよ」って 言ってくださいね


何を持っていじめとするのか?
いじめっ子は、ずるくて、人の目を盗んで裏で攻撃するから周りから分かりづらい
悪口を言ったり、デマを流したりする
(2013年聖教新聞PR版 秋季号)

はた京阪さんから
いつかは、こちらも一切のストーリーをまとめ上げ、
その鼻をヘシ折って差し上げる所存なので、
いまだその姿勢をあらためない限り、お覚悟を召されたし。

いつになっても必ずやる。

これは、いじめでなく、脅しとも取れる

今、私がやっていることは、果たして、いじめなのだろうか?
私はただの、喧嘩だと思っている
私は、いじめっ子だったけど、弱いものいじめは、一度もした覚えがない
だから、お互い、言い合えばいい
そして、時期が来たら、やめればいい
そう思っている
確か、去年も11.18と言う大事な時期だったと思う
そして、暮れには一度終わらせると、約束したような・・・
そして、5.3を迎えようとしているこの時だからこそ、表に出して、しっかりと皆さんにも、こういう事が水面下で行われていると言う事実を知っていただきたかっただけだ
人間の怒りは、自分でしかおさめる事ができない
私は、お陰さまで、怒りはもうすっかり消えているのですが・・・
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-25 00:00 | Comments(4)

忘れまじ 4.24

「1979年(昭和54年)の4月24日――。

この日、私は、19年間にわたって務めた、創価学会第三代会長を退き、名誉会長となった。
全国の、いや、全世界の同志は、その発表に、愕然として声をのんだ。
その背後には、悪辣(あくらつ)なる宗門の権力があり、その宗門と結託した反逆の退転者たちの、ありとあらゆる学会攻撃があった。
なかんずく、私を破壊させようとした、言語に絶する謀略と弾圧であった。
正義から転落した、その敗北者たちは、今でも、その逆恨みをはらさんと、卑劣な策略を続けている。これは、ご存じの通りである。

御聖訓には、随所に説かれている。

「法華経の行者は諸々の無智の人のために必ず悪口罵詈等の迫害を受ける」と(趣旨、140頁等)。

広宣流布の闘争のゆえに、悪口罵詈されるのが、真の法華経の行者といえるのである。

さらに「佐渡御書」には、「賢人・聖人は罵詈して試みるものである」(通解、958頁)と。

【「賢聖は罵詈して試みるなるべし」】

真実の信仰者は、罵詈され、讒言され、嘲笑されて、初めてわかる。


畜生のごとき坊主らの暴圧による、わが友たちの苦悩を、悲鳴を、激怒の声を聞くたびに、私の心は血の涙に濡れた。
心痛に、夜も眠れなかった。
私は、けなげな創価の同志を守るため、一心不乱に、僧俗の和合の道を探り続けた。   
しかし、後に退転した、ある最高幹部の不用意な発言から、その努力が、いっさい水泡に帰しかねない状況になってしまったのである。

それは、最初から、学会破壊を狙っていた仮面の陰謀家どもの好餌となった。
坊主らは、狂ったように「責任をとれ」と騒ぎ立てた。
私は苦悩した。

――これ以上、学会員が苦しみ、坊主に苛(いじ)められることだけは、防がねばならない。
戸田先生が「命よりも大事な組織」といわれた学会である。
民衆の幸福のため、広宣流布のため、世界の平和のための、仏意仏勅の組織である。
私の心中では、一身に泥をかぶり、会長を辞める気持ちで固まっていった。
また、いずれ後進に道を譲ることは、何年も前から考えてきたことであった。

ある日、最高幹部たちに、私は聞いた。
「私が辞めれば、事態は収まるんだな」
沈痛な空気が流れた。
やがて、誰かが口を開いた。

「時の流れは逆らえません」

沈黙が凍りついた。

わが胸に、痛みが走った。

 ――たとえ皆が反対しても、自分が頭を下げて混乱が収まるのなら、それでいい。

実際、私の会長辞任は、避けられないことかもしれない。

また、激しい攻防戦のなかで、皆が神経をすり減らして、必死に戦ってきたこともわかっている。

しかし、時流とはなんだ!

問題は、その奥底の微妙な一念ではないか。

 そこには、学会を死守しようという闘魂も、いかなる時代になっても、私とともに戦おうという気概も感じられなかった。

宗門は、学会の宗教法人を解散させるという魂胆をもって、戦いを挑んできた。それを推進したのは、あの悪名高き弁護士たちである。

それを知ってか知らずか、幹部たちは、宗門と退転・反逆者の策略に、完全に虜になってしまったのである。

情けなく、また、私はあきれ果てた。


戸田会長は、遺言された。

「第三代会長を守れ! 絶対に一生涯守れ! そうすれば、必ず広宣流布できる」と。
この恩師の精神を、学会幹部は忘れてしまったのか。なんと哀れな敗北者の姿よ。
ただ状況に押し流されてしまうのなら、一体、学会精神は、どこにあるのか!

そんな渦中の、4月12日、私は、中国の周恩来総理の夫人である登穎超(とうえいちょう)女史と、迎賓館でお会いした。
その別れ際に、私は、会長を辞める意向をお伝えした。

「いけません!」

“人民の母”は笑みを消し、真剣な顔で言われた。

「まだまだ若すぎます。何より、あなたには人民の支持があります。人民の支持のあるかぎり、やめてはいけません。一歩も引いてはいけません!」

生死の境を越え、断崖絶壁を歩み抜いてこられた方の、毅然たる言葉であった。


やがて、暗き4月24日を迎えた。火曜日であった。

全国の代表幹部が、元気に、新宿文化会館に集って来た。

 しかし、新たな“七つの鐘”を打ち鳴らす再出発となるべき、意義ある会合は、私の「会長勇退」と、新会長の誕生の発表の場となってしまったのである。

大半の幹部にとって、まったく寝耳に水の衝撃であった。

私は途中から会場に入った。

「先生、辞めないでください!」「先生、また会長になってください!」

「多くの同志が、先生をお待ちしております!」などの声があがった。

皆、不安な顔であった。

「あんなに暗く、希望のない会合はなかった」と、後に、当時の参加者は、皆、怒り狂っていた。

私は、厳然として言った。

「私は何も変わらない。恐れるな!

 私は戸田先生の直弟子である! 正義は必ず勝つ!」と。


 あまりにも 悔しき この日を 忘れまじ

               夕闇せまりて 一人 歩むを


 これは、4月24日に記された日記帳の一首である。

 わが家に帰り、妻に、会長を辞めたことを伝えると、妻は、何も聞かずに「ああ、そうですか……。ご苦労様でした」と、いつもと変わらず、微笑みながら、迎えてくれた。」


【「随筆 新・人間革命」79/聖教新聞 1999-04-27付】

私は、当時19歳
ニュースで、先生のご勇退を知った
先生の心情を知ったのは、随分と後だったと記憶している
この悔しさを、若い人たちにも、伝えていかなくてはいけないと思う
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-24 00:00 | Comments(49)

対話

どうぞ
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-23 23:59 | Comments(47)

私のブログ

私のブログには、ルールがない
あるとすれば、暴言 悪口などは、書き込まない
そうは言っても、ブログ主の私が、口が悪いので、あまり人の事を言えるわけではない
ただ一つ、私が感じる事
みんな 優しい
心がある
がんばっている
応援しあっている

私は、このブログが大好きだ
ここの人たちが大好きだ
私の記事よりも、コメント欄が大好きだ
今日も、コメントに囲まれ(たまには、喧嘩をしても)私は本当に幸せ者だ
この幸せを分け合うため、今日もどこかへ出かけよう
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-23 11:09 | Comments(24)

大河さんへ

どうぞ こちらをお使いください
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-23 10:40 | Comments(60)

北区栄光の日 おめでとうございます

北区といえば、太田さんですね
太田さんといえば、色々思い出があります
愚痴になるといけないので、割愛します
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-23 07:39 | Comments(3)

みかんさんへ

ご意見の所 入れるの大変だったら、こちらをお使いください
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-23 07:32 | Comments(23)

対話

どうぞ
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-23 00:00 | Comments(21)

皆さんに質問です

かっこちゃん から、

「私からも、応援のお題目をお願い致します。
友人が、癌の告知をされました。
かなり進んだ状態です。
目にいっぱい涙をためて、必死にこらえて話してくれました。
ただ、抱きしめて「大丈夫だよ、祈っていくからね」と
それしか出来ませんでした。
帰って、題目をあげながら「絶対直す」って
しっかり祈って、しっかり仏法対話して行こうと思っています。」

この友人に、本を差し上げようと思っているらしいんだけど、何かいい本があったら、教えてください
私は、「幸福抄」をお薦めしました

宜しくお願いします。

お題目も送ってあげてねー
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-22 15:40 | Comments(15)

朝のあいさつ

おはよー
[PR]

by tomotiyoo | 2014-04-22 05:02 | Comments(40)