真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

<   2014年 04月 ( 53 )   > この月の画像一覧

池田大作全集 18 随筆

青春への出発

私は、きわめて平凡な人間です。
政治家でもなければ、実業家でもありません。
ただの庶民の一人です。
平凡な並みの人間だからこそ、同じ立場で、同じようなことを考えることができるし、おのずから、そこに通じあうものもあるといえましょう。
どちらかといえば、私は、私にも中学生の子供がいますが、自由にさせています。
息子を、悪いものに触れさせまいとしても、できることではありません。
むしろ、悪いものに触れても、それに染まらない、強い心を、もたせることが大事だと考えるからです。
大切なことは、そういう悪いもののために、自分を見失って、おぼれてしまうことの絶対にないよう、強い心を、もつことだと思います。
また、たとえ、ちょっと誘惑に負け、過ちを犯したとしても、決してくじけないことです。
 好奇心が、強いからこそ、人間は、成長するのであって、それを抑えるやりかたは、間違っているというのが、私の信条です。
程度の違いこそあっても、人間であれば、だれだって、過ちを犯したり、失敗したりするものです。
昔から、七転び八起きという、言葉がありますが、何度、失敗しても、そのつど立ち上がっていこうとする人間の強さ、人生の生き方を、たとえた名言です。
そして、そうした失敗を通じ、人間は、経験という、最高の人生の財産を、自分のものとし、いっそう強い、人間になっていくことができるのです。
 私は、かわいい皆さんが、一人残らず、失敗の苦しみなど、味わわないで、幸福な人生を歩んでいかれることを願っております。
しかし人生には、いろんな障害が、待ちうけており、順調な人生を歩める人は、実際にはいないともいえるのです。
だからこそ、私は、あえて、皆さんに、強い人間になってほしいと言いたいのです。
 また、決して、失敗した人を、バカにしないことです。
失敗し、苦しんでいる人を、励まし、早く立ち直れるように、手をさしのべてあげるような、温かい心の持ち主であってほしいと思います。
この、温かい心こそ、人間であることの条件ではないでしょうか。
 不幸な人にこそ、最も心をくばり、幸せになっていけるよう助け合っていく
人間の理想社会というもには、このような、温かい心を、みんながもったときに、初めて実現されるのだと思います。
 ただ、大切なことは、自分の人間としての成長に真剣に取り組んでいく
こと━━これだけは、決して忘れてはならないと思います。
 人間らしい心を大事にし、体を鍛え、苦しいことがあっても、くじけないで乗り越えていく、本当の勇気をもつことです。
それが、人生で最も大切なことであると思いますし、中学時代は、その人生の基礎をきずく時期だと考えます。
(昭和46年4月「少年に語る」所収)から、抜粋

私が子供の頃から、大好きな随筆のひとつである。
大人になって、心が汚れ、たくさんの垢がついてきた。
そんな私に、引越しで、もっていけなくなった、池田大作全集を姉がくれる事になった。
もともと、私が持っている本もあり、広げてみた。
表紙をめくると、佛教西還の押印と、2001.5.3と、記されていた。
子供のころ、ずっと読んでいた、少年に語る。
あの頃の、純粋なまま、信心していけたら、どれだけ良かっただろう。
過去を振り返っても仕方がない。
今、ここから、また、純粋な思いをもって、自称永遠の未来部は、新たな一歩を歩んでいきます。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-22 00:00 | Comments(17)

お詫び

みんなごめんね
コメント欄で、うるさいこと言って
もう自由にやろうよ
自己責任で
でも、人を傷つけるような言葉だけは、やめようね
自分が傷つくから
自分を棚に上げて だけど・・・
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-21 07:26 | Comments(48)

ひきこもり

ひきこもりぎみから、脱出しようと思っていた頃によく聞いていた曲
以前にも出したけど、もう1回
決意の朝に
http://www.youtube.com/watch?v=2K7wlG6QmG8&list=RD2K7wlG6QmG8
お聞きください
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-21 07:21 | Comments(5)

ご意見は こちらへ

どうぞ
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-21 00:10 | Comments(84)
全国の配達員さん いつも、ありがとうございます
私は、過去、聖教新聞の配達員を10年近くやらせて頂きました。
体調不良で、断念しなければなりませんでしたが、いい思い出を作らせていただきました。
配達員会では、ハッピーロードを歌って、体験も聞けました。
もうお亡くなりになりましたが、私の時代の店主さんは、癌を克服され、聖教新聞にも紹介されました。
定年のお祝いは、向島百花園

http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/outline032.html

というところでやり、そのあとは、カラオケボックスで大いに盛り上がりました。
懐かしいです。
我が家では、母、姉、私と3人が配達員でした。
姉夫婦は、今年、娘夫婦と同居する事になり、引越しのため、卒業する事になりました。
去年、30年表彰を受け、墨田兄弟会では、長谷川副理事長と写真撮影しました。
姉にとっても、いい思い出になったと思います。
雨の日も、風の日も、尊い配達、本当にありがとうございます。
お体を、お大事に、日々無事故を祈ります。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-20 00:00 | Comments(38)
マザー・テレサの言葉を。


「思考に気を付けなさい。それはいつか言葉になるから。


言葉に気を付けなさい。それはいつか行動になるから。


行動に気を付けなさい。それはいつか習慣になるから。


習慣に気を付けなさい。それはいつか性格になるから。


性格に気を付けなさい。それはいつか運命になるから。」



「自分を自分で不幸へと誘わないために、強く心に誓った瞬間でした。


みなさんも、原因結果の法則からは逃れることはできません。


気を付けましょうね。。。ではなく。。。やめましょうね。。。絶対に。」と大野さん

大野さんのブログは、こちら
ポチの応援もよろしくね

http://ameblo.jp/emperor-of-the-north/

やめるの難しいけど、やめるよう、努力します by ちよ
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-19 00:00 | Comments(54)
最初にできたの、どこの大学でしたっけ?
記憶にないので、また後ほど

「全員が仏法社会の勇者なり
青春の誓い胸に勝利の旗振れ」

詳しい人いたら、教えてね

今日の社説から
1960年代 大学別 御書講義がの取り組みが定着すると、池田会長は大学ごとの人材グループを提案
1968年昭和43年 「大学会」
「大学会」の淵源は、1953年昭和28年5人の東大生に法華経の講義をスタートしたことである
そして、ひらがな御書でお世話になっている、法華経の智慧の須田さんも、東大出身である
不思議な縁を感じる

大学会は現在、国内外をあわせ400超の陣容を誇る。
「平和をめざすは 何のため
  輝く友の 道拓く
  未来に羽ばたけ 君と僕」
「大学は、大学に行けなかった人のためにある」と池田先生
学ばずは卑し
大学へ行こうが行くまいが、生涯学んでいこう
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-18 04:00 | Comments(32)

嫌われる人

1.先生の心が分からない人
2.上から目線
3.傲慢
4.人の話を聞かない
5.嫉妬が多い (優れている者を憎悪する感情)
6.愚痴が多い
(①無明②泣きごと・不平不満などを言って、ふがいなさを話すこと)
7.自己中
8.うそつき

これ全て、過去の私のこと
今でも、心がすさむと、スッと出てきます
お題目をあげて、心を磨かないといけませんね
そして、変えようと思う心
これが大事だと思います

反対に今、私が、大好きな人
いちおしで創価のおっさんです
たまに、こぼすこともあるけれど、何と言っても飾らない
正直
裏表がない
私は、そう思いますが、皆さんはどう思われますか?

私は、3人の3時間唱題のおっさんを、心から応援しています
健康第一で、がんばれー!
http://ossandesugananika.blog.fc2.com/
創価のおっさん プチっと応援、よろしくおねがいします

くくるの乙女 ブログ
沖縄のおっさんです

ちよブログのおっさんです
 ∧_∧
(。・ω・。)つ━☆・*。
⊂   ノ    ・゜+.
 しーJ   °。+ *´¨)
         .• ´¸.•*´¨) ¸.•*¨)
          (¸.•´ (¸.•'* ☆☆☆ byハピネス
よろしくー
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-17 02:36 | Comments(53)

幸福の条件

1.充実
2.深き哲学を持つ
3.信念を持つ
4.朗らかに 生き生きと
5.勇気
6.包容力

結局は、信心の二字
南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり
4月号大白 P112 1996年6月23日、アメリカ
SGI総会でのスピーチより抜粋

そして、私は、よき友に囲まれ、幸せを感じるのである。
友人曰く
このブログにコメントを下さる方は、ご自分を見つめている方が多いですね と
それは、お題目の人だからだと思う
一人一人、大なり小なり、問題をかかえていると思う。
だからこそ、お題目で、人間革命に日々挑戦しているのだと。
縁に分動される私ですが、よき友に出愛、毎日を充実させている事に、日々感謝である。
いつもありがとうございます
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-16 00:00 | Comments(58)
”ダメだと思いながら信心を疑ってしまう事があります”と言う人に池田先生は━。
「大疑(大いに疑う事)は大悟(はっきりと理解する事)に通ずる。
”なぜ?と疑って”、実践し結果を見て、”確かだ!”
”大丈夫だ!”といって進んで行くのでしょう。
それをもって、分かっていくのではありませんか。
疑うこと自体は結構です。
煩悩は疑いですもの。
そこに、信心と実践があれば煩悩即菩提です」と指導した。
(2013年12月大白蓮華より)

私の先輩にも、かつて、「いつか化けの皮をはがしてやろう」、なんて、悪い事を思いながら、気がついたら、信心50年経っちゃった なんて人がいました。
その間、功徳も罰も、色々経験したようですが、自分自身が変わっていく様子を、周りの人は、ビックリしていたようです。

私自身は、ご本尊様を疑うことって、あんまりないんですね
というか、疑ってないってそう、思っていたんです
でも、時として、私には無理 できない そんな時があります
それって、それって、卑下だよね
卑下は仏法への違背
胸中の仏界への冒涜
ドキッとします
信じているつもり、やっているつもり
そんな落とし穴があるんですね
祈って祈って”できる”って、確信するまで祈りぬこうと思います
[PR]
by tomotiyoo | 2014-04-15 13:32 | Comments(7)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ