真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

家庭と防犯 6月号

いじめをなくすために 
多摩稲城防犯協会
中学生優秀作文 455人の中から5人の作文が載っており そのうちの1つを紹介します

「いじめは最低だ
もちろん全員がそう言うであろう
しかし、そう言っているほとんどの人が、いじめの現場にあっても、見てみぬふりをする
そして いじめにあった人は 耐え切れず 死んでしまうことがある
私は なぜそんなくだらないことで人の命が奪われるのか、
世の中に問いただしたい
その原因のほとんどが、誰かの身勝手な考えによるものだ
そんな人の味方になり、自分がいじめられるのを恐れる
とても馬鹿らしい事ではないか
そんな馬鹿な行動で 自殺までさせてしまう事件が増えている
なぜ いじめが存在するのか
絶対に必要のないものだと思います
直接いじめるだけでなく ネット上でのいじめも話題になってます
だから 私は 学校では ただのアンケートでなく 先生と個人で話し合う場をしっかり設けなくてはならないと思います
そのいじめている子にも 自分がしていることを説明すべきです
いじめは一人一人の意識で消えていくと思います」

この中学生たちは「勇気」を 訴えているのだと思う
たとえ自分が矢面に立っても 正しいことを正しいといえる勇気
私達 大人が きちんと伝えられる社会を作っていきたいと思う

 
[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-20 00:00 | Comments(25)

彼の家族

きっと 実家にお邪魔した時 どんな感じだったのか 気になっている人もいるでしょうから 書いてみますね
まだ 彼と 友達感覚だった頃、両親の話を聞きました。
彼は、元奥さんとお付き合い中 折伏され入会
彼の お母さんは 大の学会嫌い
昔 お父さんが 元奥さんの親から折伏され 入会一歩手前で反対したのが 彼のお母さんだと言う
なぜ 嫌いなのかは 定かでないが 私のことを話した時 10歳年上 しかも学会員
思わず 泣いてしまったようです
息子の結婚が決まれば それはそれで めでたしめでたしですが きっと心は複雑だったことでしょう
お父さんはといえば、かなりの暴れん坊将軍
私 一度お父さんに会いに行くけど 家の包丁は隠しておいて頂戴
こんな ぶっそうな 話をしていた事があります

お邪魔すると お母さんと弟さんがいらっしゃいました
食事が用意され ビールを勧められ 遠慮なく 頂きました(笑)
まずは 自己紹介
思ったよりお母さん 好感触
壁には ○○新聞のカレンダーが貼られてあり 前日行った 同時放送後の幹部の話を 思い出しました
私) ○ちゃん ○○新聞のカレンダーだね
(昨日の話しをしてもらえたらなー)
彼) あー 昨日の会合のね
(さらっと流れた)
弟さんの仕事の話などで それなりの会話が続く
電話が鳴る
母) お父さん これから帰ってくるって
弟さん いなくなる(???)

私)はじめまして ○○と申します
末永く よろしくお願いします


お父さん 照れているのか 私と目を合わさない
お父さんの若い頃の話
若くして 父親を亡くしたお父さん
一生懸命働いて 弟たちに仕送りをしてきた
大手ゼネコンの運転手をしていたようだ
関東地方でも 働いたことがあるという
生活能力が しっかりされた方のようだ
以前 聞いていた暴れん坊将軍のお父さんは どこにもいなかった
いつ学会の話を切り出そうか考えていたところに お墓の話になった
禅宗は だめだ
金儲けに走りすぎる
自分の弟は 富士桜墓苑に墓を買っているという
学会はいかがですか?の 私の問いかけに 池田さんは生神さんだ 
え 池田さんは人間ですよ 思わず私の口から池田さんと出てしまった
私達が拝んでいるのは あくまでも 日蓮大聖人の曼荼羅で云々
そしたら お父さん 思わず池田先生と言った
私も、私達の師匠です と さりげなく言えた

あとも 和やかに 話は進む
私)東京にも遊びに来てください 狭い所ですが・・・
父)あんな所は 住む所じゃない
ここが 一番いい
(息子をそばにおいておきたいんだなー)
父)でも 横浜の中華はおいしかったぞ
私)今度 みんなで行きましょうよ
父)俺はいい
私)それじゃ お母さんだけでも お誘いしていいですか?

お母さんを 外に出したくなかったお父さんも たまには 息子と旅行もいいよねと 言ってくれたような・・・
とにかく 彼には 今まで心配かけた分 親孝行をしていこうと話した
今度は 是非 私が遊びに行く時 彼の家にも遊びに来てくださいと言うことで 話は終わった

次の日 お礼の電話を入れると ここでも お父さん 好感触
私のはじめてのお勤めは 無事終了
めでたし めでたし

なにか 物足りなかった気もするけど これでよかったのかな?彼氏さん!
[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-19 00:00 | Comments(36)

5月度 座談会での体験

こちらへ引っ越してきて、今年で 4年目になります
ここへきた時は、人生に疲れ果て、勤行だけ、ひっそりとして、座談会だけ出ていればいいと思っていました。
養父の病気の事もあり、父が死んだら、ここを出されてしまう事に、不安で仕方ありませんでした。
そんな時、Nさんと知り合い、話を聞いてくれ、10時間唱題に挑戦し、消えかけていた、信心の炎が燃えました
久々に、先生と呼吸のあった唱題ができました
同志って、本当にありがたいです

突然ですが、アダルトチルドレンと言う言葉を知っていますか?
一般には、「親からの虐待」「アルコール依存症の親がいる家庭」「家庭問題を持つ家族の下」で育ち、その体験が成人になっても、トラウマとして残っている人をいいます
私もいわゆる、アダルトチルドレンの一人です
今でこそ菩薩のような母ですが、子供の頃は、大変でした
そんな私が、躁鬱 依存症などを乗り越えて、今に至っています

私が、子供の頃暗唱した、池田先生の大いなる希望が、私の原点です
その中で、先生は

「世界の友だちと心を一つに 手を取りあって
どこまでも「平和」の二字を貫いていってくれたまえ」
と 記してくださいました

私の使命は、何だろうと、考え、悩み、今 インターネットの世界で、同志に励まし励まされております
北は、北海道、南は沖縄、そしてカナダの友人もできました
バーチャルの世界で、相手が何者かわからない危ない世界 と思う方もおられるようですが、そこにいるのは、紛れもなく人間です
東京に住む私にできること
まだ、本部へ行った事のない地方の方を、本部へお連れするサポートをさせていただきたい、そう思いました
そして、おととしの自在会の婦人部の方を皮切りに、6人の友人との出会いがありました
不思議な事に、初めて会う感じではなく、久遠の昔からの友人に感じます
そして勤行を一緒にすると リズムがぴったりとあいます

ブログの中では、心の病をもつ人が多いことを、実感しました
学会は、社会の縮図です
当たり前と言えば、当たり前の事です。
もともと、部員さんにも、いましたし、自分も経験していると言うこともあり、
専門的に勉強したくなり、メンタル心理カウンセラーの資格を取りました
これが、認定書です

ブログの中で、何人かの友人もでき、励まし励まされという、関係の中で、同盟唱題を始めました
養父の73歳が最高齢、そして70歳の方が、毎朝一番にお題目を送ってくださいます。

そのうちの一人の方が、なんでも本音で話せる友人になって、なんとその方、私を嫁にもらいたいと言ってきました。
彼は、10歳年下のB長さん
ご自宅で1人暮らし
この家も、以前公営住宅に住んでいた頃、信心して一戸建ての家を持ちたいと祈り、功徳で手にいれたそうです

私達親子は、今年のゴールデンウイークに彼と会いました
同報、本部、民音会館、墨文での唱題会と、一緒に参加しました
創価文化センターでは、先生奥様が座った席にたまたま座り、係りの方から、そのことを教えていただきました
彼は、過去、驚くような経験をしています
業が深いと言えば、そうなのかもしれません
しかし、その分 使命も大きいのではないかと思います
彼も所謂、アダルトチルドレンです
深い 心の闇を抱えています
彼は、100万遍の唱題を決意し、3時間唱題の折り返し地点 50日目を過ぎたところで、宿命の嵐です
私は、現在自治会の役員をしているので、後2年は結婚できそうにありません
今まで、祈ってもらった分 今度は、私が3時間のお題目を彼に送る決意をしました
宿命を使命にかえ、2人で乗り越えていきたいと思っています

私の夢は、全国の同志に会いに、日本中を移動できる境涯になることです
結婚も、どうなるかはわかりません
しかし、全てご本尊様にお任せすることで、私には何の迷いも不安もありません

余談ですが、私は、長いこと探していた、生命の恋人たちという本を手に入れることができ、養父は、中古のベンツを手に入れることが決まりました。
この時も、この彼が諸天諸神になってくれました。
この車で、しっかり友人に会いに行きます
折伏弘教に励み、信行学の実践をして、ますます福運をつけていきたいと思います
ありがとうございました。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-18 00:00 | Comments(46)

やってもーた

先日見つけた童話
ちよさんの森のさんぽ
久米直子さんの作品

「ちよさんは 今年76歳で どちらかといえば ちいさいおばあさんですが とても元気で ひとりで どこへでも でかけます。
朝早くおきて 朝ごはんの前に 雑木林や森のなかを さんぽすることから ちよさんの一日は はじまります」

いやー 私はみんなとの同盟から朝が始まるよ
と、思っていたら よーく見たら ちよのさんの間違いでした(笑)

本の題名よく見たら「ちよのさんの 森のさんぽ」でした。
また やってもーた

それはそうと 彼の実家にお礼の電話をかけさせていただいたら お父さんが出て好感触。

新・人間革命 第2巻 p209
女子部の質問
「私の母は信心していないので、家に帰り、母と顔を合わせると歓喜が薄らいでしまいます」との質問に
「お母さんを信心させたいと思うなら、あなた自身が変わっていくことです。(中略)
信心といっても、特別な事ではありません。
あなたの日ごろの振る舞い自体が信心なんです。
お母さんから見て「わが子ながら本当によく育ったものだ。
立派になったと誇りに思える娘になれば、必ず信心しますよ。
お母さんの心に、自分がどう映るか━それが折伏に通ずるんです」

私は、嫁になる身として、彼を支え 「流石学会の婦人部は違うな」 と言われるようになりたいです。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-17 00:00 | Comments(39)

今日 帰ります

昨日の話は また後ほど
[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-16 05:13 | Comments(20)

日曜日

基本 同盟は お休みですね
自由ですから やっている方も いらっしゃるのでしょうか?

今日 私は 彼の実家にお邪魔する予定になってます
目標は 折伏
しかし 初めてお会いするのですから 仲良くなれるように と祈ってます
嫌われたら、その後 続きませんので・・・

先週は 協議会 唱題会 同放と行ってきました
どの地でも 同志の皆さんは 温かいですね
おめでとうございます と言われ 思わず おめでとうになるかどうかは 御本尊さまにお任せしてますので と答えてしまいました(笑)

私は 自治会の役員をしているので あと2年は 嫁に行けません
バカボンパパも 娘の幸せを祈ってくれてますので お互い努力していかなくてはいけませんね
料理も 3年ぶりぐらいにしましたが 何とかできました
おいしいと言ってもらえましたよ(笑)
私たちの成長を 温かく見守っていただけたら ありがたいです



素敵なおばさんになれるかな?
[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-15 00:00 | Comments(32)

彼の御書

御書を借りて読んでいたら、裏表紙にメッセージが 書かれていた。
前の奥さんのお母さんからの プレゼントだったのですね。
教学試験合格 おめでとうございました とありました。

最後には

2人して 一緒に読みあってネ
いつまでも 仲良く


だって
うーん 私と仲良く読んで いいのかしら?
ちょっと複雑。

もと お義母さん
ちよが読んでます。
ごめんなさいね。
いつまでも 仲良くしたいと思います。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-14 00:00 | Comments(36)

信用しない

そうやでー
そういうこともあるでな
でも でも 最後は 自分自身やでー
[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-13 00:24 | Comments(29)

彼氏が出来た?

ようやく私にも 彼氏が出来て そのお宅にお邪魔しています
このパソコンも その方から お借りしているものなので 勝手が違って不自由です
雨がよく降っているようですが 被害などはありませんか?
用心に越したことはありません

昨日の記事 みゆきのほうが 人気があったようですね
雨は歌にもなりやすいですね
夕べ 雨の曲を探していたら、小柳ルミコの雨が 中島みゆきの作詞作曲でした
もう 何十年も前の曲ですが 初めて知りました
ブログをやると いろいろな発見が有りますね

そうそう  こちらの地域でも 7月に大誓堂へ行く方たちが 決まったようです
東京は近いのだから いつでも行ける
高齢者から順に行きたいよね なんて 声も上がっていました
仰る通りです
うちの母もまだ行っていません
元喜なうちに 券が回ってきますように
[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-12 00:00 | Comments(29)
若い頃 荒井由実や中島みゆきを聴いていた。
ユーミンはおしゃれなイメージ
みゆきは 4畳半に一升瓶が似合うイメージ(ファンの方ごめんなさい)

ユーミンは なかなかユーチューブがありません
ご本人ではないのですが お聞きください



こちらはカラオケでどうぞ

[PR]
by tomotiyoo | 2014-06-11 00:00 | Comments(17)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ