<   2014年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

交流唱題会

勝手に参加させていただきました。
車で20分ほど。
婦人部の賑やかな会話の中 会館へ。
30分ほどの唱題の後、男子部の活動報告。
新入会の男子部員が、入決をとる。
未入会の奥さんが、青年大会の練習に参加する彼をきもいと 言っているという。
男女青年部の活躍が おばさんにとっては たまらないのです

支部長は 青年部の活動を 青年大会で終わらせるのではなく 教学試験を通して 本物の人材にと yellを送る。
たまには、違う地域の会合も、いいものですね。
心が洗われました。
感謝 感謝
[PR]
by tomotiyoo | 2014-07-05 00:00 | Comments(22)

仏法対話

バカボンパパの提案で ある人に応援をいただいた。
その方は 以前コメント欄で問題になった 唱題会での携帯メールの方だ。
もともと 私とは 気の合うタイプではない。
私が 女子部の頃から知っているこの方とは 今までさまざまな出来事が起こった。
それでも 今 わが地区の担当に入ってくださっている事から 少しづつ 距離を縮めていこうとしていた時の事だ。
いつもの Sさん宅へ バカボンパパと私で 先に行っていた。
いつものように 奥さんにお線香を上げ 題目三唱。
たった今 気づいたことなんですが この題目三唱が 私達とSさんを 繋げているのかと・・・
ここのお宅には 副会長をはじめ たくさんの幹部をお連れしている。
私が お邪魔するようになって 約1年と2ヶ月ほど。
座談会も開いた。

たまに 一緒に呑んだり 忘年会もした。
友人M子もお邪魔している。
その中で 彼は、私達の人となりを じっと観察しているようにも思える。
先日は その担当の方の 一方的な話が 長々と続いた。
バカボンパパは 止めようとしたようだが 入る隙を与えない。
私は、眠くなってしまった。(不謹慎ですが 事実です)
「ちよちゃん 入会カード持ってる?」
その方の言葉で カバンから入会希望カードを出した。
「とりあえず ここにお名前だけ 書いていただけますか?
これを書いたからと言って すぐ入会できるわけじゃないんですよ
これだけ書類があって 印鑑や写真も必要なんです」
の言葉に Sさんは 私の顔を見て
「書く時は いっぺんに書きます」
と 一言言った。
それでも尚 しつこく話す その方に 
「もうそろそろ帰ろう」とバカボンパパが言った。
Sさん また来るね と題目三唱して 外に出た。
不満げな顔のその方。

その夜 地区唱題会があった。
私は 自治会の会合の為 勤行だけ参加した。
唱題後 出た話題は Sさんの事だと バカボンパパが話してくれた。
なんで 出来ないんだろうと みんなの会話。
地区婦人部長が 一言。
紹介者の一念だね。
そうなんです。
私の一念。
地区一丸となって 団結したと確信できた時に 決めたい。

「いんのちゅうおうは 70まんきなれども どうたいいしんなれば いくさにまけぬ
殷の紂王は七十万騎なれども同体異心なればいくさにまけぬ、

しゅうのぶおうは 800にんなれども いたいどうしんなれば かちぬ
周の武王は八百人なれども異体同心なればかちぬ、

ひとりのこころなれども ふたつのこころあれば そのこころたがいて じょうずることなし 
一人の心なれども二つの心あれば其の心たがいて成ずる事なし、

ひゃくにん せんにんなれども ひとつ こころなれば かならず ことをじょうず
百人・千人なれども一つ心なれば必ず事を成ず、

にほんこくのひとびとは たにんなれども たいどういしんなれば しょじじょうぜんことかたし
日本国の人人は多人なれども体同異心なれば諸事成ぜん事かたし、

にちれんが いちるいは いたいどうしんなれば ひとびとすくなくそうらえども
日蓮が一類は異体同心なれば人人すくなく候へども

だいじをじょうじて いちじょう ほけきょう ひろまりなんと おぼえそうろう
大事を成じて・一定法華経ひろまりなんと覚へ候、

あくはおおけれども いちぜんにかつことなし
悪は多けれども一善にかつ事なし、

たとえば おおくの ひ あつまれども いっすいには きえぬ
譬へば多くの火あつまれども一水にはきゑぬ、

このいちもんも また かくのごとし
此の一門も又かくのごとし。」


地区のみんなと 喜びをわけあいたい

それが私の一念なんです。
今月の 座談会で この事を話す予定です。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-07-04 00:00 | Comments(38)
昭和20年7月3日

「池田青年室長が逮捕された7月3日午後7時というこの日この時刻は、くしくも、1945(昭和20)年に戸田第二代会長(当時理事長)が出獄したのと同日同時刻でした。
夕張から羽田経由で大阪に向かう池田室長を見送りながら、検察による取り調べの過酷さを身をもって知っていた戸田会長は、池田室長の肩を抱き
「死んではならんぞ。大作、もしも、もしも、お前が死ぬようなことになったら、私もすぐに駆けつけて、お前の上にうつぶして一緒に死ぬからな」と語ったといいます。
また、池田室長が勾留されている間、戸田会長は衰弱した体をおして、みずから大阪地検に室長の不当逮捕への抗議に出向きました。池田名誉会長は「足もともおぼつかぬ憔悴したお体で、手摺にしがみつくようにして階段を上り、大阪地検にも抗議に行かれた。
後にその話を聞き、師のありがたさに、私は涙した」と語っています。
のちに池田名誉会長は、7月3日にちなみ

「出獄と入獄の日に師弟あり」

と詠み、無罪の判決を見届けることなく生涯を終えた恩師を偲びました。」

(SOKAnetより)

第三文明社、「牧口常三郎 獄中の闘い」より昭和19年7月4日
牧口先生から牧口貞子さん(子息の洋三氏の夫人)へ送った手紙を抜粋します。
「祈っています。
信仰をしっかりして、安心して行きなさい。
皆、病気しないように、私も元気です。
ちょうど一年がめぐって来た(前年、7月6日 下田で検挙)
1ヶ月も毎日書いて、一冊の本となり、数馬判事様へ上げた。安心した。
あとはご本尊様に御まかせです。」

解説
「昭和二十年8月15日、日本は敗戦。
しかし、その焼け野原に戸田先生がひとり立ち上がり、池田先生がそのもとに馳せ参じていくことになる。
そして、今日の創価学会の姿をみるとき、「あとはご本尊に御まかせです」という、この牧口先生の絶対の確信は一切を見通しているようなほがらかささえ感じる。」と

私の大好きな大好きな牧口先生。
時代は変わり、創価の思想で、逮捕されるということはありませんが、そのような迫害に屈せず、一生涯この信仰を続けていく覚悟はあるのか否か、私自身、分かりません。
しかし、どんなに悪口を言われようが、嫌われようが、創価の真実だけは語っていくという覚悟はできていると思います。

教育は子どもの幸福のためにある。
教育学の目的は価値創造。
自他共の幸福。
価値創造の価値のおおもとは、生命尊厳
全ての人の幸福と世界の平和が、私達の願い。

私は、毎月の座談会の企画を協議する時、必ず「体験発表は?」と聞きます。
大善生活実験証明座談会が、創価の座談会の原点です。
「日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず」と
これからも、声を大に、自身の体験を語ってまいります。
[PR]
by tomotiyoo | 2014-07-03 00:00 | Comments(24)

家庭と防犯 7月号

夏の少年非行 性犯罪防止
お年頃のお子さんを持つ 親御さんにとって 心配な季節がやってきます



一人暮らしの女性は 洗濯物を干す時男物を混ぜる
表札には名字だけにする
個人情報を知られないようにするなど 注意し 8.30運動を心がけましょう

将来ある少年たちの幸せを願わない人はいません
他人の子どもにも 声をかけていくことが大事です
私達大人が しっかりと注意を払って 楽しい夏休みを迎えられるようにしたいものです
[PR]
by tomotiyoo | 2014-07-02 00:00 | Comments(16)

今日から7月

嵐にも
 断じて負けぬ
   信念を
 御書をひもとく
   喜びあふれて


行学の二道をはげみ候べし、
行学たへなば仏法はあるべからず、
我もいたし人をも教化候へ、
行学は信心よりをこるべく候、
力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし

今月も 信・行・学で進んでまいります
[PR]
by tomotiyoo | 2014-07-01 00:30 | Comments(36)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ