<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

お元喜ですか~

おはよー
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-11 00:00 | Comments(20)

今日も元喜に

おはようさん
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-10 00:00 | Comments(37)

明日から

ちょっと 留守にします
連休は たまには ネットから 距離をおいてみようかな?とも思っています
ちよの場合 気まぐれですので またいつものように
何か書いているかもしれませんが・・・
みなさんも たまには ゆっくりしてみませんか?
(現場はそうもいかないよ って 声も聞こえそうですが)
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-09 00:00 | Comments(42)

如蓮華在水

蓮華の水に在るが如しと読む

ここをクリック



蓮保存会が あるんですね
ここをクリック
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-08 00:00 | Comments(34)
若き日の池田名誉会長に戸田城聖第二代会長は語り掛けた。
「海は臆病な人間には、前進を阻む壁となる」
「勇敢に挑み続ける青年には、必ず、世界への道を開いてくれる」と。
眼前の海を「障壁」と捉えるか、世界へと通じる「道」と考えるか。
その一念の差が、境涯を大きく変える。

小学校の時伊豆七島の一つ 神津島の女の子と文通をしていた。
そして 大人になり 島から出てきた彼女に仏法対話。
そして 入決をとった。
その後 彼女は結婚。
千葉に住んだ時は 選挙のお願いで訪問をした。

あれから 30年近くになり 今どうしているのか ふと 思い出した。
実家の住所だけは 今でも覚えている。
果たして ご両親は お元気でいらっしゃるのか?
遠い記憶の中に 海と山を 思い出す。
伊豆七島といえば くさやと あしたば。

あしたばといえば
ここをクリック
コメント欄に食べた感想が出ています
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-07 00:00 | Comments(42)
私が女子部の頃 墨田区では 友情合唱団というコーラスグループがあり 私も所属していました
当時 墨田区女子部は 南米ベネズエラと交流があり コーラスでメンバーを歓迎しました
その頃 部増を目指して 先生に誓い 先生から区に「誓光」と 揮毫をいただきました
あれから 30年 私も すっかりおばさんになりました

当時の青年部長の話で
「アフロの人がいたっていいじゃないか
 カーリー ヘア の人がいたっていいじゃないか
 その人たちが 賑やかに 嬉々として どこかの建物に入っていく
 なんだろう?と思ったら 創価学会の会館だった
 へー 元気で爽やかで いい青年達だな と 思われる時が 広宣流布の時だね」
 なんて 事も聞いたよ

信心とは 心を 豊かに 自由にする事と 私は思っている
もちろん 自由には 責任も伴う
ある人から聞いた
先生がショートカットが好きだと聞く
ピンクのスーツがいいと言っていたと聞く
みんな ショートカットでピンクのスーツ
それを見た先生が だから女子部は・・・と仰ったと(笑)

私は 元旦那様が スーツを着て 学会本部へ行くのが嫌いだった
夜になると スーツを着て出かけるって ホ○トみたいって
そういえば 写真を見た女子部
先生に似てるって 言ってた
すごーい 褒め言葉だよね
あぁ また話がそれちゃったね

ベネズエラのメンバーがみえた時に歌った歌は たしか五木の子守唄とこきりこ節だったように記憶している

 

はやっ(笑)

好きな学会歌は 青年よ21世紀の広布の山を登れ だな~
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-06 00:00 | Comments(52)

悪と戦う

最近 やってないな~
妙○講の ○○さん達とも会っていないし 顕○会の人も こない
というのも 我が区は 寺を3ヶ寺かかえている
昔は それが 誇りだった
とんでもない 坊主が いることも知らず・・・

我が地域では 悪知識を 寄せ付けない戦いをやっている

あいかまえ あいかまえて とわりを わがやへ よせたくもなきように 
相構え相構えてとわりを我が家へよせたくもなき様に

ほうぼうのものを せかせたもうべし
謗法の者をせかせ給うべし、

あくちしきをすてて ぜんゆうにしんごんせよとは これなり
悪知識を捨てて善友に親近せよとは是なり。

日女御前御返事P1,244

と言う事ですね

最初は 納得いかなかったですよ
だって 会わなければ 破折もできないでしょ って
でも 顕○会の人の中には ご本尊様をもっていっちゃう人もいるんだよ
ちよちゃんは 大丈夫でも 他の家にあがりこまれたら 困るよね って
確かにね~
うちは 基本 キリスト教の人 チベット仏教の人 いろいろ訪れるから
お茶でもどうぞ って 招きいれようとするけど なかなか 上がってくる人はいないね

妙○講の ○○さん達は 電話番号知っているから たまには 会ってみるかな?
話は 平行線で 時間の無駄にも感じられるけど 悪を責めた分だけ
自分の生命力は強くなるもんね
もちろん 一人では会わないよ
相手の人数に合わせて こっちも会うよ
だけど 彼らは 私のうちが嫌いみたい
壁にぺたぺた 学会関連のものが貼ってあるし 先生の写真があるからかな?
落ち着かないから 喫茶店でも行きましょう って言うの
私達親子 最後は また元気な姿を 見に来てね って言います
そうなると バカボンパパの病気も 良くなるんですよ
信心って ホントに不思議 
妙だよね
そうそう 私のもう一つのブログの名前は たえ です
この 妙 から きてるの
私の名前 妙子 になっていたのかもしれないから

あっ また話が それちゃった
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-05 00:00 | Comments(38)

愚痴

「仏法の事理を理解することができない事。
 言ってもかいのないことを言って嘆く事。
 泣きごと、不平不満などを言って、ふがいなさを話すこと。」
(仏教哲学大辞典より)


一、他人に言ったら愚痴になり
   御本尊に訴えれば祈りになる

だから 何にも 言っちゃいけないのかな~って 思っていた時期があります

よくなろうと思って 現状報告をしようとしていることも
愚痴と捉える人がいると思うの

愚痴って 聞いても 聞いても
そこから 脱せないって言うか 堂々巡りって いうか

その時に 愚痴だよ って 教えてあげればいいのかな?って思ってる

イノチを切ってあげる って言うのかな?
嫌われてなんぼの私だから 結構そうやって来た
あとで あの時にって 感謝されることがある
恨まれる事もあるけど(笑)
あとは その人に お題目を送る

 
最近 それが 愚痴って 気がつかないこともある
ああだ こうだ という話に
ついつい アドバイスをしてしまい「 こうすれば ああすれば」 と
相手は それにストレスを感じ 不満をぶつける
な~んだ 愚痴を 聞いて欲しいだけだったのね
あとになって 分かる
私って 最近 とっても 鈍感
ごめんなさいね イライラさせてしまう事があって・・・・・
鈍感になれたのも 功徳なんです

私 愚痴は福運を消す って言われて 辛い事も胸にしまって生きてきた時代があります
(お題目 たくさんあげれば よかったのにね)
そんな私に 先輩は 「指導を受けな」 と いつも言ってくれました
お馬鹿な私は 愚痴と 指導を受けること
何となく同じように感じていたんです
これこそ ホントの 愚痴でしょ

指導を受けるようになって 感じる事
自分の頭と心でだけじゃ 気がつかないことを 気がつかせてくれる
目からウロコ 状態が 結構あります
ありがたいです

今 私は たまには 愚痴を聞いてあげられる人になろうと思ってます
そして ひとしきり聞いたら 一緒にお題目をあげる
そんな人を目指してます
さぁ 今日は 何を祈ろうかな~
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-04 00:00 | Comments(50)

友人のブログより

「一番落ち込んでいる自分、

一番惨めな境遇に苦しんでいる自分、

また、一番不安がっている自分をこそ

大きな心で包んであげる。

温かい目で見守ってあげる。

それが「悲しみを慈しむ心」すなわち「慈悲」であると。」「最悪の時に、自分をその慈悲の心で包む。

そこに魂の勝利の姿がある。

その生命で自分を包める人は、

もう悲しみは単なる悲しみではない。

慈悲の心に包まれたその悲しみは、

そのままで、勇気に転ずるであろう。

また、絶望は希望へと転じていくだろう。

その生き方の中に本当の意味での

人間の魂の勝利の生き方がある。

そういう心で自分を包める人は、

また、絶望に苦しんでいる人を我が事のように、

温かい心で包んであげられるでしょう。

でも落ち込んだ自分を、

こんな自分は情けないと嫌う人は、

そこから立ち直った後で、

同じように落ち込んだ人を見ると

「かわいそうに」とは思うでしょうが、

心の奥底では、

「弱い人だな、自分に負けてだらしない人だな」と見るでしょう。」

「池田先生が、

「皆さんが仏です。騙されてはいけませんよ。」と

何回もおっしゃいました。

だけど師匠の言っていることを信じない人が多い。

「本当は違うんだけど、

先生は我々を激励するために

『皆さんは仏だ』と言っている」と受け取る。

師匠の言うことをたとえ激励と言いながらも、

本当は信じない。これこそ傲慢ではないでしょうか。」


仏といわれても たしかに 私のように こんなにわがままな仏がいたら 困るよね
だから 人間革命していかなくっちゃ
仏道修行は 今日もつづく
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-03 00:00 | Comments(33)

世界平和の日

「1960年(昭和35年)10月2日
山本伸一、32歳
彼は今、胸中に平和の誓いの火を燃やしながら、世界へと旅立とうとしていた。
それは、創価学会第三代会長に就任してから、わずか5ヶ月後のことであった。
(新・人間革命1巻より)

ハワイのホノルルへの出発だったのですね
ハワイと言えば 新婚旅行に行かれた方も 多いかもしれませんが、
ハワイ会館の 思い出をお持ちの方も いらっしゃる事でしょう

もともと 貧乏な家に生まれた私は 海外旅行などは 夢の夢と思って幼少時代をすごしてきました
それでも ご本尊様の功徳で 何カ国か 訪問させて頂きました
今は 日本の同志の下へ いきたい時に行ける境涯になりたいと祈っていました所
あるかたが そうさせてあげたいと 仰ってくれました
もう 心だけで 充分幸せであります
心の平和を 乱さぬために 今日も一切衆生の
健康・長寿・無事故・幸福を祈ってまいりたいと思います

御嶽噴火、死者47人と戦後最悪 15人の身元判明と 報じられています
ご冥福と 今後 このような災害が起こらない事を 祈っていきたいと思います
[PR]
by tomotiyoo | 2014-10-02 00:04 | Comments(34)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ