<   2014年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

久々の贅沢

焼肉を食べに行きました
それも ○○苑
スカイツリーの隣のビル 30階です
夜は 自治会だよりの校正で集まりがあり行けませんので ランチにしました
(夜はちょっとお高いのでランチが丁度いいです)
久々の生ビール 
スカイツリーができてから ずっと行きたかったお店です
やっと そういう境涯になれました

実は バカボンパパ スカイツリー周辺に行くのは 今回が初めてなのです
今日も 車椅子を乗せていこうか迷いましたが 杖1本ですみました
駐車場から その店までは 端から端
途中休みながらも 自力で歩けました

ご存知の方ももいらっしゃるかもしれませんが
今度 超貧乏生活を綴りたいと思います
[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-21 00:00 | Comments(26)

非公開さんより

http://www.youtube.com/watch?v=Sg2VPwE9lwY&list=UU1xs7R-ug-X341m7jW6TmcA

先生のユーチューブ 紹介していただきました
とっても良かったので ○○活動の合間に聞いて もっともっと元喜になってくださいね

私も わが道を毅然と歩んでいきます
[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-20 00:00 | Comments(43)
「先日、歌手の上田正樹さんのセミナーに参加しました。
上田さんは、生い立ちから現在までを赤裸々に語って下さいました。
実家が医者の家系で恵まれた幼少期を過ごしながらも、父親は結核で療養のため家族と離れ、その間に母親は父親の友人と不倫をして駆け落ちをしました。
その母親の元に次男だった上田さんは引き取られたそうです。
有名進学校に通いながら、友人に連れて行かれたロックバンドのライブで音楽に夢中になります。
常に10番以内だった成績は、あっと言う間に最下位になってしまいました。
そして、人生の軌道から外れたような生活を心配した家族から実家に連れ戻されますが、心の居場所はありませんでした。
ある日、上田さんは「風呂に行く」と言って家出をしました。
お金も住む所もなく、行った先は大阪の天王寺でした。そこでホームレスになりました。
音楽を仕事にしようと、歌える店を訪ね歩きますが見つかりません。
それでも諦めずに訪ねた店で、月給5千円の歌の仕事につくことができました。
そのお金で西成の家賃3千円のボロアパートを借りましたが、残りの2千円では生活ができません。
そんな時、近くの長屋の婦人が鍋一杯の肉じゃがを作って持って来てくれました。
そして、毎日のように何かオカズを持ってきてくれるのです。
ある日、その婦人が話しがあるからと自宅に連れて行かれました。
そこには10人程の婦人が待っていて、そこで折伏をされたのです。
上田さんは宗教の話しを聞いて、猛反発をしました。
その理由は、祖父は京都で2、3のお寺を寄進したほどの熱心な念仏の信者でありながら、晩年は難病で「痛い痛い」と叫びながら亡くなっていったそうです。
父親も療養先で土地を購入して教会を建て、海外から牧師を呼び寄せるほどのクリスチャンでありながら、最後は毎日バケツ一杯の血を吐いて亡くなったそうです。
そんな宗教嫌いな上田さんの心を動かしたのは、折伏された時に聞いた「この信心をして願いが叶わないことはない」という言葉でした。
この言葉を信じて一つ一つ丁寧に願いながら、今日までやってきたと語られました。
もちろん、上田さんの願いは叶いました。
1982年にリリースした「悲しい色やね」は大ヒットし、今でも大阪を代表する歌のNo.1であり続けています。



1999年、日本文化解禁前の韓国でアルバムデビューをし、韓国で受け入れられた最初の歌手になりました。
これが転機となり、アジアでの活動が広がっていきました。
中でも、インドネシアの人気歌手とデュエットした楽曲は17週連続チァート1位という輝かしい記録を打ち立てました。
現在、上田さんの活動は世界35ヶ国に広がっています。



ところで、上田さんを折伏してくれた長屋の婦人がどうなったかと言うと、2つの上場会社を持っているのだそうです。
今でも上田さんの楽屋を訪ねては、「ご飯食べてるか?」と聞くのだとか。(笑)

とても、心暖まる素晴らしい体験でした。」

※かつて キーボーとは麻雀仲間という友人から聞いた話
 キーボーが勝つと 合掌して 「これのお陰や」 と言っていたそうです
 私も 折伏の時などに 使わせていただいてます

 上田さんが ある国の空港に降り立った際 ある人が 上田正樹だと言った瞬間
 上田さんの歌が 大合唱になったそうです
 私も キーボー 大好き!
[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-19 00:00 | Comments(23)
去年は 美・利・善を載せましたが 今年は 牧口先生の「教育治療法の問題」
を抜粋して載せます

去年の記事は ここをクリック

「精神的不具者として、周囲から爪弾きされている患者悪者においてをや。
精神上の欠陥は、他人の忠言さえも嫌い、内心は恥じていながら思い切って認識(反省)
だにせぬ人情なるがゆえに、永久に治療する機会はない。
さりながらも「彼がために悪を除くはすなわちこれ彼が親なり」の親心ばかりは、
他人行儀に捨ておくことはできぬ。とはいいながらも、やはり認識と評価を
混淆(こんこう)して、親馬鹿の誂り(そしり)を免れ得ないのを常とする。
したがって 治療の方法などは、永久に生まれないであろう。
(中略)
治すという意力と治るという自身力がないならば、どんな名医といえども、
治せるものではない。
すなわち 治るという結果は、治ろうとする自力と治そうとする他力との確信をもった
協同によるものである。
治るという信と、治すという意力とが自他においてできるのが第一の要件である。
治ったものが皆無ならばともかく、たとえ稀有(けう)の例であっても、
治ったという証拠があがった以上、同じ人間であれば治らぬわけはないと信じ、
かつ信ぜしめることができる。
ここまでの決心がなされるならば、困難は困難でも、あとは比較的たやすくなる。」

私はかつて 精神に異常をきたした事がある 
その時に 見つけたのが ここだ
以前 精神病院に入院した人のお見舞いに行った時 ある人から
この病気は治らないと聞いた
しかし 信心で治らぬ病はない と 私は思っていた
そして これを読んだ時 私は確信した
治るという信と治すという意力があれば 時間がかかったとしても必ず治ると言う事だ
入院すると覚悟を決めた時 入院などしないで治す と言ったバカボンパパの思いがあったればこそ 私の病は治ったのだと思う
この体験を元に 悩む同志(とも)に何かしらのお手伝いができればと思うのである



[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-18 00:00 | Comments(34)
ここをクリック

○活動も してきたようですよ
よくがんばったね!


[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-17 00:00 | Comments(15)
ふなっしーさんの 入会に際し 一度退転をして 統監がないことから
当初予定していた日には 入会できないと言われてしまいました
確かに 入会希望カードには 
1.勤行・唱題の実践
2.聖教新聞購読(3ヶ月以上)
3.座談会参加(2回以上)
と なっているが 再入会の時は 果たしてどうなのであろうか?
もし 分かる人がいたら 教えて頂けたら 有り難いです

また 引き続き お題目の応援 よろしくお願いします

[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-16 00:00 | Comments(34)

長行をやった

「寿量品には何が説かれているか
端的にいえば「永遠の生命」
仏の寿命が
無量であると明かしたのが寿量品
文底の立場から見れば寿量品の題号は、
燦然たる「民衆仏法」の光を放っているのです。」
池田名誉会長の方便品・寿量品講義より
私が好きなのは更賜壽命
嫌いなのは毒気深入。失本心故。
2年ほど前 自分の謗法を恥じ 改めようと思った時 ある方に相談しました。
今 ご祈念文は人間革命と宿命転換になっているけど 私はたくさんの謗法をした
以前のように過去・現在の謗法罪障が消滅し と祈念してはいけませんか?と
その方 少し笑って そうなんですか?
そんなに謗法を・・・と そして
自由ですよ
ご自分でそう思うのなら そうご祈念すればいいと思います と
しばらく そのような形でさせていただいて スッキリしたので 
今は 今のご祈念文どおりにさせて頂いています
私は 一番の謗法は不信だと思っています
信じ切れない 故に ずっと不安でした
その不安を取り除く為に謗法をお詫びしました
そして 生命を蔑にしてしまった事を・・・
今でこそ 超楽天家(楽観主義には程遠いので)ですが
こんなに暗い過去もあったのです
人は変われる そう思えるのは そういう時代を過ごしたからなのです
ご本尊様って 凄いね 心からそう思います


[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-15 00:00 | Comments(32)

いきあたり バッチリ

昨日聞いた フレーズ
祈って 祈って 努力して 努力して
そしたら いきあたりバッチリになるっていう意味だそうです
最後は ご本尊様に まかせちゃえ みたいな・・・

これって なんくるないさ~に似てない?
なんくるないさ~も 何とかなるっていう 軽い感じに捉えるけど
本当は 挫けずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつかきっと報われて良い日がやって来る
なんだってね


ここをクリック

沖縄の言葉は うるとらまんさんに教わるといいね
ナマ イッペー ヒーサヤシガ カラダンカイ キーツケティ 学会活動 ハマリヨー。
寒い日がつづてますがお体には気をつけて学会活動されてくださいね。
これでいいんだっけ?

そして いきあたりバッチリ と いった人に 叱られてしまいました
それは ふなっしーさんが いつご本尊様を受けるかとの質問に 答えた時です
なんで そんなに 遅いの?
一日でも早くって お願いしないの?
ご本尊様に そう祈ったの?って
ドキッとしました
3原則に拘って 知らず知らず 形式主義に陥っていた私
まずは祈る この姿勢を 怠っていたなと反省し ふなっしーさんに謝りました
今日から 一日も早くご本尊様を お迎えできるように祈ろうと 決意を新たにさせていただきました
お題目の応援 よろしくお願いいたします
[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-14 00:00 | Comments(42)
Commented by 神龍天舞 at 2015-08-26 00:25 x
友達は二十歳くらいの時に選挙を頼んだら全部失った。
叶えたい願いがあり、もう我慢できんので、新聞啓蒙に賭けている。
名古屋駅などの人が多い所へ行く時間が取れればいいのだが。
Commented by 久遠の凡夫 at 2015-08-26 00:33 x
聞法下種と発心下種は功徳は同じです。

つまり、いい結果になろうが悪い結果になろうが、その功徳に違いがありません。
ここで大事なのは慈悲心です。
相手を物みたいに考えて、次から次へとベルトコンベア的な作業では、結果がどっちでも、何百件こなそうが大した功徳にはなりません。
それより「目の前の一人」を、何が何でもこの自分が幸せにするんだ。と決意して、どこまでも同苦して戦い続けるほうが、よっぽど価値があります。
Commented by 久遠の凡夫 at 2015-08-26 00:42 x
嫌われようが、憎まれようが、新聞契約が取れれば、投票が獲得出来れば、神様がなんかご褒美をくれる。

そんな罰当たりの考えを、今ももし持っているなら、今すぐ捨ててください。
友達がいなくなる、近所で悪い評判が広がる、職場に居場所が無くなる、子供が言うことを聞かなくなる等の家庭不和。
という、目に見える形の罰を受けます。


大事なのは、あくまでも「目の前の一人」を「誰でもない自分」が「絶対幸せにしてみせる」という信念です。

その一手段として、新聞啓蒙や投票呼びかけを利用するのは構いません。
しかし、手段と目的を間違えると罰があります。
Commented by tomotiyoo at 2015-08-26 05:41 x
神龍天舞さん おはようございます
確かに 去ってしまう友達もいるでしょう
でも 私の場合は 選挙があるからこそ つながってくれている友人もおりますよ
一度 新聞啓蒙の事はおいといて  真の友人作りを 始めてみてはいかがですか?

お題目をあげて 自分を見つめるのです
何か 変化が 起きるような気がします

神龍天舞さんの 仏性が 宇宙のリズムと合致した時
諸天が舞いますよ
私も祈ります
是非 生命の躍動を感じてください
体験してください
「所謂南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり。」
これを 是非 ご自身で 体験してくださいね
Commented by taicyan0402e at 2015-08-26 12:54 x
鳳凰さんにクイズです(^^)
正解なら功徳一生分!(と、いうことになるからだけど)

問題、以下にあげたものには、目的が共通してるものがあります。その『目的』とは?

御本尊様、お題目、勤行、唱題、折伏、財務、法戦、日常生活

他にも挙げようと思えばいくらでもあるけど、とりあえずこれで『問題』ということでf^^;

鳳凰さん、正解なら一生で功徳の信心へ移り変わるから、「一生分の功徳」はジョークでもなんでもなくマジ話ですよ?(^^)
Commented by 久遠の凡夫 at 2015-08-27 02:27 x
せっかくやる気を出したのに、みんなによってたかって文句を言われた。
と、そういうふうに見えているかもしれません。
世間では、とにかくがんばれば報われる。と、されています。要するにとにかくアクセル吹かせという訳です。これは大変危険です。

ハンドルが変な方向に回っていたり、ギアがバックに入っているのにアクセル踏んだら事故ります。
なんでも無闇にがんばればいいのではないのです。

まず祈って、何をやったらいいのか、次に祈って、どうすればうまくいくのか。そこまで考えてから行動しましょう。

これを「法華経の兵法」といいます
「決めて祈って行動する」です
無駄な空回りより、早く結果に到着出来ます。
Commented by 久遠の凡夫 at 2015-08-27 02:47 x
私は関西の友に、勝利の要諦は第1に最高の祈り、第2に最高の作戦と最高の行動である、と語りました。
 そして、この「なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし」(御書1192ページ)の御聖訓を拝して訴えたのです。

 「どんな作戦、行動よりも法華経の兵法、つまり信心から出た作戦、行動を用いる以外にない。それが最高の作戦であり、最高の行動となるということです。右往左往する必要はありません」

(「御書と師弟」一巻)

[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-13 11:40 | Comments(12)

祈りをかなえよう

みんなが成長していくなかで 私はといえば くだらない事に ウジウジしていました(笑)
そこで 友人が教えてくれた 辻副会長のユーチューブ
私も ご健在の頃に聞いた話ですが 辻副会長の指導を聞いてた足の悪い年配の方が
話を聞いているうちに 早く帰って 我が家のご本尊様にお題目をあげたくて 仕方がなくなったと
会合が 終わるや否や 杖を忘れて さっさと帰っていきましたとさ



(辻指導会1)

バカボンパパの場合 おつかいに行って 自分のほしいものが手に入った時
杖を忘れて 帰ってきたことがあります(笑)

 
「実践の教学だもんね
どんな 教授より 師範より 自分で治したって凄い!」
と 辻副会長



(辻指導会2)
みんな 祈り かなえようね!

[PR]
by tomotiyoo | 2014-11-13 00:00 | Comments(203)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ