<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

婦人部の日 おめでとうございます

婦人部といえば 白ユリ

白ユリで 検索したら ・・・

ここをクリック

初々しい 菊川さんが(笑)
コメ欄で 大B長を 知らない様子

ブロック担当員が B担と呼ばれ その後しらゆり長と池田先生が命名してくれたような・・・
ここに来る前は 婦人部が苦手で 壮年部の会合に出てました
婦人部にどっぷり浸かると 結構楽しいものですね

女子部の頃 婦人部になったら 黒ユリグループだよね と言われていたけれど
仲間がいないので 白ユリで頑張りますね

ここで 白ユリさんのブログを紹介
ここをクリック

破邪顕正の香りいっぱいです
いつもスカッとする記事 ありがとう
[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-10 00:00 | Comments(23)

四条金吾

「真の賢人とは、「自身の仏性」をどこまでも信じ抜いていく人のこと

 大聖人は、池上兄弟には”団結と忍耐”、松野殿には”怨嫉の戒め”、青年の南条時光には
”人間としての成長”を指導されている。
 その人の性格や課題によって指導の内容は異なるが、全部「人の振る舞い」を教えられている。

四条金吾の性格は、おそらく一本気で妥協が苦手
筋の通らない話は嫌いで、つむじを曲げることもあった。
しかし、その反面、本当に細やかに同志のことを心配している。
ただ、どうもそれがうまく表現できない。
 大聖人のためなら命も惜しまず、殉教を覚悟してお供する真っ直ぐな性格の反面、
おそらくごちゃごちゃした人間関係が嫌いだったと思う。
根回しべたというか、配慮がないというか。
「一言」多かったり、少なかったり。
大聖人は門下のことをよくご存知。
誰と誰が仲がいいとか、誰が怨嫉しているとか、大聖人は細かく把握。
組織といっても「人」
まして、広宣流布の組織は、利害でも名誉でもなく「信心」による麗しい団結によって前進。
ゆえに、「人」を深く知っていくことが、広布の組織の指導者の要件
無知は無責任の結果
周囲の評価が定着してこそ本物。
「善に向かう心」は、必ず振る舞いや生き方に現れ、そして必ず世間の人々にも理解されていく。

形から入っても、心が変わらなければ何も解決しない。
自身が変わらなければ、同じ失敗を繰り返す。
 大切なのは、弱い自分をしっかり見つめ、決して逃げることなく、真正面から戦い、
何ものにも紛動されない確固たる自身を確立すること。
悪と戦い、悪を打ち破り、宿命転換して、強い信心を確立すること。

人生には、浮き沈みがある。
しかし、妙法に生き抜いて生命の奥底に積み重ねた功徳は、どんな時にも不滅。
大変な時こそ、この真実を深く確信して、粘り強く戦い抜くのです。
苦難が生命を鍛え磨き、必ず福徳を光り輝かせていく。
どんな立派な宝石も、原石のままで磨かなければ、光り輝かない。それと同じです。

”決して短気になるな””周囲の人をどこまでも大切に”

(御書の世界 第3巻より抜粋)

3回までは仮病を使って、うかつに外出してはならないとか、知らないことが結構あった
四条金吾が短気なのは有名だが、はら悪しき人の意味が 短気と知ったのは そう昔の事ではない
どこに 四条金吾が短気と書いてあるのか 一生懸命御書の一文を探したものである(笑)

お陰様で 私は 色々な方から メールなどで アドバイスをいただいている
九思一言も教わった
その心に感謝しつつ 今日も反省と 自身の人間革命の為に この記事を書いた次第である
[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-09 00:00 | Comments(14)

あれ~?いくつだっけ?

去年の記事を見たら 91歳になってました
っていうことは 92歳なんですね
最近 私 母は 今年93歳だと ずーっと思ってました
去年の記事は ここをクリック

義兄が 散歩のし過ぎで 足を痛くしたとの事
誕生日祝いは 延期になりました
義兄は 私と違って 超生真面目
定年になり 健康の為と 散歩をはじめ 歩きすぎてしまったようです
何でも 過ぎたるは なお 及ばざるが如しですね

母は 戦争を知っています
平和を こよなく愛しています
ですので うるとらまんさんのブログで見た ユーチューブ張っておきます


[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-08 00:00 | Comments(9)

元喜になった2人

千早さんから こんなメールを頂きました

「ちよさん、学会男子部の人のこんなブログを見つけました。
http://blog.livedoor.jp/kokuoku/
うつの人、でももう回復してるのかなあ?いいこと書いてるみたいだったから、
コメ ント入れてみたけど、文字認証でまたまたいれられませんでした。
わがまま言っていい?
今回だけ、私の代わりにちよさん入れてもらってよいですか?」
      ↓
「はじめまして、千早と申します。創価学会員婦人部です。
私はうつ病の親戚の気分変調症です。去年は不安病が出て数ヶ月大変でしたが、その おかげで
いろいろ学べて未入信の母も少しお題目をあげてくれるようになりました。
私は29年前にうつのようになったから創価学会に入りました。
信頼相談できる人ができた、希望を持って祈る事ができる、辛い時は一緒に祈ってくれる、
自分を価値ある存在と思う事ができるようになった、広布のため、人と積極的に関わっていこうと努め、
人間関係が大きく広がった、などなど功徳は数え切れません。
今も気分変調症は残っていますが、症状は軽く、軽くてすんでいる原因は、
創価学会のおかげと確信しています。
気分変調症でお題目がなかなかあがらない時は、短時間でもあげたかったので、
「私の心を5月の青空のようにしてください」と祈ったりしていました。
声を出すのもきつい時は心の中でお題目を唱えました。
去年の不安病で最悪に具合が悪い時は「助けてください!」と題目三唱を繰り返しま した。
信心のある同志に「お題目を送ってください」とお願いし、苦しさをたくさんたくさん聞いてもらいました。
信心のない人、最初から批判している人は好き勝手なことを書きますよね。
でも本当に辛い時、素直な心でこれでもかこれでもかと信じて信じて信心していったなら
本当に幸せになると思います。」

私は 2度ばかり 入れてみたのですが 出来ず 千早さんの了解を取って 
ゆりこさんにお願いする事にしました

結局 ゆりこさんも入れられなかったのですが
その時の 2人のやり取りが面白かったので 了解を得て 記事にしました

千早:ゆりこさんコメント試してくださるとのこと ありがとうございまぁすm(__)m
ゆりこ:千早さん、入れたらはじかれました。もしかして、メルアドも入れないとダメなのかな?
千:ありがとう、やっぱりだめなんだ。メルアドは普通必須ではないですよね。
若い美女しかだめなのかしら?笑
ゆ:千早さん面白い〜先月まで教習所に行ってましたが、周りは女子大生ばかりで、
全く私の魅力に気づいてもらえませんでした(笑)
千:自動車学校おつかれさまです。ゆりこさんの魅力に気づかない
節穴目玉男ばっかし だったですね!

こんな楽しい会話が出来るのも 元喜になった証拠
千早さんは 自在会の責任者として 活動

千早さんの記事は ここをクリック

ゆりこさんからのメール
「昨日、新聞啓蒙はできなかったけれど、
話ができて(新聞渡してあんなに穏かに楽しげに話をしてくれたのは、初めてです)

そして、これから毎日本部に行けるなんて、
ああ、幸せ幸せと思いながら眠れました〜
毎日戦っている人は皆こんな気持ちなのかな、と思いました。」

今まで 将来の不安で 眠れなかった日々
幸せを感じるようになったなんて 私も心の底っから 嬉しかった

「今朝は、配達で、
明日からは、定期券買って、毎日信濃町に唱題しに通う
自分でも、なんて幸せなんだろうと思いますm(__)m」

ゆりこさんは 運転免許を取得
1部 新聞贈呈も出来ました

2人共 自分を見つめ 決して人のせいにはせず 最後まで諦めなかった
祈り━それはあきらめない勇気だ。
ご本尊を信じきり 先生を信じきり 自身の宿命と闘う二人に 心からの拍手を送りたい
勇気をありがとう

これからの 2人の活躍を 皆さんも見守ってくださいね
皆さんのお題目の応援で こんなに元喜になりました
[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-07 00:00 | Comments(14)

牧口先生

ここをクリック

思い出すだけで 涙が チョチョ切れちゃう!

「一万年後にも尊敬される『人間の同盟』を
牧口会長は、判事の過酷な取り調べにも、一歩も退かなかった。
真の創価の世界に、臆病者はおりません。
さらに、尋問では言い足りなかった点を、「一冊の本」に及ぶ正義の論陣にまとめ上げ、
傲慢な判事に対して、毅然と突きつけたのです。
この断固たる「勇気」をもっていただきたい。青年ならば!
悪い人間ばかりの社会にあって、諸君は断じて「真実」を叫び、「真実」で
「嫉妬」と「嘘」を打ち破っていくべきであります。
しかし、この世界的な地理学者、そして大教育者を、狂った日本の国家は顕彰するどころか、
迫害し、国賊と罵り、命まで奪ったのであります。
これが権力です。
しかし、世界の良識は見ている。
世界は味方であります。」

(1999年7月28日 東京牧口記念会館)

SGIのメンバーの努力によって 3代の会長の正義が その国の民族に認められる事になったは
本当に嬉しいことである
私たち 日本のメンバーも 海外のメンバーに負ける事のないよう 頑張っていきたいと思う

※ 最近 東京牧口記念会館での会合も めっきり少なくなりましたね
[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-06 02:00 | Comments(6)

久々のハイヒール

朱鷺を見にいくため 下駄箱を開けて見ました
断捨離をしたけど お陰様で 2足だけ残ってました
4年ぶりでしょうか?
でも 歩けるものですね
転ばず ちゃんと 帰ってきました(笑)

朱鷺は とてもよかったよ
でもやっぱり 私はカラスが好きだ
朱鷺は 綺麗過ぎて 涙が出た

そうそう ゆうぽうとに行ったのは 母と一緒に スノーマンを見た以来
涙 ボロボロでした

スノーマンは ここをクリック

朱鷺の きちんと 感想を なのですが 今日は やめておきます
ただ一つ ケニアのことわざ

地球を大切にしなさい。
それは親からもらったものではなく、
子供たちから借りているものだからだ


ここも見てね クリック

残念 去年だった~(笑)
[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-05 00:30 | Comments(16)

うちの地区部長

私は うちの地区部長を 苗字を取って ○○ちゃんと呼んでいる
彼は バカボンパパより何ヶ月か早く生まれた 先輩
仲良くなったのは M子の入会勤行会から

M子の 日顕本尊お取替えまでの模様は ここをクリック

その当時 ○○ちゃんは 脳梗塞を克服
入会勤行会の会場は 茨城
バカボンパパは 今ほど 元喜が無かった
自慢の愛車(当時はセルシオ)も一人の運転での往復は 自信が無く 
○○ちゃんに応援をお願いしたのだ

入会勤行会後 私たちは 菊川さんと食事へ
その時 菊川さんから ひらがな御書の構想を聞く
千早さんとのやり取り
理想と希望に燃えた菊川さん
それを見ていた ○○ちゃん
「凄いな~ 俺たちは(○○ちゃんとバカボンパパ)ダメだな~
と 笑いながら感心していた

選挙になると 大してお酒も飲めないのに 私たちが依頼するスナックなど
お付き合いもしてくれる
最初は 随分ぶつかりました
それでも 広布の思いは一つ
たくさん本音で語り合えば お互いのよさが見えてくる

元々痩せている○○ちゃん
早く食欲が出て 元喜な姿で 一緒に戦いましょう!
[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-04 00:00 | Comments(14)

エアコンが来る!

先月から 毎週火曜日 うちが唱題会の会場になった
実は うちの 地区部長
胃がんになって 4月に手術をしたのです
どうやら 食欲がありません

皆様 お題目の応援 よろしくお願いします

先週 我が家で地区の唱題会をしていた時の事
少し 暑くなって来たので エアコンの温度を下げてみた 
すると エアコンが・・・・

あらら 壊れたようだ

今あるエアコンは たしか20年ぐらい前に購入したものだった
家を建てたばかりで 当時 まだ エアコンが入っていなかった
支部活動者会で 司会をやっていた男子部が 暑さで 倒れかけた
ちょうど 今頃の時期だと思う

バカボンパパと 2人きりなら 我慢することもできるけど 唱題会はそれでなくても暑くなる
7月は 友人も 泊まりに来る予定だ

そして 昨日は エアコンなしの唱題会
涼しくなるよう祈っていたら 風が強く いい感じ!
わ~ ここは風が入っていいわね~と 1階の婦人部さん
その後 扇風機 3台フル稼働

貧乏我が家に 新しいエアコン
諸天善神ありがとうございます

そうそう 諸天善神って 「人」 だって 先生 仰っていたよね
[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-03 00:00 | Comments(17)

贈呈用パンプキン

友人に差し上げる為 いただいてきました
ぺらぺらっとめくって ここ いいから読んでね と 言うつもりですが
6月号 超面白い
読んだら ブログ記事のため 貸して~? って 言ってみよう(笑)

P107
「信心しているといっても どのような一念でがんばっているかが 極めて大事になる
人の目や、先輩の目は、いくらでもごまかすことはできる。
自分の奥底の一念というものは、他の人には分からない。

しかし、生命の厳たる因果の理法だけは ごまかせません。
何をどう繕おうが、自分の一念が、そして、行動が、
未来の結果となって明らかになる。」

(新・人間革命第6巻 若鷲)

久々のパンプキン 面白いよ
[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-02 00:00 | Comments(16)

みんな元喜?

久々に 過去のコメント欄 見ました

ここをクリック

それぞれの地域で 活躍している事と思いますが 成長した姿で会えたらいいね!
古い友人を 大切に 新しい友人も大切に
地域は違えど 広布の思いは一緒だから 離れていても 繋がっているね
今月は 婦人部総会
みんな忙しくしている事でしょう
私も後半戦に向けて 折伏したいなぁ~

昨日は御書学習会
四条金吾は30代
奥さんの日眼女は10代だったと伺いました
「仏法の師弟は、厳粛である。
気取りや見栄は通用しない。
大事なのは真心である。
信念である。誠実である。行動である。」と 池田先生

「「目の前の一人を大切にする」精神を受け継ぎ、広めるのが私たちの使命」
さぁ 今日から6月
学会の正義 先生の正義を 語りぬいていきましょう
[PR]

by tomotiyoo | 2015-06-01 00:00 | Comments(9)