真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

<   2015年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

お題目の応援

桜さんの ブログです

ここをクリック

彼女とは 千早さんのブログで知り合いました

千早さんのブログは ここをクリック

千早さんも すっかり元喜になりました
11月には 自在会の会合も 設けるようです
いつも お題目 ありがとうございます

桜さんですが わけあって 今は直接コメントを入れることができません
代わりに メールから 私が入れさせていただいてます
彼女も 色々悩み多き乙女のようなので お題目の応援お願いします

皆様には ふなっしーの事といい いつも お題目を送っていただいてばかりで 
申し訳ありませんが 離れていても同志(とも)のため できる事って幸せだと思います
これからも 人と人の絆をつないでいきたいと思います



[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-25 00:00 | Comments(15)

折伏

問 折伏謗法とはいかなる事か。


1 折伏
人に教ゆるには硬軟二つの方法をつかいますが、普通は自分の態度は柔和で相手が
どんな事をしむけても決して怒らないで、言語を優しくして気長に教え説いて相手方を自然に納得せしめて引き入れる、いわゆる「摂受」の方法があります、
この方法は普通宗門では採っておりません。しかし折伏という事は前にも(第五回訊問)
申し上げたとおり、相手方の反対を押し切って信仰せしめる事で、法華経特有の言葉であり
方法であります。
末法の世に生を享ける者は、世間一般の習慣に支配されて知らず識らずの内に根性が
歪められた結果、事法華経に関する限り名前を聞いただけで反対し、怨嫉み、
認識しない中に評価し悪口し賓斥して信じないのみか、反感を抱く事は経文の予言どおりで
あります。
「彼が為めに悪を除くは即ち彼が親なり」と大慈悲の親心を披瀝して信仰心を起こさせて
やらねばならぬと説かれているので、彼の考えの間違いを折破(しゃくは)して、
本心を覚醒させる事を意味しております。
末法の悪・国家悪時代においては、摂受の如きなま優しき手段では到底駄目で
有りますから、例え相手が反対しても、それを押し切って信仰に導入しなければなりません。
しかし、宗門で教化に用うる折伏は、おもに言論で挫くも破るも伏するも皆思想的であり、精神でありますから、肉体を損なうことはありせん。
それでは徹底せん事もありますので、硬教育には拳骨の必要もある如く、御釈迦様の、
涅槃経の中の有徳王が覚徳比丘を守護して悪僧悪俗と戦われた事、宗祖様の、
本尊抄の中の賢王と成って愚王を誡責するといわゆるるところには、国家の兵権を
行使しても、悪王謗国を責むる折伏する事をいってあります。極端かは知らぬが、
ここに折伏の徹底を見るのであるが、これは仏法守護の大任に当れる国権者のことで、
兵権を持たぬ腕力に乏しい今日の組織の宗団では、不可能の事に属します。

2 謗法
謗法という事は法に背き。または法を謗る事であります。
口に出しいうばかりではなく、腹の中で善くないと思うたり、顔をしかめて嫌がったり、
怠けたり、解け無かったりする事が皆謗法であります。
人間の本心は因果の法則に従って生活するのが当然であり、しからば不幸は免れ
幸福に暮らせるのであります。
世間的な毀誉褒貶に気兼ねして、悪くはないが、善もしない、いわゆる世間並に暮せば
それに足れりとして、小善に止まり 甚しきに至っては法律に触れさえしなければ
何をしても良いという生活をすべて謗法と申します。
もちろん大小無数の階級があります。小悪でも地位が高まれば、その害毒は多いから
謗法の罪も大なりと申しております。
いわんや地位の高いものが大法に背くにおいておやであります。また法を司る司法官が
法に背くと同様に仏法に背くを大謗と申します。




More 続きはこちらをクリック
[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-24 00:36 | Comments(15)

空仮中の三諦

空諦 仮諦 中道
空諦は事物の性分、仮諦は事物のあらわれた姿・形
中道は事物の本質
人間生命でいえば、その人の性分・心は 空諦
姿・形は 仮諦 生命は中道
「たとえば水
お湯になろうが、氷になろうが 水蒸気になろうが そのものの本質には変わりがない。
2Оそれ自体は、中道であり、法身といえよう。
水蒸気となり、あるいは氷となり、あるいは冷水となる。
その姿・形は仮諦であり、応身である。
また、水は、表面張力があり、あるいは溶解力があり、そしてまた、零度以下では氷となり
百度以上では水蒸気になる等の性質を持つ。
それは、それは空諦であり、報身といえる。
実相をありのままに把握することが正しい認識である。
実相をそのままわが心に受け止め、それに対しどう価値創造していくか、どう対処するか、
それが智慧である。
人をどう評価していくかという場合も、まず、その人に対する正しい認識なくして、
どうして正しい判断が下しえようか。
その人の表面の姿・行動のみを見、その人の本質を見失えば、判断を誤る。
また、その人の本質はこういうものだときめつけて、時々刻々と移り変わる姿・行動を
ありのままに把握しないとすれば、やはり正しい認識とはいえない。
その人の、姿・行動も、その人の特質・個性も、その人の本質も、全部、そのまま受け止めることが大事となる。
信心を根本にして、一切を見通していけるのである。」

(池田会長全集5 御義口伝講義より)

はっきり言って ネットだけでは無理だよね\(^o^)/
だから 人の事なんて あーだ こーだと 言わない方がいいに決まっている(笑)
でも おせっかいな私
その人が 損をすると分かったら どうしても 黙っていられないんだよね~
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
会っていたって 昨日の私と 今日の私も 違うのにね(大笑)

だから リアルが大事に決まっている
バカボンパパは ネットをあまり信じない
でも 本当の事もあるんだよ
詩聖タゴールは、
「人間は孤立すると、自己を見失う。
すなわち人間は、広い人間関係のなかに、自らのより大きく、より真実な自己を見出すのである」
と述べている。
迷って 悩んで ネットを彷徨っている人もいる
心は 求めているのだと思う
だから私は 真剣に求める心のある人と 交流していきたいのだ

そして バカボンパパの 陰の協力があってこそ 今 私は 自由に行動できる
本当に感謝です



[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-23 00:00 | Comments(23)

皆さんのお陰様で

このブログも 昨日3年目に 突入しました
最初の記事は ここをクリック

実際には もう少し前からやっていたのですが 消してしまって・・・ 
今考えると 最初の記事が 明るい話でよかったなって 思ってます

色々ありました
ネは 三日坊主の私
先生の 3日坊主だっていいじゃないか 5日目からまた頑張ればと その言葉だけを
頼りに 今まで生きてきたような私です
でも 一つだけ お題目だけは コンスタントにあがるようになりました
お題目は 自分がすっきりするまで・・・
同盟を 一緒にやっていただいた ネッ同志(とも)のお陰です
きっかけは ネット
それから メール 電話
実際にお会いした人も 何人か・・・
ブログを立ち上げて 発信している人も 何人かいるよね
みんな 紹介したいけど 私と友人という事で 御迷惑をおかけしてもいけないので
またの機会にね!

喧嘩別れをしたり 連絡が取れなくなったり
性格のきつい私のこと
傷つけてしまった人も 何人かいることでしょう
この場を借りて ご め ん ね

でも ケンカって そう悪い事じゃないと思うの

ここをクリック

先生と 一緒にするなって 言われそうだけど ケンカをするのは 仲のいい証拠!
ケンカすらも出来ないなんて 淋しいよね
同等だから ケンカになる
意見の合わない事もある
桜梅桃李 あなたはあなた 私は私
どうせするなら 楽しいケンカ
スッキリ サッパリ 後腐れのないケンカがいいね
もちろん 暴力はいけないけど(反省)
ケンカが出来る相手が また増えたこと
私は 誇りに思っています
みんな
ありがと~



[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-22 00:00 | Comments(29)

うるとら家族の体験 3

最後にうるとらまんさんの体験

失敗失敗の人生でした。

バブルに浮かれて弾けると急降下で1100万円の借金しました。
 皿洗い交通警備のバイトを掛け持ち
缶コーヒー一つが1日の食事の時がありましたがサラ金数社からのすぐ返せの30分おきの電話には参りました。
そんな私を支えてくれたのは大学時代の先生との思い出でした。
幸運に沖縄ハワイ立川で先生と勤行をさせていただく機会が
ありました。
その当時は山崎正友などの反逆者が暴れまわっていました。
先生は毅然としていました。先生のいふ堂々とした姿を思い起こし
ました。
私も負けない、冬は必ず春となると題目に力が入りました

金融会社からの電話で忘れられない一言があります。
2回で支払いが全部終わる頃でした。
「あと2回で終わりですね。逃げると思いました。頑張りましたね」担当者から
電話がありました。。

たったそれだけのことでしたが私は号泣しました。
その一言が9年間の借金生活は無駄なことではないように思えました。

借金地獄から抜け出しましたが人にだまされ信用仕事を失ったりと相変わらず
七転び八転びの人生でした。


辛い日々でしたが親戚地域の人、同志に恵まれていました。特に広布のロマンを
語り合い学会活動できる同志と

巡り会える事ができたことは幸いでした。
 
やらなければいけない義務感で信心していた私が自発的に考え活動するように
なりました。

受け身の信心と自発的信心では、楽しさ、結果は雲泥の差がありました。
 

私の両親、親戚は妻との結婚に反対していました。妻が耳が聞こえないからです。
残念ながら障害者差別はありました。
私が精神障害者の就労支援しているとき、精神障害者への嫌がらせが私達家族に
ありました。


嫌がらせあっても妻は動じませんでした。

妻と友達になると耳が聞こえなくなるとれいじめられた経験あります。。

人は辛い体験をしたとき、人に優しくなれると妻を見て思いました。
そんな妻をみて、やっぱり、妻と結婚して良かったと思いました。
小学生の息子がいます。

息子が八ヶ月ぐらいでの出来事です。

 いくら泣き叫んでも、振り向かない母親にお母さんは、耳が聞こえないのかな?と感じはじめてきました。どうして????お父さんは、ちゃんと聞こえるのに????自分も聞こえるのに???息子は、頭を抱えます。
耳が聞こえないて何だろう・・・・どうしてだろう・・・・
 ある朝の朝食です。
オーブンがチーンと音が鳴りました。気づかないお母さん。息子は、
じーと母親を無言でみています。いつもと違う息子に私は興味津々でした。

母親と息子の目があった瞬間、息子は黙って、右手でオーブンを指して、
チーンしたこと教えてくれました。

息子は、息子なりに生後8ヶ月の小さな頭で 母親の耳になると決意したと
思いました。

実際にその通りになりました。病院では妻が呼ばれれば、母親に知らせたり、
電話の応対をしてくれています。

また、おじいちゃんの遺言を語り続けてくれる息子に亡くなった両親は
喜んでくれていると思います。


池田先生と夫婦で耳が聞こえない人と聞こえる人の橋になると誓い3つの
目標がありましたました。

一つは手話通訳士になることです。沖縄には手話通訳士の同志はいません。
耳が聞こえない同志の力になりたいです。

二つ目は県外ライブです。6年前に耳が聞こえないメンバーでバンドを結成し
県内でライブ活動してきました。。いつの日か、県外で演奏したい夢がありました。

その夢が先日、有楽町の国際フォーラムで実現しました。
3つ目の夢は家族で体験発表する事です。その夢が、まさか、東京で実現するとは思いませんでした。

先日、家族でディズニーランドに遊びにいきました。サラ金に追われていた私が
家族でディズニーランドに遊びにいけるとは不思議な気持ちです。

仏間30畳にリフォームした自宅は会合に使ってもらっています。その功徳で家族でディズニーランドに遊びにこれました。

息子を創価大学祭に連れていきました。息子は、何かを感じたのか、
創価大学にいきたいと言い出しました。

息子が私の母校に興味を抱いてくれました。こんな嬉しいことはありません。

これからも楽しく信心して 楽しく功徳いっぱいもらって 報恩感謝の人生で
ありたいと思います。

[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-21 00:11 | Comments(39)

うるとら家族の体験 2

奥さんの体験です

今晩は元気いっぱいやりますので宜しくお願いします。

私が母のおなかにいる頃、風疹が流行し約400名の聾唖の赤ちゃんが生まれました。
その一人が私です。


私の耳がまったく聞こえず、補聴器をつければ音は聞こえますが
高低音がきこえません。


三歳から聾学校幼稚部に通い、唇の動きから話を読み取る訓練、
舌がまるくならないように皿をなめる練習、あごに風船をくっつけた時の
のどの振動で音とは何かを教えてくれました。
健康な赤ちゃんは会話を通して自然に言葉の数を増やしていきますが
私にはできません。


母はミルクの言葉を教えるために、どんなに泣き叫んでも、ミルクといえるまで
与えてくれませんでした。
周りの人から虐待しているように見えたのか「かわそうに、それでも親か」と
言われました。

そして、私が6歳の頃、母がいつの日かと待っていた言葉、
「お母さん」の言葉が言えるようになったのです。


 近くの小学校に通いましたが、耳の障害のため、いじめられまいた。
父の仕事も失敗し生活が苦しくなりました。

そんな時、婦人部が尋ねてきてくれました。
この信心は冬は必ず春となる信心です。との確信ある言葉に、
母はみかん箱にご本尊様を御安置し仕事信心に頑張りました。

私がいじめに耐えることができたのは題目をあげ貧乏に負けず働く母の姿が
あったからだと思います。

 ある日、担任の先生は、耳が不自由とはどういうことか話してくれました。
すると信じられないことがおきました。

同級生が一人、また、一人と「いじめてごめん」と謝ってくれたのです。
題目のすごさに驚きました。

 中学校では先生から健常者と同じ教育は無理と言われ友達の会話に入れない
孤独感がありました。

そんな私に女子部のお姉さんが夢をもつすばらしさを教えてくれました。
先生になることが夢でした。先生は口に手を入れて舌の使い方を
教えてくれました。

信心は難聴の私が先生になれるわけがないとの思いに打ち勝つ勇気を
与えてくれました。

毎日教科書を読み返しました。成績は学年で一番びりからクラスで
10番以内になり希望の高校に合格できました。

 高校ではNHK青年の主張大会に出場することになりました。
私は自分の声が聞こえず正しいアクセントがわかりません。
不安な私に先生はヘレンケラーの話をして激励し発音指導してくれました。

大会では力の限り話しました。先生は泣いていました。
私がどれだけの勇気を振り絞って舞台に立っているのかわかってくれていました。

これからの人生、辛いこと、悔しいこといっぱいあるだろう。
目の前の苦しさから逃げることなく乗り越えてほしいと舞台にいるだけで
よく頑張ったと喜んでくれました。

最優秀賞の発表に驚きました。私の名前が呼ばれたのです。
言葉は健常者の
100倍努力してきましたが健常者に追いつくことはないと
思っていました。

先生の恩をかみ締めました。

大学合格しましたが難聴の生徒では無理、前例がない、
先生にはあきらめなさいと言われまいた。

そういわれてもやってみなければわからないと度重なるお願いに
大学は一切の援助はしないとの条件で認めてくれました。

黒板に字を書きながら授業を進められたら先生の唇がよめず授業がわかりません。
耳が聞こえる人をうらやんでも耳が聞こえるようにはならない。
聞こえない現実を受け入れるしかないとわかっていても耳さえ聞こえればと
愚痴がで悔し涙が流れました。

題目あげました。
題目上げながら自分はベストを尽くしていないことに気づきました。

耳が聞こえなくてもわからないことは先生、友達に教えてもらうことが
できることにきづきました。
教授は熱心に筆談で教えてくれました。


努力は実りました。
卒業論文が最優秀賞になり、難聴者としてはじめて教員免許を収得し
卒業できたのです。


 その後、臨時教員しながら本採用をめざしましたが集団面接で落ちました。
私には他の受験者の話を聞き取ることは困難で
7年の臨時教員生活に
悔いはありません。

新たな気持ちで仕事を探しましたが、電話の応対ができないので断られました。
そんな時、心の支えになったのは定時制高校の生徒の姿でした。
昼間の仕事の疲れに負けず、眠たいのを必死にこらえ勉強する生徒、

授業に間に合わそうと廊下を走る生徒、戦後の貧しさから勉強できなかった
年配の生徒さんが覚えられないと言いながら何度も教科書読む姿を思い浮かべ、
私も負けないと勉強し平成
10年、県職員採用試験に合格しました。

人生の素晴らしさは人と人が出会い、支え会うこと、その中で人生のパートナーと出会い、
やがて長男が生まれました。

息子にミルクを上げているとき思うことは母のことです。
泣き叫ぶ我が子にミルクといえるまでミルクを与えなかった母、
きっと胸の張り裂けるような毎日だったと思います。

母のおかげで皆さんの前で話をしている自分がいます。

母を東北旅行に招待しました。日本一の露天風呂で孫を抱きながら
「かわいい、かわいい、こんな幸せくるとおもっていなかった」と喜んでくれました。

娘の耳が聞こえないとわかったときの驚き、それから、どうやって育てていけば
いいのか、迷いながら、わが子の幸せだけを願い無我夢中で人生を
駆け抜けてきた母に、一児の母になった今、感謝の思いが湧いてきます。

母の喜ぶ姿に幼い頃、教えてもらった冬は必ず春となるの言葉が重なり、
幸せかみ締めました。

貧しかった実家のみかん箱は仏壇に変わり、ヨーロッパに家族旅行できました。

結婚以来、先生に手紙を書いてきました。その中で、手元に保管して
置きなさいと送り返してくれた手紙があります。

その手紙を紹介します。
「息子が満一歳になり元気に遊んでいる姿に信心して本当に良かったと思う
毎日です。
池田先生から頂いた揮毫を拝見するたびに勇気と希望が湧いてきます。
近くの小学校でいじめについて講話する機会がありました。

校長先生から「教師児童すべてに価値ある内容でした」と喜んでくれました。
聾唖の友人は私達の気持ちを伝えてくれてありがとうと感謝してくれました。

聾唖の友人でいじめにあったことのない友人は一人もいません。
今でも社会的差別と戦っています。これからの人生、夫婦で力を会わせて
耳の聞こえる人、聞こえない人を結ぶ活動に邁進してまいります」との内容で
池田先生との誓いとなりました。
池田先生から
「拝見しました。すごいね。ありがとうございます。真心感謝します」
との伝言を頂きました。

先生からすごいねと喜んでくれ、これ以上の喜び、勝利はありません。

 その誓いが実りました。
村の婦人の主張大会で優勝し県大会に出場することになりました。
私の原稿を村の婦人会が何度も推敲し発声指導してくれ、県大会当日は
バスを貸しきって応援に駆けつけてくれました。
村の人々には何度も助けられました。
これも主人の亡き父母が村の老人会長、民生委員、主人も体協理事として
地域に貢献し、地道に信心を貫いてきた母の福運のおかげだと思います。

幸運にも難聴者としてはじめて県知事賞を頂きました。
主人が私の手話通訳している姿がテレビで放映され、村の人々から村の誇り、
最高の夫婦愛と喜んでくれました。

前後しますが私の体験を聞いた新来者にご本尊送りができました。

夫婦で力を合わせ耳が聞こえない4人の女性でバンドを結成し県内各地の
福祉施設、祭などでライブ活動してきました。

いつの日か県外でライブしたい夢がありましたが今年5月に予選を突破し
10月東京で行われるゴールドコンサートに出場しました。
力を出し切りましたが入賞はできませんでした。
来年頑張り、これからも先生との誓いの人生を歩んでいきます。

体験発表の機会を与えて頂きありがとうございました。




[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-20 00:14 | Comments(20)

うるとら家族の体験 1

交流座談会での 息子さんの発表です

僕の おじいちゃんは僕と同じ小学生の時に戦争があり学童疎開しました。

戦争は二度としてはいけないとお父さんに、
そしてお父さんは僕に話したおじいちゃんの話しを聞いて下さい。



太平洋戦争末期、学童疎開船対馬丸がアメリカ潜水艦の魚雷攻撃で沈没し
1400人余りの子どもの命が犠牲となりました。

おじいちゃんのお父さんはハワイに移民していました。
竹槍で訓練しているのを、ひいおじいちゃんはアメリカの機関銃に
勝てるわけがないと言っていたそうです。
まわりの人はスパイと思われるとヒヤヒヤしていました。
アメリカに勝てるわけがないと思っていた、ひいおじいちゃんは、
おじいちゃんを船に乗せました。

おじいちゃんは対馬丸が沈没した一週間後に熊本に疎開しました。
熊本に向かう途中、対馬丸が沈没した海では子ども達の洋服荷物、サ
メに食いちぎられた子ども達が漂流していました。


沖縄を発ときの荷物制限があり冬物がなく熊本は寒くて寒くて
どうしょうもありませんでした。

帽子を落とし、拾うふりをして道端に落ちていたみかんの皮を食べたり、
駅のゴミ箱を漁っていました。
それを引率の先生に見られて「
馬鹿やろう。お前は犬か」と物凄く怒られました。
風呂に入れずシラミが発生して空腹を忘れようと早く寝床に就いても、
かゆくて眠れない日々がありました。

親に助けを求めたくても親は米軍の機関銃から逃げまわっていました。
生きているのか死んでいるのか、何も分かりませんでした。

空腹、寒さに耐え忍んでいることを知った近くの婦人会が、食料、古着、
布団などを届けてくれおじいちゃんは涙ぐみながら感謝していました。

 初めて見る雪に感動し見とれてしまい掃除をしなかった罰として
沖縄の生徒全員、冷たい土の上に正座を命じられました。
それを2階から見ていた高等科の女生徒が「これを足の下に敷きなさい」と
つぎつぎと頭を守る大切な防空頭巾を投げ落としてくれました。
お風呂に入らず霜焼けで汚れた足の下に敷きなさいと防空頭巾を渡してくれた
女生徒のやさしさをおじいちゃんは生涯忘れる事はありませんでした。


 遠足のときの事です。
食べるものがなく木陰でじっとしている沖縄の生徒に気づいた
同級生の淳一さんが 皆に呼びかけ弁当を分けてもらいました。
おじいちゃんは、とてもうれしかったのでしょう。
慰霊の日には涙を浮かべながら、このことを何度も何度もお父さんに話しました。

シラミでかゆくて我慢できず、お金を払わず、こっそり入浴した
おじいちゃんたちを見て見ぬ振りをしてくれた

 さくら湯の番頭さん、いつも援助してくれた熊本の皆さん、
おじいちゃんが大変お世話になりました。
心より感謝申し上げます。 有難うございました。


おじいちゃんは熊本の人に感謝していました。
高校野球は熊本の代表がでると一生懸命応援していました。

おじいちゃんのことをお父さんは僕に伝えてくれました。
今度は僕の番です。

戦争は絶対にダメだとのおじいちゃんの思いを伝えていきます。
聞いてくれてありがとうございました。





[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-19 00:00 | Comments(30)

くせ

『悪い「くせ」は困るね
自分も悩むし、他の人たちや社会をも悩ましたり、迷惑をかけたりする。
その「くせ」を直そうとしても、自分の意思では、どうにもならない場合も多い。
発陽性の人、抑うつ性の人、自己不確実の人、顕示性の人、気分易変の人、
無力性の人、爆発性の人、情性の乏しい人、狂信性の人、意思の弱い人、
よい「くせ」のほうもあげてみると愛情細やかな人、思慮深い人、
生命感情の豊かな人、意志の強い人、謙虚な人、信念の人、気分の持続する人、
意欲に満ちた人、計画性のある人、━まあ、いくらでも分析できるが、
これらのめぐまれた性格の強い、豊かな人でも、それらを、どのように発揮していくかに
よって、善と悪は変わってくる。
この人格的なものは、十界のうち、どれかを顕現しやすい傾向性をもっているでしょう。
「くせ」といってもいいがそれは、個々のものではなく、生命全体の「くせ」です。
人の世の真実の苦悩を味わった者のみが、他者の不安や苦痛を、そのまま「同苦」
できるようにも思う。
九界の荒波のなかで、知恵を使い、慈悲力をあらわしてこそ、私たち自身の仏界も
ますます磨きがかけられるというものです。
地獄界の苦闘の奥に、仏の生命が輝いているかぎり、その人は、人格を磨き、見識を高め、
自己変革と自己実現の道を歩んでいるのです。
仏界を基調にして、あえて引き受けた苦悩は、望ましい苦しみであり、あえて関わった
悲しみは、望ましい悲哀である。
それは仏の生命をはぐくむ苦しみであり、悲しみであるからだ。』
(生命を語るより抜粋)

私の場合 悪い「くせ」がたくさんあった
今でも 多分あるのであろう
しかし お題目によって 自分を見つめ 冥伏されていることが多くなったような気がする
自分のことでは そう 悩まなくなっている事も事実だ
やはり 人と関わり 人が喜ぶ事に 自分の喜びを見出しているからなのだろう
私は 信心できて 本当に幸せだ
お題目をあげられることに感謝!


[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-18 00:00 | Comments(8)
最初に会ったのは ファミリーマートの前
君は ちょっと疲れていたのか ご機嫌斜めだったね
握手しようと言っても 手を引っ込めちゃったね
私が 荷物 重たいでしょ もってあげようか?と言っても
答えはなかった・・・

しばし 沈黙のまま 夜の道を歩いたね
うちについて お父さんから こんばんはというあいさつを 促されて
こんばんはと 家に入って行きましたね
落ち着いたのか 少し 元喜になったみたい
その日は お風呂に入って寝ましたね

朝から うちの儀式が始まります
何回目のジャンケンだったかな?
君が勝って 導師になりました
カッコよかったよ
人生初の導師
ちゃんと 勤行できるんだね
凄いよ!びっくりした!

いつだったかな?
大阪じゃんけんじゃんけんぽん
新しいジャンケン君から教わったよ
君のお父さんは どうも じゃんけんが好きではなさそうだった(笑)

バカボンパパは あれから 東北じゃんけんじゃんけんぽん って やってるよ
大阪より 東北の方が好きなんだって

いつからか 名前を呼び捨てにしていいって 言ってくれたね
嬉しかった
ディズニーランドヘ行って お土産買って来てくれたね
ありがとう
地区の人と みんなで食べるよ
お父さん お母さんに いっぱい甘えられて よかったね

帰る日は ちょっぴり淋しかったよ
最後は握手してくれたけど ハグはやっぱり嫌だったね(笑)
小4だっけ~?
照れるよね
最後にやっぱりふられちゃった

[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-17 00:00 | Comments(19)
第3章
「人権」こそが平和の基盤

7,360,026,754通りの 生き方があるのです
(2015.8.15正午時点)

ここでは 入るとすぐに 年表のパネルがあった
国連憲章・世界人権宣言・アパルトヘイトなど

ここで 女性スッタフの方が 私に説明してくださった
「このパネルは 色分けがされてて 
ピンクは概要 は数字で見る現状 は一人一人の声として 展示しています」 と
思わず 私 ブログをやっているんです
この事も 載せる予定でいますので 是非 覗いてくださいね と 私のブログを
紹介させていただいた
法華美人の女子部さん お世話になりました

DVも 圧倒的に女性の被害者が多いとのこと
私の場合は 逆かもしれませんが・・・

これは 衝撃的な内容なので 自己責任の下 クリックしてください
 http://toyokeizai.net/articles/-/83031
(今回の展示とは 直接関係はありません)

「人権の為の問に 国境があってはなりません
”共通の人類”に対する”生命”に対する
感受性が大切なのです」
(リゴベルタ・メンチュウ)
リゴベルタ・メンチュウは ここをクリック

ヘイトスピーチ
現在の最も大きな悪は無関心です
知っていながら活動しない事はそういう不正に同意するのと同じです
地球は非常に小さな場所になりました
他の国で起こることが私たちにすぐはね返ってくるのです
(ヴィーゼル・エリエーゼル)

「教育こそがただ一つの解決策」
(マララ・ユスフザイ)
マララ・ユスフザイは ここをクリック

身近な地域 国家 そして世界が 人生の舞台とするもの
(牧口常三郎)

民音で かつてサラフィナを厚生年金会館で見た事を思い出した
そして 今年9月にはフレアーク・グローバルオーケストラのロマ音楽を聞き
差別に苦しむ民族の事を知る

学会の使命の一つ
1.創価学会は永遠に、一切の差別や偏見の壁を越え、人間平等の連帯を広げる。

私は 1/7,360,026,754のあなたを尊重しますので 
あなたも1/7,360,026,754の私を
尊重して頂けたら嬉しいな

そういえば 私とバカボンパパが中心となって 平和行動の展示会をした事があった
副会長も応援してくれた
地域の方々も多数 訪れて 大変喜んでいただけた
学会は あくまでも 励ましの団体
そのために私はこれからも 色々な智慧を使って 皆に喜んでいただける学会活動を
繰り広げていく事を 新たに決意した







[PR]
by tomotiyoo | 2015-10-16 00:00 | Comments(26)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ