<   2016年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

彼女と知り合ったのは pekoちゃんからの お願いだった
姉の知り合いで 大変な人がいるから ちよさん 助けてくれませんか? と

彼女はその頃 白内障の手術をして 目が悪く 薬の副作用か 足が震えているという
とりあえず 電話をしてみることにした

聞くところによると 妹さんが病気だったため 幼少期に叔母夫婦に預けられたという
事あるごとに 押入れの中に 押し込められていたらしい
その事が トラウマになっているのだろう
引っ越さなくてはいけない状況で 部屋の中には 段ボールの山
そこに入れられてしまうようで怖いと 訴えていた
怖くて 歩けず 酷い時にはトイレさえも行けず オムツをしていたらしい
今までの 話を聞くと 元准看護師 バツ3 入れ墨 リストカット
大変な 人生を歩んできたようだ
顔晴るという言葉が嫌いで お願いだから その言葉はやめてくれと言ってました
それでも 私は やめません
最後は 顔晴るしかないのだから・・・

話の最中に 別人格になったり ご本尊様を破きたくなるなど 近くに住んでいれば家に連れてくればいい事ですが
離れているが故 不安がないといえば嘘になります
その都度 お題目をあげ 私自身の戦いでした
明け方までの 唱題もありました
お母さんとも 連絡を取り合いながらの 激励でした

彼女との同盟題目でこのような状況になったものの


その彼の 酒癖が悪化
結局 警察を呼ぶという騒ぎにまでなりました
その時 私と 約束していた事を 彼女は 破り(今まで5回以上は破っていた)
これを許しては彼女も変われないと思い 私は 連絡を拒んだ
そして 彼女からの お詫びの手紙が・・・
末尾には 信心根本に成長していきます と
その間 訪問看護師さんに 比例候補のビデをも見せるなど 活動もしていたようです
そして 28日(土)夜 地区婦人部長さんと 久々の同放に行けたそうです
今では顔晴ってます と 電話で報告してくれます 

その後 彼女は 2度目の旦那さんと再会
少し早い 誕生日プレゼントをいただいたようです
あの時の お数珠とお経本は その彼にあげるように 言いました(笑)

まだまだ いろいろな事が起こるでしょう
その度に この半年余りの事を思い出し 冬は必ず春となる を 実感していっていただきたいと思っています

お誕生日 おめでとう



※ るぃさんの了承を得て 載せていただいてます
最近 ガラケーから スマホに変えたそうなので 見てもらえるかな~?



[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-31 00:00 | Comments(10)

お誕生日おめでとう


私の親友の誕生日です
私 共々 アホですが 一生懸命生きてます
私の 大切な大切な 友人です




私 共々 よろしくね~


そして 今は亡き 千早さんのワンちゃん ふーちゃんの 誕生日でもあるんですね


ふーちゃん もう生まれ変わってるかな?
Ⅿ子のうちは 柴犬のコロちゃんです




[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-30 00:00 | Comments(14)

厚田の桜 見ましたか?

『戸田先生も』桜がお好きだった
 何かにつけて
「桜の咲くころに」
「桜の道を歩いて」
などと 言われた。
「冬は必ず春となるのだ」と
しみじみ語る先生であった。』

札幌より北には 桜は咲かないとされていた
池田先生の思いと 桜守りの思いで 今年も厚田の戸田墓園に桜が咲いた
そして 50年 100年と 桜守りは受け継がれるという

すべての人が 不可能を可能にできますように




[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-29 00:00 | Comments(3)


随分前の事だが 阪神の大地震から墨田に越してきた友人が いつも 先生にお会いしてみたいと話していた
風の噂で 彼女は 中野に引っ越したと聞いた
そして 中野兄弟会の会合で 先生にお会いできたと
今でも 元喜に 活躍している事でしょうね


本物か 偽物か
本物になれるよう 私も 顔晴る!


[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-28 00:00 | Comments(5)


粘り強くいこうね!


[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-27 00:00 | Comments(11)


(昭和52年2月3日第三東京壮年部勤行会)

時間があったら聞いてね




[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-26 00:00 | Comments(19)

正義の走者


池田名誉会長はメッセージを贈り、
「何があっても、題目の師子吼­を忘れず、強く朗らかに、学び、鍛え、負けじ魂で、前へ前へ、走り抜いていってくださ­い」と励ましました


[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-25 00:00 | Comments(9)

言語

「日本人だからと言って、 日本語を話している訳ではない ということをお伝えいたします。

あなたは、日本語を話していますか。そして、相手の日本人は、 日本語を話していますか。

答えは「はい」であり、 「いいえ」です。実は、あなたは日本語ではなく、 あなた語を話しているのです。

そして、相手は相手語を 話しています。 佐藤さんは佐藤さん語ですし、 田中さんは田中さん語を 話しています。

相手に伝えたいことがある時は、 相手の言語で話しましょう。
たとえば、相手がよく 「わかる」という言葉を 使うなら「わかる」 という言葉を使ってみましょう。
「理解」「知ってる」「認識」… 同じような意味の言葉は、 いろいろありますが、 この方には「わかる」が 一番伝わりやすいです。

また、たとえば、 相手が自分に対して、「あなたは器が小さい」など 冗談で、否定的なことを言ったとき、 「否定しないでほしい」と伝えても、 相手が否定は「・・・ない」という 言葉だけだと思い込んでいると、 伝わりません。
その時は、 「自分は器が小さいと言われて、すごく、けなされた気がして、とても辛い」 というように、 自分がその言葉をどう感じるか、 その言葉は自分にとって、どういう意味を持つかを 伝えましょう。

あなたの言語は、 あなたの言語なのです。
相手には相手の言語がある、 と思って意識して聞くと、 相手の話しが 聞こえてくるでしょう。」
(ミカさんからの手紙)

言葉に傷つく人は多いけれど その言葉の真意がわかれば 傷つかなくてもすむという事が 多いようだ
相手を 「敵」と思ってしまうと 一つの言葉にも 敵意を感じてしまうのではないか?
私は 歯に衣着せぬとよく言われるが それを好む人もいれば 嫌がる人もいる
私は奥歯に物が挟まったような物言いが 大嫌いだ
結局 好き嫌いで 人間は生きている事が多いように 感じる
そうであるならば 嫌われても 自分は相手を好きでいる方が 得な気がする
多くの人を祈れる境涯でありたい


[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-24 00:00 | Comments(21)

熊本顔晴れ!



えいちゃん 頑張ってる!


凛子さんも 頑張ってる!

私は キティちゃんが出るまで 顔晴る!(なんのこっちゃ?(笑))



[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-23 00:00 | Comments(18)

書く勇気

戸田先生から「書いて、書いて、書きまくれ!」と励まされ
「正しい人生とは何か」「希望とは」「幸福とは」「生命とは」「平和をつくるには」など、
戸田先生から教えていただいた真実を、書いて世界に広げるのが使命だと話す池田先生

井上靖さんは、人や物を見る時は
「自分の目で見ること」と
思い込みや、人から聞いた話ではなく、自分の目で正しく見たものを信じること」
創価学会がうそばかりの悪口を言われた時も、真実の姿を見つめ、いささかも変わることなく信頼してくれた
偉大な人とは、友情を貫く人のこと

「詩を一遍書けば、それはもう誰も詩人」
君にしか書けない文がある
あなたにしかつづれない詩がある

(2016.6.1少年少女きぼう新聞より)

私の記憶によれば 蒼き狼は 演舞場で上演したような気がする
大路欣也 坂東玉三郎の 共演だ
今や すっかり犬になっちゃいましたけど・・・(笑)
このお二人とっても仲がよさそうでした

そういえば 「わが母の記」も 映画で見ました

話はそれましたが 私も”正しい物の見方”を身につけて これからも 思ったことを正直に自分の言葉で つづっていきたいと思います


[PR]
by tomotiyoo | 2016-05-22 00:00 | Comments(15)