<   2016年 10月 ( 49 )   > この月の画像一覧

竹谷さんも 行ってきた

ホントに 楽しいんです


愛知のブロ友さんから こちらの方では やらないのですか?との 問い合わせを受け
聖教新聞に 電話したところ 今のところは予定がないようです
聖教新聞のお知らせが もう少し早いと助かるのですが もし 先々 この事を 覚えてていただけて
やりますよ という事を知った方がいらしたら どうか 教えてくださいね
よろしくお願いします







[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-20 00:02 | Comments(7)

やったね!



[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-19 22:46 | Comments(6)

最大公約数


(最大公約数:歌詞付(ちっさいm見習いお絵描きしてみたw)【m&M'sChannelでっかいM】 )

みんなの 最大公約数が 広宣流布ならいいね!
そうなれば 小さな争いに見えることだって ど~って事ないよね(*^-^*)
平和に 笑いながら ケンカしようね
これからも・・・\(^o^)/




[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-19 00:30 | Comments(8)

どっちが好き?

なんみょうほうれんげきょうは ししくのごとし いかなるやまい さわりを なすべきや
南無妙法蓮華経は師子吼の如し・いかなる病さはりをなすべきや、
(経王殿御返事 1,124ページ)

だいちは ささば はずるるとも おおぞらを つなぐものはありとも しおの みちひぬことはありとも 
大地はささばはづるるとも虚空をつなぐ者はありとも・潮のみちひぬ事はありとも

ひは にしよりいずるとも ほけきょうのぎょうじゃの いのりのかなわぬことは あるべからず
日は西より出づるとも・法華経の行者の祈りのかなはぬ事はあるべからず
(祈祷抄 1,351ページ)

私は 祈祷抄の方が好き
病気が障がいにならないというより 祈りが叶わない事はないの方が 私には シックリくる
どうせ祈るなら 病気も治すの方が よくない?
もちろん 人それぞれ
行者だって 難しいし・・・
でも 広布のための祈りは 叶うって聞いたよ(*^-^*)
本気で 心の底っから祈ったら 叶うんだってば
もちろん 時間のかかることと そうでない事があるよ
焦らず じっくり 自分がなりたい自分になろうよ
そして お互い 実証を示して 学会の正義を 師匠の正義を 訴えていこうね(*^-^*)



[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-18 00:30 | Comments(15)

なるほど~

考えさせられるね
ココさん ありがとう




[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-17 00:00 | Comments(19)

ブロ友さん

アメブロで 気になっていた人がいて 9月ごろから お付き合いさせていただいてます
猫好きのその方は お母さんの事で苦労されますが 超前向き へこたれない
たまに 愚痴りますが(笑) とにかくパワフル
主婦として完璧 料理もお弁当も ブログに載せてますが 彼には見せたくないです(大笑)

1週間ほど前 お母さんを亡くされ 事情があり 火葬だけとなったようです
その時
「母の近隣の方で、大家さんがいたが、お坊さんも呼べない、位牌もない、結果となったが、そうした母の最期に、
その大家さんが創価学会の人で、母の前で、読経をして、祈ってくれたという。」
と ブログで紹介してくれました

遠いので 何もできなかったけど お題目を送らせていただいてました


先生の言う通りだと思います
たかが ブログ されど ブログ
きっかけはどうであれ 会おうが会えまいが ネットの先には人間がいる
私は 大家さんのような 人でありたい
これからも よろしくです




[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-16 00:00 | Comments(5)

怨妬って何?

怨妬とは うらみ ねたむこと
特に 仏法を信ずる者に対する非難、中傷

この場をかりて お礼申し上げます
いつも素敵な記事を ありがとうございます






[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-15 00:00 | Comments(12)

はじめまして!(^^)!


私の事なのかどうかは 定かではないけれど・・・
コメントを入れさせていただこうと思いましたが うまく入らなかったので こちらで失礼しますね!(^^)!

はじめまして
非常に面白い記事ですね
今後も 楽しみに見させていただきます
末永く よろしくお願いします

「水魚の思いを成して」心一つに団結しよう!
 それが永遠勝利の鍵だ。
 誉れの同志と共に 麗しき友情の連帯を!」
誉れの同志になれているのか?それが問題だ

大聖人様 ご入滅の日に 先生は第2別館で祈念

毎月14日が「不撓不屈 祈念の日」
それぞれの”歩幅”を大事にしたい
熊本負けるな!熊本顔晴れ!

民音文化講演会
バカボンパパは リハビリで パーカッションを習いに行っていた
きっと 興味を示すだろう(#^.^#)

各地に新任幹部(リーダー)誕生
最初の3ヶ月が勝負!
盛り上げていこう

「団地部・地域部の同志の奮闘光る」
ありがとうございます

E─1 グランプリ
全部 見たいわ~

『命を賭しての変革の戦い
「わたしの宗教は地理的な限界を持たない─ガンジー
その言葉は、人間という共通項に立脚した、宗教のあるべき姿を示している。』

「1年間 何をしてきたか?その記憶が多く残っている人 意識した分 自己評価が高くなる」
あと約2か月半 宇宙のリズムに合わせた生活で 自己評価を高めよう!

「人と違うことをおそれるな!
自分の目で見て 自分の頭で考え 自分の言葉で語れ!
固定観念にとらわれるな!」
オチが面白い!
購読されていない方 是非 購読を(*^-^*)

「失敗も後悔も有効利用」
「永い言い訳」面白そうですね
DVDになったら 見るか~?

今日は 10時から唱題会
時間になったら 行ってきまーす
お仕事の方 気を付けて 行ってらっしゃーい





[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-14 00:00 | Comments(10)

生も歓喜 死も歓喜

生死感というのは 人それぞれかもしれないが いつかは 必ず訪れる死
御書には 生死という言葉が 190 書かれているという
そして「されば先臨終の事を習うて後に他事を習うべし」(妙法尼御前御返事1,404ページ)と
誰もが 死んだらどうなるのかと 考えた事があるのだろうと思う
大部分の細胞は 生まれては死にを繰り返す
バカボンパパの 髪の毛も ずいぶんと死んでいった
私の 髪の毛に至っては 縦5センチ 横2センチほど 気づいた時には ごっそり抜けていたことがある
私の場合 産毛が生えそろって 今のような ぼうぼう頭になりましたが(笑)
時間的に見れば 十界が生死を繰り返している
鬱の時の あの地獄の日々
死にたい 死にたいが ある日 このまま死ぬのは絶対に嫌だと 強く思った

バカボンパパも おかげさまで 元気です
延命治療はしないと決めて 7年目になります
最後に裁くのは 自分自身
最後の最後まで 広宣流布という使命をを忘れず 人の幸せを祈れる自分自身でありたいと 強く思います

リンクさせていただきありがとうございました




[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-13 06:48 | Comments(2)

学会っ子の苦悩

所謂 私も 学会っ子
今では 5世までいると言われる 学会っ子

『しぶしぶ参加した様子の中学生の母親に「誰もが通る道よ」と人生の先輩』と 名字の言

今年102歳になる婦人部の方に 私は少年部の時からお世話になっていた
ある時 「うちの娘や ちーちゃん(私のこと)は 挫折を知っているからいいけど
sちゃんは(当時の地区婦人部長)みんなで 守ってあげないとね」 と
sちゃん 離婚して 違う区へ引っ越しました
でも その区で 今 頑張っていると 風の噂で聞きました
流石 婦人部の大先輩 よく人を見ていたものです
sちゃんは 先生に会うのが夢だった
引っ越し先の会合で 見事 先生にお会いする事になる
バカボンパパは 彼女のことを 機関車と言っていた
今でも 機関車のように 活躍していることであろう

子供は 親の背中を見て育つといいますが 私の時代は 親がいない(笑)
我が家の場合 私は 今と違って とっても聞き分けのいい子
夜の会合で 留守番をしていても 時間になれば 一人で寝てしまう
両親と姉は それをいい事に 焼肉屋や すし屋によって帰る
勘のいい私は 次の日 仏壇に置いた マッチで気づく

池田先生のことは 大好きで 「大いなる希望」を暗唱し 座談会では活発に発表する子であった
でも 何か違う
両親の生き方・・・
これが 学会員?・・・
一度は 思うことがあるのでは
それでも 私は いやいやでなかったので まだ 救われた(笑)
なかには 無理やり 笑いたくなくても 笑顔でいなくてはいけない
こうしなさい ああしなさいと 言われ続けて育った人もいるでしょう
親たちも みんな 人間革命の途中だったのです
とにかく ♪今日も又 明日もまた 折伏の♪です
それでも うちの両親は 楽しそうだった
ただ 母は 幹部が苦手のようだった
よく言っていたのが 今の幹部はいいわよ 優しいし・・・
私からすれば 一番怖いのは あなただよ と言いたかった(笑)

幹部の子供は なおかわいそう
立派な話を 会合でしても 家に帰ったら ただの親
そのギャップに 耐えられない人もいたであろう

でも そんな子供たちも みんな大人になる
大人になって考える
やっぱり その親たちがあったからこそ 今 自分たちは 学会の庭で ぬくぬくしていられるのだと
そして 自分の宿命を知らず知らずに転重軽受させていただいていることに気づくのだ
私は 学会ということで いじめられたことは 一度もなかった
そう 30歳を過ぎるまでは・・・

そんな経験をしたからこそ 今 こうやって 元気にいられることに感謝ができる
もし 親が信心していなかったら 批判的で 文句の多い私は たぶん 共産党員になっていたであろう
折伏されても 頑固な私は 信心できなかったであろう
だから 私は 両親に 心から感謝をしている

まだまだ 彷徨って 信心につけず ネットで愚癡っている人
本当に 気の毒だと思う
その人たちが 言うことの 共通点
お金と功徳
申し訳ないが 結局 餓鬼信心だったのであろうか?
信者であって 行者ではない


随分と 遠回りをしたけれど 今 幸せ!と言い切れる私の人生に ちょっとどや顔\(^o^)/
一日も早く帰れる日を 心から祈ってます





[PR]
by tomotiyoo | 2016-10-12 00:00 | Comments(10)