<   2016年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

唱題会にて

キティちゃんの ジャンバーを着て行ったら 後ろの婦人部さんが 「まぁ 可愛い!」
私 思わず振り返って 自分の顔をさし「わたし~?」
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

唱題会が終わって Ⅿさんが 壮年部の新しい本の一部をコピーしてきて 読んでくれた
まだ うちでは 購入していなかった
会合が終わって 「今日の話は何ページ?」と聞くと
「いいわよ~ これあげる~!」
「本当?ホントはね それ 頂戴!って言いたかったの」
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

大笑いの 唱題会になりました

「自分自身が浄化されていく
「人を幸せにしたい」と祈り、動くなんて、この末法の世界で、こんな尊い人はいない。
真心から法を説いても、たいていは悪口を言われる。
侮辱されることもある。
それでも、何も分からない子どもを親が慈しむように、包容しながら対話していく。菩薩です。
地涌の菩薩にあらずんば、できるはずのない聖業です。
 大事なことは、悪口を言われるたびに、自分自身の生命が浄化されていくということです。
だから、戸田先生も「折伏のためにせらるる悪口(あっこう)は」、心から感謝していかなくてはならない」と言われていた。
「悪口せらるることによって、われわれの身体(からだ)の罪障が消えて、幸福生活へとばく進することができるからである」(「戸田城聖全集」1)と
(法華経の智慧 全集31巻)」
(黄金柱の誉れp157)

本は 昨日届きました (o^―^o)ニコ

最近 折伏に行っても 悪口を言ってくれる人がいなくなった
それこそ 「バカボンパパの 病気が治ったら やるよ」なんて いう人は 皆無
みんな 凄いね~ 偉いね~ 学会の人たちは 立派ね~ と褒めてくれる
これじゃぁ 罪障消滅できないじゃないの と思いながらも 認めてくれることは嬉しい!
「でも 私は やらないよ~」が 無くなれば もっと嬉しいんだけど(笑)
話すことは 話した
あとは どこまで祈れるかだ
「祈り それは あきらめない勇気だ」
先生との誓いを果たすべく 仏法対話を進めていこう!









[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-16 00:00 | Comments(7)

ワンパターンで ごめんね
この歌 めっちゃ好きなの♡

これも いいよね♡

2人同志(とも) いい1年でありますように

[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-15 07:23 | Comments(0)
いじめと ひとくくりにしてしまうこと自体 違うような気がする
言葉の暴力
身体的暴力
精神的暴力
DV  セクハラ パワハラ
逆に 冗談さえも 許されない世の中
なんか変

家庭での虐待
教師からの虐待
弱いから暴力に走る
そこには 心の闇という 加害者の問題があるのだ
事件になる前に 加害者になるかもしれない人との 関りが 大切なのかもしれない



現在 いじめ と言われている事には いじめを超えた 犯罪と思われる事件が多い
大河内清輝君の事もそうである一番 困るし 卑怯なのは 見て見ぬふりだ
いじめている人を どうにかしようと思っても これは なかなか難しい
子供たちの間では いじめられないように 自己防御のため 一緒になっていじめるケースが多いような気がする
いじめられている人は なかなか声をあげられない
親にさえ 言えないこともある

どうか 子供たちの変化に気づいてほしい
そして 子供たちの 心の支えになってほしい

仏法からいえば 因果かも知れない
宿命という捉え方をすれば 自分に原因があるという事になる
しかし そこに 先生はあえて メスを入れてくれた
「いじめた側が100%悪い」と

私が ネットでしてきた事も いじめと捉える人もいるでしょう
言い訳に過ぎないかもしれないが 「破折」を いじめととる方もいる
心こそ 大切
自分の心に問いながら お題目をあげながら この問題を一生の課題にしていこうと思う
振り返れば 電車の中吊り広告の 先生の中傷批判記事で 心をやられた私
今は 随分と強くなった
幸せは 強くなること
強くあれ!強くあれ!と いつも 応援してくれた池田先生

意見の相違も 大いに結構
議論も 大いに結構
しかし ウソ・デマだけは見破って それを許さない社会にしていきたいと思う




[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-15 00:00 | Comments(6)

もったいないを

竹谷さんも マータイさん?\(^o^)/

[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-14 00:00 | Comments(1)

「池田大作先生 四季の励まし

創立の月 自身の新しい歴史を

「創立の月とは 新しい歴史を〝創る月”である。
正義の師子が 猛然と”一人立つ月”でもある。
自分自身の新しい歴史を 塗り替えていくのだ!
古い殻を破り、生まれ変わる月だ!
限界の壁を叩き割り、雄々しく 一人立ち上がる月なのだ。

「一人」の人間が持つ 計り知れない可能性を信じ、
その力に目覚めさせ、発揮させ、
連帯を広げてきたのが、創価の民衆運動の歴史である。
全体があって 一人一人があるのではない。
まず一人一人の人間があって、
強く団結していくのである。
すべては、「一人」に帰着する。

人材は、何もしないでいては、決して育たない。
みずから苦労して、新しい人材を見つけ、
真剣になって育てていくことだ。
自分から後輩たちのなかに 飛び込んでいくことである。
皆をほめ讃えていく。
皆に尽くしていく。
声をかけるだけでも、皆の力になり喜びになるものだ。

完勝の歴史は 一夕一朝にはつくれぬ。
一日一日の たゆみない着実な精進こそ
一つ一つの 小さな勝利の積み重ねこそ
大勝利の源である。
歴史の勝利者たるには
まず 自己の悲哀に勝て!
嘆きを決意に変えよ!
逡巡するな!臆するな!
勇敢に粘り強く
前進 前進 また前進の 歩みを開始しゆくのだ。」

歴史の勝利者たるには
まず 自己の悲哀に勝て!
嘆きを決意に変えよ!
逡巡するな!臆するな!



[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-13 00:06 | Comments(7)

枇杷の葉さんへ

「貴女が 真摯に マリアさんと
向き合うことによって
問題の大半は 解決します」

枇杷の葉さん 大半では 困ります


「かつて 貴女が 関わり
あるユーザーさんに
「ナリスマシ」キャンペーンを 行い
ブログを閉鎖させた事件を
彷彿とさせます。
手法は 多少違えど 根底は 同じです」

枇杷の葉さん ブログは閉鎖させていませんよ
コメント欄で 意見を言ったら ブログから追い出されただけです
その後 友人のブログを応援してくださいと 読者の方に お願いしただけですよ
ブログを閉鎖させた事件というのは どなたに聞いたのですか?

「私が「なう」で
「リア多忙につき
しばらくお休みします」
と 宣言した 途端に すぐ
このような記事をアップするとは
姑息ですね。」

枇杷の葉さんには 多分 そう捉えられてしまうかとも思いましたが マリアさんが気の毒なので
そうさせていただきました

「お休み中とはいえ
わざわざ
教えてくれる人がいるのですよ。
そちら側に。」

そちら側も こちら側もないですよ
同じ 学会員として 私は 対立しようなんていう気はありません
真実をハッキリさせ 私が間違っていれば謝りますし 記事は削除します
こんな事に時間を割くのは お互い価値的ではありませんしね

枇杷の葉さん もし あなたが 学会の幹部であるのなら こういう事が起こりそうになった時に
仲よくさせるのが 役目ではありませんか?
関係のない アメンバー限定記事を流したあなたの責任は どう取られますか?
ここでいうところの Aさんに 謝罪の言葉はないのですか?

私は 暴力や 不寛容を排し 物事の本質を見て 平和を築いていきたいです
どこまでも 楽観主義で行きましょうよ

先生の言葉に
 
「私たちが展開している平和運動は、人間の心の中に”平和の砦”を築くことを基調としており、その歩みはカタツムリのような速度かも知れない。
しかし、粘り強く行動し続けてきました。
波が、岩に突進する。岩は微動だにしない。
だが、何十年、何百年とたてば、岩は姿を変えていきます。
それが、民衆による非暴力の革命ではないでしょうか。
それが、創価学会の平和運動なのです。」
シン知事は、うたい文句だけの「平和」主義には、懐疑的であったのだろう。
私が信じていることは”人類は一つ”であることであり、それこそがこのインドで釈尊が説いた教えの本質です
万人が「仏」の生命を具えていると説く仏法の法理は、人類統合の基(もとい)である」と

私は 真実を知りたいだけなのです
そして みんなが 信心をスッキリできるようにと 祈るだけなのです
お手数をかけて 申し訳ありませんが 真実を語っていただけないでしょうか?
本来なら メッセージで済むことなのでしょうけれど それにお応えしてもらえなかった経緯がありますので
この様な形になり 申し訳ありません

お二人とも 入会してまだ2年ほどです
今後のために 少しだけ お時間をいただければ ありがたいです
よろしくお願いします

[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-12 18:25 | Comments(8)
事実であるけれど 真実でない という事が 世の中には あるのだろう
これは あくまでも 私の憶測である
真実は 当事者の心でしか分からない
私が知りえた事実を ありのまま 書いてみようと思う

リレー唱題が きっかけで 起こったと思われる いざこざは ただの 男女間のトラブル捏造であったのだと 私は思う
私自身 最近の枇杷の葉さんの コメントで 初めて ある男性とマリアさんとのトラブルを知るのである
(うすうすは 感じてましたが 確証はなかった)
枇杷の葉さんが どういう意図で マリアさんにメッセージを送ったのかは 私にはわからない
ただ この メッセージによって 誤解 捏造が発生したことは 確かなことだと思う

そして 捏造記事 捏造メッセージ 捏造コメントなどで 混乱して 暴言を吐いていたマリアさんも
被害者の一人なのかもしれない

当時 入会1年目のAさん(女性)は アメブロをやっていて 学会員さん Bさん(男性)と知り合う
知り合うとはいっても ブログ上で コメントを交わす程度

マリアさんのブログからすると

NEW !

マリアと彼の事。
マリア=けい、って、初めから知ってたで
このメッセージは、Aがマリアと彼の
悪口を拡散するずい分前。」
と言っているが その あとの 悪口というのが 捏造ではないのか?

マリアさん それは どこから 来たのかを 確認してほしい
どう考えても Aさんも 私も マリアさんの悪口を拡散する必要が どこにあるというのだ

そこへ 枇杷の葉さんからの メッセージ
マリアさんは Aさんが 自分の事を 悪口を言って回っていると勘違いする

私と マリアさんも 過去は コメントや メッセージをする間柄
「真実を語る」にも マリアさんの 体験を紹介させていただいた事がある

その後 マリアさんは Bさんは ある病気なので 関わらない方がいいと 私に 教えてくれた
私は その人がどうのというよりも マリアさんが 関わってもらいたくないのであろうとの思いで
Bさんの ブログは見ないようにした
ある日 マリアさんへの 私からのコメントに 返事がなくなる
私は 何が起こっているか知らないので コメ欄か メッセージに 「言いたいことがあるのなら言えば~!」というような事を入れた
その後 マリアさんは 私をストーカー扱いをしてきたので 私は マリアさんに 関わらなくなった

その頃なのかは知らないけど アメーバブログ 「なう」では こんなやり取りが・・・

[3/4 10:03] >>枇杷の葉 キャアアアΣ(*゚艸゚*)!!!なう速アプリから
  1. 枇杷の葉 昔は乙女 [3/4 09:43] K正会の本部は 埼玉県さいたま市大宮区やで。

  2. マリア 睡蓮 [3/4 08:37]
  3. 法華経やら学会やらとかさ言ってるけどさそれが?どうした?って感じ それ以前の人としてどうよ??

  4. はーい!ネット選挙活動にネット未活を利用するわ〜あせるあせる ミハル〜せら、でぃ コメント みたよ 2

  5. [3/8 13:05] http://s.ameblo.jp/jack-stella/entry-12136945798.htmlうつ病/jack-stellaさん/

  6. [治したい][励ましたい]なんてインチペテン師の詞だよ」

  7. ここで マリアさん 枇杷の葉さん jack-stellaさんが 揃う


その頃だかどうかは 定かではないが Aさんは 法戦活動に頑張り 埼玉の候補者とのツーショット写真を アメンバー限定記事で 紹介
これは 違法でも 何でもない(公明党本部で確認済み)
それを としこmamaさんは 違法だと言い張る
登場人物 全員集合
そして アメンバー限定記事の写真が 流失

枇杷の葉さんは Aさんから アメンバーを外される
その後 としこmamaさんは Aさんのアメンバーになる

さぁ 犯人は誰だ?
私は 犯人を捜しているわけではない
もう すでに 枇杷の葉さんと としこmamaさんが デマを流した疑惑は 皆さんも知っての通りである

「17. 無題
私が Aさんのアメ限を(Aさんと 直させていただきました)
マリアさんに 伝えたのは 事実です。

しかし、
それによって マリアさんを
たきつけたり 煽ったりはしていません。

それは 一連の マリアさんのコメントを
みれば 明白です。

マリアさんが ご自分の主張を
述べるに、あたり 文証が必要 と
判断し、お伝えしました。


枇杷の葉 返信する

学会では(一般常識でも)個人的に知りえた事は秘密厳守となっている
本当は 私も いただいたメッセージを公表することは ルール違反である
だからこそ 本人に 直接 確かめたかったし メッセージをしたのだ
こんな 単純な話を ややこしくしているのは 誰が 何のために?
疑惑は残る

Aさんは 仕事も 活動も忙しく この様な事はうんざりと思ったのか アメーバーを退会
逃げたわけでも 何でもない
未だに 悪口を言われているが 功徳満開

私と としこmamaさんといえば としこmamaさんが言ったことを 真実かどうか問い詰めると
コメント欄 メッセージなどを閉じ シャットアウト
嘘なら嘘と言えばいいのに・・・
「破壊は 一瞬 建設は死闘」
何を言っても 誰からも 信じられなくなっちゃいますよ

もちろん 私の事を信じない人もいますし アメンバーになれない事もあります
だからといって その人の悪口を言ったり 噓を言ったりは しませんよ
大人ですから・・・

Aさんと 私が知らないところで このように話が作られていたのだ
皆さんも 信じる人を間違えると 大変なことになりますよ
かといって 人間不信は もっと厄介
名前も明かさない ネットの世界

人を見る目を養うためには 色々な人と付き合う事
人はどうであれ 自分は 誠実に生きること
お題目と 善知識で 楽しいネットライフを お楽しみくださいね




[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-12 00:00 | Comments(12)
「イジメのことは、今年観た
届かなかった少年のSOSを見てブログに書いた



それと、子供の頃に自分はイジメと思わずにイジメをしてしまってた
行き場のないストレスを外に向けてしまってたんだよな
ブログにも吐露したけど、犬が好きなのに飼っている犬を虐待してしまい、冷静になった時に自分の犯した行いに泣いてたり、
他人をイジメて人気者になったりしてた
個人的にイジメる側が完全に悪いが、重要なことはイジメを行ってしまう根源だよね
イジメを援護してるわけじゃなくて
だから、海外では倫理で諭すよりも、カウセラーが学校と協力して、そのイジメを行う根源を調べて、それにあった治療するんだよな
例えば、家庭環境が劣悪なら、その家庭から子供を離し里親などに預けて家庭の温かみを感じさせたり
疑似家族を作り治療するのは、凶悪少年犯罪者の治療でも行われてる
大人の社会が歪めば、子供の社会も歪むもんね
親が歪められて家に帰ってきたら、その歪みを自ら解消出来てるならいいが、その歪みを撒き散らせば、子供が歪み、
その歪みを子供は小さいながらも自分で受け止めれば自分自身を壊すし、その歪みを自分より弱いモノに向けば
イジメなど動物虐待などが起きる

善意も連鎖するし、悪意も連鎖する
人間は愚かな行為を歴史的にも繰り返すけど、奇跡もまた繰り返す」

善意が連鎖する社会を作っていきたいと 私は 思う
その思いを nihilさんも 応援していただけますか?






[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-11 07:55 | Comments(4)

おはよう

愛媛の日 おめでとうございます

法華経を「口の唱ふれば其の口即仏」と大聖人。
毎朝晩 仏になれる私たちって 幸せ(o^―^o)ニコ

「人に尽くすことは、自己犠牲ではない。
自他共の幸福こそが、何物にも代え難い喜びとなる」
友人 後輩と 自分自身の成長が 何よりもうれしいですね
菖蒲の花言葉(嬉しい便り) お待ちしてます\(^o^)/

[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-11 07:54 | Comments(5)

つのる思い


(Evelyn Kingsley - To know him is to love him (つのる想い)

今日は 副導師
ちょっと マイクが重いけど 私の大好きな役割です
お題目の声だけが 自慢の私です

「清々しい声の人でありたい。
声には、その人の真の姿がそのまま表れる。
私がお会いしてきた一流の人物は
例外なく立派な声をされていた。
声は人格である。
声は心である。
ゆえに、心を磨き、声を大切にしてほしい。」
(100文字の幸福抄14p)

役職に関係なく 副導師をさせてくれるⅯちゃんに 感謝です



[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-10 00:00 | Comments(8)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ