真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

<   2016年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

アメブロの中で 色々な人と出会い また 新たな試みを 考えている 今日この頃
いかに 不幸な人が多いか・・・
学会家族の中にいると 見落としがちな事を 教えてくださる人達がたくさんいるのです


(Imagine - John Lennon )

せっかく 学会に入会していながら 不幸から なかなか 脱出できない人
自分の心を磨かない人
善知識を持たない人
信じるものを 間違っている人
どこまでも 慈悲の心で お題目を送りましょう


(お月さまの願い  作詞 山本伸一(池田大作先生) 作曲 野田順子さん )

そうだ!
今月の座談会の歌
お月さまの願いを リクエストしてみよう
協議会は 広布部員会で今週はなかったから 次の月曜日に!





[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-09 00:00 | Comments(4)

書類の整理

まぁ 懐かしいものが・・・

1998年2月9日
入会おめでとうございます
バカボンパパの 「新しく入会される皆様へ」の しおり

2000年 12月3日
21世紀初代ブロック長
東京創価学会より

2004年11月18日
創立80周年へ 地域広布の太陽と輝く
ブロックの白ゆり長であることを証します
創価学会婦人部

「健康」の袱紗

2005年7月14日付け 聖教新聞

新聞が活字文化の黄金柱に
古き王朝を終わらせたのは
ヴェルテールでもルソーでもない。
それは 新聞であった!
(ナポレオン)

新・『新・人間革命』 民衆城 43
ロンドン事務所の開所式で
「正義は必ず勝つとの確信をもって、仲良く、団結して、進んでいってください」
(まだこの頃は 2段に分かれてました)

「いよいよ始まった 宗門の四分五裂(しぶんごれつ)
悪党は自滅する
どしうち(同士討ち)出来すべし ただどしうちばかりなり」

バカボンパパの 原稿も何点か・・・
また 機会があったら 載せますね(o^―^o)ニコ









[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-08 00:00 | Comments(9)

おめでとう

やったね!
私もうれしいよ(o^―^o)ニコ

こんな気分






[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-07 00:00 | Comments(11)

昨日は

指田さんの歌 歌ってきました
店で 幼馴染のお兄さんに会い
帰りに 目の不自由な歌い手さん 
奥さんが 病気の壮年さん
そして フェイスで繋がってる婦人部さんに会いました

こんなに 自分が気にしている人に会えるなんて 今までの人生で なかったよ\(^o^)/
やっぱ お題目って 凄い!


(嘘月)


(バラッド)


(上り電車)

最後は


あ~ 気持ちよかった!\(^o^)/


[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-06 00:00 | Comments(9)

他宗と邪宗の違い

他宗の方々は 学会を攻めることはないし 平和のために 力を合わせることができる
邪宗の輩は 学会員を脱会させることをもくろみ 平和のためにも 力を合わせることができない 
うちの近所の顕正会員は 選挙さえ行かないようですよ
それでも 子供たちがいい子なので お付き合いはさせていただいてますけど・・・
人の輪に溶け込めないのか 自治会にもあまり参加せず 庭掃除も 別の日に 別の場所を一人でやってます
社会に溶け込めないって さみしいですね

学会の中にも いろいろな人がいます
もちろん 私も その一人ですが(笑)いい人ばかりとは限りません
特に アメーバーブログの方と 知り合いになる時は 「なう」 というところを開いて 見たほうがいいですよ
記事と感じが違う人には 気をつけたほうがいいでしょう

学会員さんは どうしても 冥の照覧があるからと いじめられていても 放置してしまう人が多いように見受けられます
いじめられる事は 決して 恥ずかしいことではありません
けんかをすることも 恥ずかしいことではありません
ただ 怨妬だけは 周りからも 感じますからね
ただただ お題目をあげて 仏性を開くしかありません
私も随分 いろいろな人から 悪口を言われているようですけど 痛くもかゆくもありません(笑)
言っている人たちは 電話もできない 会いにもこられない人たちなのですから
ここの コメント欄にすら 来られない人たちです

もし いじめに悩んでいる人
今まで いじめにあっていた人
非公開でも 結構です
話を聞かせてくださいね




[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-05 00:00 | Comments(10)

これって 本当?

「最近のセミナーでは 録音、撮影は禁止と いうのは もとより 内容をSNSで 流さないようにとの注意事項も、あります。
もちろん ブログにも 書かないでほしい、と言うことです。」

でも 言っているのは どこの誰だかわからない ネットの人
ガセネタって事なのかな~?

でも そう言えば 本当に聞いた事あった
関西方面の人から・・・
関西の人は 幹部から 信頼されていないってこと?

もちろん 関東にも 嘘つきさんはいるけどね
でも最近 嘘つきさん 大人しくなったみたい
ただ 信用を失うと 書いていること どこまで本当なのかな~って 疑っちゃうよね
そうかそうか 疑うのは 自分の心
信じていかなくちゃね
現当二世 過去は過去
これからの彼女を 見守りますね
ネットとはいえ 一度縁した人
彼女の これからの 幸せ 祈ります

[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-04 06:56 | Comments(15)

本当の戦いは

事なかれ主義 無慈悲 小慈悲 慈悲魔 折伏精神のなさ
臆病 惰性 傲慢 増上慢 惰眠 
そういう自分との 戦いなのだ




[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-04 00:00 | Comments(8)

ひらがな御書という使命

『「宗教の目的」は何か。「自他共の幸福」であり、「民衆の幸福」です。「世界の平和」です。
そのために民衆一人一人が賢明になり、強くなるしかない━これが 創価学会の創立者・牧口常三郎の揺るがぬ信念でした。
 牧口先生は、投獄された時、真っ先に御書を所望されました。
ご高齢で、食べるものもままならない過酷な環境にあっても、求道心を赤々と燃え上がらせていたのです。
「信心根本」「御書根本」に生き抜く誇りがあふれていました。
 共に獄に入った弟子の戸田城聖先生も 法華経を読み、唱題と思索を重ね、仏とは生命なり」「我、地涌の菩薩なり」と悟達されました。

”このお手紙は私にいただいたのだ””私のために言われているのだ”と、わが身に体して御書を拝していくことが大切なのです。
 牧口先生の御書には「行者とは何ぞや」「折伏」「大願」等々
「仏法を”智解”(ちげ)しようとしてはいけない。”信解”するものだ」と

 早々の同志は、折伏に、個人指導に、広布の戦場には 、必ず御書を携えて戦ってきました。
御書を通して大聖人の魂に触れ、一日一日を勝ち抜いてきたのです。

「自身の生命にある仏と魔との闘争は、決して簡単な事ではありません。
魔に打ち勝つには、絶えず自行化他の題目を唱え、信心をより深く、強くしていく以外にない。」

教学を深めることで、疑問が納得に変わり、「そういうことだったのか」と分かれば、さらに強盛な祈りになります。
御書は192か国・地域のSGIの同志によって真剣に学ばれています。
学会の教学では、御書を身・口・意(しんくい)の三業をもって拝するのです。
「分かることよりも 変わることだ」
「勝利の教学」「信心を深めるための教学」「折伏の教学」「広宣流布のための教学」

 『不幸な人類のため』『未来の人類のため』に働き、人類に善行を致し、人類に勇気を鼓舞し、その眠りを揺り覚まし、
その卑怯さを鞭打つこと」こそ自身の義務であると━ベートーベン

我らの運命とは、誉れの創価の同志として、地涌の菩薩の使命に生き抜くこと
人類の幸福を築く広宣流布に生き抜くこと』

(11月号大白蓮華)

ある壮年の 1人立つ精神から始まった ひらがな御書
私の使命の一つは そのお手伝い
誰に悪口を言われようと 誰に邪魔されようと 自分の使命を 貫きゆくことを ここに誓います


[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-03 00:00 | Comments(6)
「『大井町の鰻や』なる人から、枇杷の葉さんブログのコメントを見ましたよ。」(笑)だって~(大笑)

呆れた~!

お互いに スッキリした信心がしたいから 本当の事を教えて欲しいだけなの
嘘 デマは いじめにならないの?
晴れの結婚記念日に 申し訳ないんだけど( ^ω^)・・・
私も 性格 しつこいんだ~
でも ハッキリすれば スッキリするのは早いよ
いつまでも こんな事やっていたくないんだ

11.18まで あと 16日
としこmamaさん よろしくお願いいたします
返事が欲しいだけなの

それとも 私が 間違っているの?
誰か教えて~~~~~~!

ちよは 間違えていないと思う人は
ここをクリックしてください
よろしくお願いします
   ↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-02 07:38 | Comments(8)

行ってきたよ

朝 千早さんから メールが来て 知りました
この会場は 学会の展示会でも よく使うところ
最近では 先生の写真展
女子部の頃は 宇宙展
スタッフは NASAの 本をいただきました

流石 視覚障害者向け総合イベント
エレベーターホールから 点字がついていました

42の団体 会社が出展
時間によって 盲導犬の体験もあったようです

楽しかったのは パナソニック
しゃべる オーブンレンジ
触るところは 点字付き
点字のシールが売っていたけど 必要ないかな~?

たくさんの方が おみえになってました
帰りに お一人様が ぎこちない歩行
思わず 声をかけました
タクシーで帰るというので 止めて差し上げました

ちょっと 困った事
普段は 杖の反対の手で 腕をつかんでいただくのですが その方 荷物を持っている
知り合いならともかく 荷物を 持って差し上げるのも 何だし
千早さ~ん
こういう場合 どうしたらいいの~?
分からないので 腰に手をあて 一緒に歩きましたけど( ^ω^)・・・
無事 タクシーに 乗せられたので 良しとしましたが\(^o^)/




[PR]
by tomotiyoo | 2016-11-02 00:15 | Comments(13)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ