真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

<   2017年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

表装に行ってきた

表装とは
母のご本尊様は 日達上人のご本尊様で 私が子供のころ お受けしたものだ
御形木になる時 とっても寂しかったことを憶えている
それから 40年以上
もう お巻きすることができない

個人会館にした時 母のご本尊様を 仏間にご安置したかったのだが 母は 自分のものだと言って 最後まで自分の部屋にご安置した
私は 新会員さんに ご本尊様の話をする時 日達上人の方がお文字が見やすいので 母を説得した
しかし 母は 頑として聞かない(私の頑固は 母譲り?)
私は 無慈悲だな~と思っていた

日達上人も 晩年は どうだったのかは 知らない
でも 私も28歳まで 母は 亡くなる1か月前まで このご本尊様に 祈ってきた
そして 願いを 叶えてきた

母が 残したもの
それは 交友関係だ
区議さんが 言っていた
お母さんは ハッキリした人でした
そして 路地裏から 路地裏まで 私を案内してくれました と・・・
私が それを継いで 初陣の戦いです
新たな挑戦 楽しいです
まずは 祈りから

ご本尊様 新しくなって 2月10日に 帰ってくる予定です

[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-27 01:05 | Comments(7)

出てきた 出てきた!

昭和41年10月13日
会長就任 7周年記念
多分 師弟会館じゃないのかな~?
先生を中心に 壮年部 婦人部の2枚の写真

まだ 父も 母も 見つけてません(笑)
200人ほど いそうです

昭和50年 6月21日 万野原会館研修会記念
どこだ~?(笑)
父の写真です

4.14指導部の日
14周年記念勤行会 63年4月24日 文花本部
今は 指導部もないけどね

おめでとうございます
平成9年10月26日
今 うちにある仏壇の前で・・・
金剛堂さんで 買ったので 写真を撮ってくれました
引っ越しの際 バカボンパパの 仏壇と交換し バカボンパパの仏壇は 今回不要になったので Tちゃんが もらってくれました
そのあとすぐ Tちゃんから電話が
「千代子さん 大変だよ~
仏壇の引き出しに 大事なものが入ってたよ~」
取りに行ったら 母がいただいた 創価栄光賞のメダルが・・・
間違えて 処分しなくて よかった~

赤鬼の仏壇さんは たまに ブログに遊びに来てくれますが・・・


[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-25 00:00 | Comments(20)

リレー唱題します

の ハピちゃんのコメ見てね

というわけで 1月 28.29日 
日時が決まった人 教えてね

私は 28日 大誓堂なので 行けない人の分まで 誓って 祈ってきます

タスキを繋いでくれるのは あなた!(^^♪

[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-24 11:56 | Comments(12)

2月度座談会御書

みょういちあまごぜんごしょうそく
妙一尼御前御消息 

けんじがんねん 5がつ 54さいおんさく

建治元年五月 五十四歳御作

ほけきょうを しんずるひとは ふゆのごとし ふゆはかならず はるとなる

法華経を信ずる人は冬のごとし冬は必ず春となる、

いまだ むかしより きかず みず ふゆの あきと かえれることを
いまだ昔よりきかず・みず冬の秋とかへれる事を、

いまだ きかず ほけきょうを しんずるひとの ぼんぷと なることを
いまだきかず法華経を信ずる人の凡夫となる事を、

きょうもんには 「にゃくうもんぽうしゃむいちふじょうぶつ」と とかれてそうろう
経文には「若有聞法者無一不成仏」ととかれて候。

とっても 有名で 皆さんも大好きな御文と思われますね
私が ここで 大事だと思うのは 「法華経を信ずる人は」 って事ですね
残念ですが 信じていなければ ずっと 冬の人もいるって事です
私も 自分自身を信じられない時期が 長くありました
本当に 春が来るのだろうかと 思った事もありました

ただ ボサーっとしているだけでは 心の春は来ないんです
自分にできる事 一つでも やってみましょう
自分にしかできない事 探してみましょう

そういう心のある人に 春は必ず 訪れます
その人を 私は 全力で応援したいと思うし ここに集まる友人には 一緒に応援していただきたいと思う
あくまでも 信心とは 自立すること
他力本願 さようなら
不信も さようなら

「難を乗り越える信心」で 自他共の幸福目指していきましょうね



[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-24 00:00 | Comments(10)

あれから1年

皆さん いかがお過ごしですか~?
未だに 反対!と 叫んでいる人がいるようですが 新しい事をするときには 
必ず反対する人出てくるものです(笑)
したくないなら しなければいい
ただそれだけの事ですね

絶対ダメだとか 先生からのご伝言は 嘘 だとか 
1年たった 今も 言っている人がいるようですが そんな人は 放っておけばいいのです

祈ったもん勝ち!
私たちは これでいきましょうね

わが地区でも 唱題会は 自由としました
家でやりたい人は 家でやる
家では なかなかできないという環境の方もいらっしゃるので 唱題会は続ける方向で・・・
出席率も いいですよ

お題目の 体験をたくさんつかみ 語っていきましょうね

絶対勝利の婦人部 実践5指針の一つ
生き生きと体験を語る

全国どこでも 先生の指針は 一緒ですね

『「人間のための宗教」こそ仏法の帰結だ。
それゆえ、反対に「宗教のための人間」「宗教のための宗教」というような
転倒した権威主義とは、どこまでも戦わざるを得ない。
希望へ、幸福へ、安穏へ、平和へと、大悪を常に大善の方向へ転じていくのが、現実変革の宗教の証しである。

目の前の一人を、親身になって蘇生させていく。
一人の宿命転換の劇に、最高の善知識として関わっていく。
「一人」を励まし育てることが、世界の広宣流布を築く一歩だ。
否、世界広布といっても、「一人」が幸福になるかどうかで決まる。

創価学会には、いかなる大難も私と共に勝ち越えてきた、勇気と誠実と忍耐の英雄が無数にいる。

「仏法は勝負」である。
ゆえに、戦い勝たねばならない。
戦うことが「後継」だ。
勝つことが「報恩」である。』


先生と共に 全ての同志(とも)と一歩前進を!



[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-23 00:00 | Comments(14)

心地よい疲れ

昨日の パートナーは 高等部の時の後輩
彼女は イギリス留学経験者
ハッキリした性格
一緒にいて 心地よい\(^o^)/

まずは 調布駅から 彼女の友人宅へ
迷いながらも 着いたものの そこにはもう住んでいず・・・
バスで 深大寺に向かう
おそばを食べて(母が 食べられなかった とろろそば)例のお姉さんのところへ
今川焼を 買って おんなじとこばっかり来ちゃだめよ~なんて冗談を言われながら
お姉さん依存症みたい なんて話して・・・

前回 お留守宅に行ってみたが 今回もお留守
また バスに乗って 前々回行ったところへ
ポスターが 何枚か貼ってあるお家へ・・・
もうこの辺は 周ったんですよ~
ちょっと 雑談して あまりしつこくなっても・・・

そうだ!
練馬を 兵庫の友人から 頼まれているんだけど・・と 彼女に話すと
もう何年も行ってなくて 気になる友人がいるの
じゃ~行こうよ って事になって 新宿からJRに乗って 池袋へ
記憶をたどって 見つけたが 以前は3階建てが 今は5階建て
どこも 表札はなく 斜め前の家に ポスターが何枚か・・・
感じが 以前 販売店をやっていたような 家の作り
聞いてみるが 分からず・・・

少し先まで行ってみると 今度は 美容室にポスターが・・・
あちらに越したのよ と 教えてくださった

ピンポーン
あら~ 久しぶり~
話が弾み 先ほど行った調布の方の話題に・・・
彼女 再婚して 調布にいるよ~
え~! 住所分かる~?
というわけで 最後の最後 調布の住所がわかりました

とっても 楽しそうで これだから 法戦 やめられなね~!と
今回は 連れて行ってもらった感じで 彼女のイギリスの話も じっくり聞けて 楽しかったですよ

日本は まだまだ 甘いよね~
だから 海外は 功徳が出るのが早いって 話になりました
求道心を燃やして 自ら求めないと 海外では 活動できないんですね
勉強になりました

[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-22 00:00 | Comments(15)

最期の新聞啓蒙

葬儀の前に 私の留守中 母の友人が お線香をあげに来てくれた
バカボンパパも 知っている人なので しばし お話をしたようだ
その中で 一人の方に 「お母さんに 新聞頼まれてて いいよ!って 返事したのに ちっとも来てくれないから どうしたかと思っていたら 入院してたのね~」って 言われたそうだ

締め日が近いので その方に電話をして 確認を取って 母の最期の新聞啓蒙ができました
もちろん 母の地区の方も 喜んでくれましたよ

母を追い越すのは 難しいな~!
でも 母の年まで あと36年ある(笑)
少しづつでも 前進!



[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-21 00:00 | Comments(20)
『新・人間革命』で 書かれている十条さん
まだ ファミリー券が出ている時代に 今は亡き 私の先輩が 本部の新年勤行会へ連れて行ってくれた時 お会いした
元 旦那さんが 内徳信仰の時だったと思う
師弟会館だったかな~?(今の 大誓堂の ご本尊様が ご安置してあった場所かな~?)
北条さんが 私たちの横を通り 退場する際 私の先輩は「彼はまだ 未入会なんです」と 私の彼を紹介した
北条さんは 握手をして「ご本尊は 絶対だよ」と 一言激励をしてくださった

今は 学会員さんも 聞き分けが良くなったのか ルールに縛られている人を 多く見受けられる
地方の座談会で こんなことを言っていた人がいた
「券が無い人は 行ってはいけない と言われて 私たちは行かなかったんだけど 行った人がいっぱいいたから
先生は 勤行会を 何度もやってくださったんだよね」と

私も そういう経験がある
どっちがいいかは 一概に言えないけれど やっぱり ここは 求道心なのかな~? と
もちろん 普段の行いが大切ですね
行きたい会合があったら 祈ればいい
行けなかったとしても 行けた方以上に 歓喜できますよ
これは 私の体験だけど・・・\(^o^)/

当時 先生の 思想 行動には ついていけない幹部も 大勢いたのかな~?
先生は 未来部や 青年を 大切にする
それは 未来を託す人だからという事もあるけど 若い人は 真っ白だから いいものをどんどん吸収できる
年と共に 心に垢がついていると なかなか 吸収しにくい
我々青年は 蓮華のように泥沼の中で 泥に染まらず 真っ白な花を咲かせていきたいと つくづく感じた次第です

ポチっとしていただけると ちよちゃん 喜ぶ~\(^o^)/
ハピちゃんの 真似してみました(大笑)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-20 00:00 | Comments(19)

素晴らしき人生

「負けない自分を創るために 私は走る!
負けないことは 勝ったことだ!
目に見える勝って喜ぶ人生よりも 
目に見えない 負けない人生のほうが 深く長い喜びがある」

「感謝の心は美しい
みずからに縁した人を
大事にしていこうという
心の余裕が 人生を豊かにする 美しくする」

「何も束縛がないのが「自由」ではない
何があっても揺るがない信念を持つ
そこに「自由」はある」

写真を見せられないのが 残念ですが 先生の言葉は 独り占めしてはもったいないと 思うので・・・


[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-19 00:00 | Comments(13)

宿命転換

戸田先生の指導が 心にしみます

[PR]
by tomotiyoo | 2017-01-18 00:00 | Comments(10)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ