<   2017年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

もう 読んだかも~ だけど・・・

今更だけど 分かりやすい

なんてったって 上手に コペピ? コピペしてるじゃ あ~りませんか?
分かってないと コピペも できませんよね

なんてったって 体験が一番
ハピちゃん 変わったな~(o^―^o)ニコ
ランキングまで 追い越しちゃって 嬉しい限りなのだ(o^―^o)ニコ (o^―^o)ニコ

魔は天界に住む
これだけ 気にして~(笑)
元喜 勇気 やる気!

今日は 車 見てくるね~!

[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-17 00:00 | Comments(17)

お題目の応援ありがとう

入決取れたって~!
おめでとう
本流まで 祈るよ!


(DIAMANTES / 勝利のうた)


[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-16 08:00 | Comments(10)

ちょっとおじゃまします。(3Jさんより)

ちょっとおじゃまします。
題目と同じに大事なこと書きますね。ここをお借りします。
末法に入り、それまでは、久遠元初の起点は、内裏にあった(久遠実成の起点は、外面の表にあった。)のが、南無妙法蓮華経 を表されることにより、逆転し、久遠元初の起点は、外面の表となりました。
また久遠元初の起点を顕すのは、凡夫です。
・それまでは、上行菩薩のお姿でありましたが内証、つまりお心は、久遠元初の自受用報身のお命が脈々と息づいておられました。
竜の口で、発迹顕本されます。久遠元初の自受用報身如来のご本仏のお姿を。言わなくても誰だかわかりますよね(^o^)。
・ご本尊は、(文底独一)本門の本尊。法として最上にして、衆生凡夫に科学反応というより、仏界湧現の生命反応を起こさせる、どこまでも尊き報恩感謝の尊形 であらせられます。(真諦俗諦は、御書p787)真諦俗諦で、是法として、迹門不変真如(の理)のお立場にあえてなられます。(そこに重要な意味があります。)が、私達は、尊き本門の本尊としての気持ちは、変わりません!
(長野県)白馬に住まわれる方は、俗諦真諦の本迹で蔑み、将来、ご本尊は要らなくなり、なくなるとまで言われています。
俗諦に本門(正念場)としての重要性があります。 凡夫のままで成仏することが、主眼だからです。
事の仏法ですから、名字即が、本です。そして顕本は、本中の本です。信心により、生活、社会が良くなっていくことが、本なのです。
ただ単に俗諦と真諦を比較して、本迹を言っているのではありませんよね。
そこに重要なことがあるからです。さらに言いますと、核心の要は、現実において衆生凡夫が、信心根本に戦っている俗諦が、本門です。
信心根本に戦い勝利する姿、信心根本に戦い現実変革する姿、末法に入り、それまでは、久遠元初の命は、内側裏側(久遠実成は、外面の表にありました。)にあり、誰も知りませんでした。
南無妙法蓮華経が表されたことにより、久遠元初の命は外面の表となりました。
関係性は、迹表本裏から本面迹裏。

それまでは、上行菩薩の振る舞いのお姿でありましたが、内証、つまりお心は、久遠元初の自受用報身如来のお命が脈々と息づいておられました。
竜の口で、発迹顕本されます。久遠元初の自受用報身如来のお姿を顕されました。
ご本尊は、(文底独一)本門のご本尊。
法として、最上にして、凡夫に仏界湧現の生命反応を起こさせる尊き報恩感謝がつきないご尊形であらせられます。
・真諦.俗諦について。(御書p787)真諦、是法として、十如是は究極するところご本尊を示していますと言われるように、迹門不変真如の理のお立場にあえてなられます。(そこに重要な意味があります。)
しかし、最上の法としての尊き本門の本尊として変わりません!
(長野県)白馬に住まわれるその方は、真諦の迹門として、蔑み、将来、ご本尊は、要らなくなり、なくなるとまで言われています。
まったくそんなことはありません。俗諦に本門(この本門は、まさに宿命転換の正念場です。)としての重要性があります。
凡夫のままで成仏することが主眼だからです。
事の仏法ですから、社会生活で勝利していくことが、本です。信心により、生活、社会が良くなっていくことが本なのです。
核心の要は、現実において衆生が、信心根本に戦っている姿、それが俗諦であり、本門です。
信心根本に戦い勝利する姿、信心根本に戦い現実変革する姿、信心根本に戦い、願いを成就させていく姿が本門です。
白馬に住まわれるその方は、衆生の心は本来、仏の、その心の本意まで捉えきれていないと見ます。
その方の解釈は、その心の本意とは、雲泥の差があります。大海がなければ波は起きません。
その所持している)法が尊ければ人も尊いですよね。
戻りますが、それもこれも所詮、ご本尊に題目をあげることから始まり、題目をあげるからできることですよね。
久遠元初の命を顕すのは、凡夫です。長々とすみません。
みなさんどうか惑わされず、わからない事は、地区地域の責任者に聞かれることが、一番正確です。」

「(長野県)白馬に住まわれるその方は、真諦の迹門として、蔑み、将来、ご本尊は、要らなくなり、なくなるとまで言われています。
まったくそんなことはありません。」
3J さんは ここを読んでくださる方々に 惑わされないようにと言いたかったのですね
白馬に住まわれるその方って そんなに 影響力があるのかな~?

ネットは デマ 嘘 批判で いっぱいです
読む方の 事故責任の下 楽しいネットライフをと 思います
私のブログの中で 間違えた事を言っている場合には 遠慮なく ご指摘ください
但し 私の生き方 やり方を評価されても困ります
私は ご本尊を信じ 信行学をしっかりやり 先生の弟子として 折伏をしたい
そして 友情を繋げていきたいだけですから・・・

[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-16 00:00 | Comments(7)

自由葬

勤行・唱題 焼香 儀典長あいさつがが終わって

本日は お忙しい中 母 〇〇 〇子のために お集まりいただいて 本当にありがとうございます

母は 私と違って おしゃれな人でした
花が好きで 歌が好きで 笑うことが大好きでした
そんな母の事を思い 服装も自由でいいのではないかと あえて 自由葬とさせていただきました

私が 母の家に行くには 踏切を渡らないといけません
そんな時 思い出すのが 母が好きだった 私の作った歌 踏切を超えてです
ご存知の方は 一緒に歌ってください

(地区総会で 発表した時のⅮⅤⅮを流し 当時の地区の方も 歌ってくれました)

母の遺品を整理していると 聖教新聞の切り抜きや 信仰体験の原稿など 色々でてきました
その中に「娘のちよは お母さん 病気でもボケでも 3日は見てあげるからね
これでは うかうかボケてもいられません と書いてありました
私は 年老いた母の手を どうしても引くことができませんでした
それでも 去年の 11月20日 私の誕生日に 母の手をひいて 我が家に招きました
母は 私が鬱になった時から 私の誕生日には 毎年 何が欲しい?と 聞いてくれました
去年だけは どうやら 忘れていたようです
そして 次の日 シルバーカーを忘れたのか 買い物に行く途中 転んでしまい 大腿骨骨折
〇〇さんをはじめ 近所の方には 大変お世話になりました
手術も成功 歩く練習も始め 12月25日ごろ 退院の予定でした

しかし 医師からは 心臓もだいぶ弱っているし 誤嚥性肺炎を起こしかけていると 話がありました
12月23日 私の友人が 花をもってお見舞いに来て下さると 母は クリスマスはどうするの?と私に聞きました
何年か前 圧迫骨折で入院した時の事を思い出したようで ここは にぎやかなんだよ と話していました
クリスマスカードや クリスマスソングが ベットのわきに置かれていました
面倒見の悪い私は 入院が延びてかえってよかった と 安心しました 
バイバイをして そのあとは 眠っている事が多くなりました
ひ孫たちが来た時も寝ていて ちっとも起きなかったようです

翌日の午前2時ごろ 病院から 電話があり その時は まだ息があったのですが 私は よく頑張ったね
もう いいよ ありがとう と 声をかけました
母は 常々言っていました
延命治療もいらないし 夕日のようにパッと輝いて この世を去るんだと
そして その日の 午前9時ごろ 息を引き取りました
見事な 最期だったと思います
ダメ娘の 私のために 箪笥の奥から別の封筒で 姉の名前と私の名前で 本部にもっていってくださいと わずかですが お金が入っていました
最期の ご供養も しっかり残していた母に 本当のご供養の精神も教わりました
入院したのが 私の 誕生日の翌日 亡くなったのが 姉の誕生日の翌日
補聴器も 結局は 新しいものも買わず 
お供えのお餅も 買わなくていいと
そして 新年も我が家で・・・
すべて 母の計画通りの 最期だったのかと 不思議に思ってしまいます

葬祭ホールのご厚意で 私の望みであった 母との時間を 1月5日まで伸ばしていただいて 姉 兄 親戚 友人たちと 母とで一緒にいることができました
お題目で母との対話もできました
やっぱり 最期は 感謝しかありません
母が 人と人とを 繋いでくれているのだと 今更ながらに 母の娘でよかったと 嬉しく思っています
きっと 母も ここに来てくださった皆様の事 大事にしてほしいと思っていることでしょう
そんな母のために 池田先生が作ってくださった 母を一緒に歌ってください

全員で 合唱した後 花入れをして 火葬場に向かいました

後日談ですが 葬祭スタッフの方が やっぱり題目なのかな~?と 語ってくださっていたようです
母に 負けないように 頑張らなくっちゃね(^^♪



[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-15 00:00 | Comments(12)

1月度 御書大学校

去年に引き続き 世界を照らす太陽の仏法を学習

まずは 替え歌

(ソルティー・シュガー/走れコウタロー(1970年))
走れ 走れ 走れ墨田~!と・・・
皆さんで歌いましょう との 声もかからないのに 
みんなノリノリで 歌っていたよ(o^―^o)ニコ
年がばれるね(笑)

活動報告では 目黒出身の方が 登壇
「目黒」という地名と共に 溜息と 盛大な拍手が!

講義は 全国副書記長
先生は 1月3日 大誓堂で寒くなるので風邪などひかぬようにと 題目を送ってくださったそうです
ヨーロッパでは人間としてどう生きるかを模索しながら 孤独を感じているという
当時、東大総長の南原茂博士が「人間革命」の必要性を訴えていたようですが 森中さんが 著書を読んだそうですが 結論はなかった と
シンガポールの会館では 朝の9時から 夜7時まで 自由唱題が行われているそうです
あとは 皆さん 読んでくださいね
不軽菩薩のところ 大切なことが書いてありますね
気づきと 真の寛容 目指していきます

[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-14 00:00 | Comments(11)

祈りは必ず叶う!

昨日 母のうちの ゴミ出しに行った帰り 何年かぶりに見た顔
「あら~ 元気そうでよかった!」
「母が 入院しているので 具合悪い何って言ってられないの
〇〇さん(私の母の事)は 元気?」
「去年の暮れに亡くなったの」
「え~ 嘘でしょ?全然知らなくて・・・」
「いいの いいの お母さんことで 大変だもんね」
「私 追善のお題目 送らせていただきます」
「ありがとう またね~」
彼女と会うのは 5年ぶりでしょうか?
鬱で 大変だった子でした
少し元気になった時 私の体験は いっぱい話してね と言ってくれた
病院で 処方される薬が たくさんあって 副作用で 体はいつも斜めになって よだれが出ている事もある
玄関を入ると 薬のにおいがする
そんな彼女が 新聞啓蒙をするまでになっていた
いつも 気になってはいたんだけど お母さんが 私と会わせることを 嫌った
そして 5年以上が過ぎていた
1日たりとも忘れた事はない
毎日 祈っていた
やっぱり ご本尊様は 凄い!
また 確信を 一つ掴んだ

[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-13 00:00 | Comments(28)

最期の折伏

母が 亡くなって2週間
昨日は 久々に 早朝の同盟をした
喧嘩ばかりのハピちゃんが 年末 わざわざ 東京へ来てくれた
私は 支配欲が強い

(大楠公 )
早く生いたてと まくしたて(笑)さぞ辛い思いもしたことでしょう
辛い食べ物が好きな私たち
今年も辛口でまいります\(^o^)/

ともかく 母が 繋げてくれたたくさんの絆
感謝の気持ちで これからも繋げていきたいと思います


[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-12 00:00 | Comments(11)

母の切り抜き 社説より

『入信以来二百五十九世帯の個人折伏をやり切ったある草創の先輩が折伏にあたって心がけてる点

1.相手を知る事
一方的に話をするのではなく、徹底して”聞き役”にまわり、その人の人生観や宗教観をよく知る。

2.悩みがあっても入信に踏み切れない障害
心のバリケードは何か、を知る事。

3.何よりも大切なこととして、つね日ごろから心ゆくまで、題目を唱え、たえず満月のような生命力をたたえておくことだと語っている。

小泉隆参事も「入信するしないは相手の勝手。
真心込めて自由自在におやりになった方がいいと思います。楽しくね。
自分のこの喜びを人にも味わってもらいたいというのが折伏ですからね」と』

折伏は 本当に楽しい!
実っても 実らなくても・・・
でも どうせやるなら 実らせたい
実るまで 祈り切る
慈悲に変わるのは 勇気だから ネッ\(^o^)/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-11 00:01 | Comments(14)

ハピちゃんブログ



[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-09 21:06 | Comments(8)

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


3度目の正直
今回は やめるなよ
頑張れ~!

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



[PR]

by tomotiyoo | 2017-01-09 07:50 | Comments(9)