<   2017年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

禿隠し

葬儀の時 しきみは喪主だけにして あとは 生花にした
棺に全部 入れてしまったので 葬儀屋さんが サービスでオアシスに入れて 仏壇に飾ってくれた
しきみは 強い
一時期は 葉が延びてきて まるで 緑のアフロへアーのようだった
ひと月以上たつのに まだ 元気だ
しかし 場所によっては 葉が落ちてきて はげて見えてきた
後ろから 元気な葉を 前に植え替え まるで禿隠しだね と言って 笑った
バカボンパパの 頭の話ではないので あしからず・・・

[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-19 00:00 | Comments(7)

鬼の目にも涙 (妙一尼御前御消息)

ひらがなは ここ
そして 昨日の座談会で Sさんが 講義してくれた事

「最後のところが 感動しますよ」 と

力あらばとひまひらせんと・をもうところに衣を
ひとつ たもぶでう ぞんがいの しだいなり ほけきょうは・
一つ給ぶでう存外の次第なり、法華経は
いみじき おんきょうにて おわすれば もし こんじょうに・
いみじき御経にてをはすれば・もし今生に
いきある みともなりそうらいなば あまござんの いきて・
いきある身ともなり候いなば尼ごぜんの生きて
おわしませ もしは くさのかげにても ごらんあれ おさなき・
をわしませ、もしは草のかげにても御らんあれ、をさなき
きんだちらをば かえりみたてまつるべし・ 
きんだち等をばかへり見たてまつるべし。

「衣をいただいた 恩を忘れず もし 妙一尼御前が 亡くなったとしたなら 私が 妙一尼御前の 子どもを みてさしあげましょう と」
大聖人様の どこまでも 弟子を大切にする心に 有り難くて 有り難くて  涙がポロリ

みんなの活動報告もよかった
とみちゃんは 鳥取の友人からの電話で 地元で新聞をお願いされたんだけど どうせなら とみちゃんから 取りたいって・・・
みんな おぉ~と 拍手!

Tちゃんのうちの ちーちゃんも おかかが 食べられるようになりました
今月も いい座談会だった(^^♪




[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-18 00:00 | Comments(7)

詩人の集い


(創価合唱団「散る桜」作詞山本伸一(池田大作)、作曲杉野泰彦 )
午前8時の彼を 先生と共に 祈りたい

[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-17 00:00 | Comments(15)

自然治癒力が 一番!

結局 生命力にはかなわない(^^♪
私も 薬で死にかけた
明日は バカボンパパ 胃カメラの予定だったけど やめた
この胃カメラは 食欲不信の原因を つきとめるものだった
食欲が戻った
なら 必要ないんじゃない?
看護師さんも 納得してくれた
早期発見 早期治療が 大切だけど 必要のない 薬 検査は かえって危険
病院に行って インフルエンザにうつらないようにね~
お医者さんと相談して 賢くいきましょう!


[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-16 00:00 | Comments(17)

久々に 名言集

なかなか難しいけど 顔晴る!

[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-16 00:00 | Comments(0)

太陽会

昼間 活動できる 壮年部の集まりである
昨日は バカボンパパも 出席
「黄金柱の誉れ」を 読みあって 発言したそうだ

p24 「もちろん、人生には、仕事を優先させなければならない時もある。
体調を崩している場合には、休養も必要であろう。
しかし、生涯が仏道修行である。
いかなる状況に置かれようが、信心に後退があってはならない。
いささかでも、退く心があるならば、”身は落ちねども心は落ちている”姿と言える。
 大聖人は「月月・日日につより給へ・すこしもたゆむ心あらば魔たよりをうべし。(御書1190)と仰せである。
 ほんの毛筋ほどでも、後退の一念、怠惰な心、臆する気持ちがあるならば、そこにがつけ入り、信心を狂わせ幸福の土台が破壊されていくのである。」

バカボンパパは 自分の今回の体験を通し
「死魔が来たら そんなに 祈れるものじゃないよ
風邪こじらして 肺炎になっておっちぬのが 年寄りのパターンだよ
俺もそうなるところだった~
信心どっかに すっ飛んじゃって 他の人の題目で 助かった~」だって
担当幹部のSさんは 「年を取ったら 内臓だって若い人みたいには丈夫じゃないから 仕方ないでしょ」と フォロしてくれたそうです

でも 地区部長の久下ちゃんには感謝です
前日の 協議会で 「明日の太陽会 お父ちゃんに言っといてよ」 って言ってくれた
普通なら お大事に~ってとこなのにね\(^o^)/
久下ちゃんも 脳梗塞 胃がんを乗り越えているんです
やっぱ 体験のある人には 敵わないね

そうそう 病院での バカボンパパの わがままぶり
病気だから仕方ないと言えばそれまでだけど・・・
布団が重い 俺のを 持ってきてくれ
寒いから 布団乾燥機をもってきてくれ
ベッドが狭いといって 柵は外しちゃうし・・・
病院の寝間着は 苦しい スエットをもってきてくれ
4人部屋で ほとんど一人
携帯は 病室禁止なのに かけてきて 看護師さんに叱られる
あきれられてましたよ~
いかに 普段 わがままか 分かったでしょ?って言ったら 看護師さんは お前と違って優しい だって~(笑)
トイレに行くのも おぼつかない状態だったのが わずか5日で退院
看護師さんも びっくりですよね

世の中は 結構 お金持ちの人が多いのね
あとから 二人 入院してきた方がいたけど 個室がいいって いなくなっちゃった
もしかして 私たちが嫌だった~?(笑)
おかげさまで 4人部屋 ほとんど個室状態
広々 ゆっくりできました

退院の日は 夕飯の用意もしてなかったので 天丼セットを 出前でとりました(^^♪
残してたけど 食欲は 戻りましたよ
元々食べ過ぎる人なので 少し 胃が小さくなればいいな~って思ってたので 私の思うつぼです\(^o^)/

明日は 表装された ご本尊様を 取りに行く予定です
本当に お題目の応援 ありがとうございました
バカボンパパも 感謝でいっぱいですよ(^^♪


[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-15 00:00 | Comments(21)

母が 繋いでくれた 縁

この時のお礼に 色々あってなかなか行けなくて 日曜日 やっと行ってきました
その時用意してあった ほんの気持ちのお礼は バカボンパパの 燃えた車のトランクの中
中身は 何ともなかったけど 包装紙が きな臭い(笑)
そんなわけで 家で 全部食べちゃいました(大笑)

仕切り直して お礼に・・・
母と とろろそばを食べるはずだった お蕎麦屋さん
わが区の区議の 大のファンだそうで 近所で個人会館をやっているうちの故人が 大好きだったそうで・・・
何か 区議に頼みたいことがあると・・・
早速 区議に繋げました

この区議さん
神戸の市議さんと 繋いでくださった方なんです
この区議さん
母の死を知って すぐに来てくれました
お母さんは ハッキリした方でした
下町の 路地から路地を 1件1件 くまなく案内してくれましたよ
もう 随分お亡くなりになられた方も いらっしゃいますが・・・
京島を あれだけ歩いてくださった方は お母さんほどいません って
有り難い言葉をかけてくれました

そのあと お好み焼き屋さんへ行き お会計の時にお礼を・・・
そんな事はしなくていいのに 当たり前の事をしただけよと
いえいえ 当たり前じゃなく 有り難いんです
母と お礼に行こうねって 話していたけど 来れなくなっちゃったんで (´・ω・`)ショボーン
〇〇さんと(母の白ゆり長さん)同級生なんですってね~
いえいえ 私が 2つ 後輩です
手術も成功して 元気になったって 聞いていたのに 残念でしたね
いや~ もう 93歳だったし・・・
え~っ(お二人声を合わせて)93歳?
じゃ~ね~(仕方ないわね~ 心の声)
そうなんです 目もかなり悪くなっていたし 心臓も・・・
結局 誤嚥性肺炎でした
年には 敵わないって事ですね
皆さんに よくして頂いて 母 本当に幸せだったと思います (`・ω・´)シャキーン!

本当は バカボンパパと 一緒に行くはずだったけど お付き合いいただいたのは
お題目で 旦那さんと 仏壇をゲットした


2つ目の嬉しい出来事の方です

かっこちゃんも 地元をくまなく歩く人
そう感じてます
もんじゃ食べに 一緒に行こうね~!



[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-14 00:00 | Comments(20)

皆さんの お題目 凄いな~!

実は。。。

今・・・

退院してきました~

早く伝えたいので 詳しくは コメ欄で

本当に 本当に ありがとうございます

「感謝で いっぱいなのだ~」by バカボンパパ

[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-13 17:05 | Comments(11)

法華証明抄

ほっけしょうみょうしょう
法華証明抄

ほけきょうのぎょうじゃ にちれん かおう

法華経の行者 日 蓮 花押、


また このもの ちゃくしとなりて すすめぬに しんちゅうより しんじまいらせて 

又此の者敵子となりて人もすすめぬに心中より信じまいらせて・


じょうげ ばんにんに あるいは いさめ あるいは おどし そうらいつるに

上下万人にあるいは・いさめ或はをどし候いつるに・


ついに すつるこころなくて そうらえば すでに ほとけに なるべしと みえそうらえば

ついに捨つる心なくて候へば・すでに仏になるべしと見へ候へば・


てんま げどうが やまいを つけて おどさんと こころみそうろうか

天魔・外道が病をつけてをどさんと心み候か、


いのちは かぎりあることなり すこしも おどろくことなかれ

命はかぎりある事なり・すこしも・をどろく事なかれ、


また きじんめらめ このひとを なやますは つるぎを さかさまにのむか また たいかを いだくか

又鬼神めらめ此の人をなやますは剣をさかさまに・のむか又大火をいだくか、


さんぜじっぽうの ほとけの だいおんてきと なるか あなかしこ あなかしこ

三世十方の仏の大怨敵となるか、あなかしこ・あなかしこ、


このひとの やまいを たちまちに なおして かえりて まもりと なりて きじんの たいかを ぬくべきか

此の人のやまいを忽になをして・かへりてまほりとなりて鬼道の大苦をぬくべきか、


そのぎ なくして げんざいには ずはしちぶの とがに おこなわれ 

其の義なくして現在には頭破七分の科に行われ・


ごしょうには だいむげんじごくに おつべきか ながくとどめよ とどめよ

後生には大無間地獄に堕つべきか、永くとどめよ・とどめよ、


にちれんが ことばを いやしみて こうかいあるべし こうかいあるべし

日蓮が言をいやしみて後悔あるべし・後悔あるべし。


こうあん5ねん 2月28日

弘安五年二月廿八日


ほうきぼうにくだす
下伯耆房


魔の働きを打ち砕かんとした師子吼の書です


バカボンパパは たくさんの人から励まされて信心してきたわけだけれど インフルエンザにかかってからというもの ご飯が食べられなくなり 日に日にやつれていきました

入院させていただいて 鼻にチューブ 指に脈拍をはかる機械と思っていましたが 血中酸素量を測っているのだと 福島の壮年さんに 教わりました

病名は 肺炎

母と まるっきり同じ状態でした

バカボンパパは 私の母の様子を思い出し 死を予感したようです

携帯本尊を 持って行ったものの 勤行もできず 点滴だけで持たせている状態でした

母が 最後に私に聞いたことは 「おじさん(バカボンパパ)は 元気?」でした

その元気だったおじさんは 食べられない状態が続き 10日以上になりました

まだまだ 使命が残っています

流石の私も 絶対に死なせないと 泣きながらの お題目でした

皆様の 題目のおかげで バカボンパパは 一昨日の夜から やっと ご飯が食べられるようになって 少し元気になりました

いざとなると 人は弱いですね~

完治したら 今まで以上に元気になって 転重軽受の実証を 示していきたいと思います


心配してくれてありがとう デコメ



[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-13 00:00 | Comments(18)

感謝の心で人生は輝く

「感謝がある人は幸福である。
心には豊かさがあふれ、喜びに満ち、生き生きとして明るい。
福徳が輝く。
感謝のない人は不幸である。
いつも、不平と不満、嫉妬と恨みと愚癡の 暗雲が渦巻いている。
だから、人も離れていく。
わが人生を輝かせゆく源泉は、報恩感謝の一念にこそあるのだ。

誰のどのような行いによって 今の自分があるのか。
そのことを深く知り 感謝することで、自己を最も強く肯定し、
自分自身の存在の基盤を 確立することができる。
自身の基盤を確立することは、自分自身の大いなる 発展の土台となるのである。
報恩とは、
自身の可能性を最大に開いていく「人間革命」の挑戦なのだ。

大文豪ゲーテは言う。
「感謝しなければならぬ人と 出あいながら 感謝をわすれていることが、どんなにしばしばだろう」
その通りである。
陰で支えてくれた方々に、感謝の声を掛けていくことだ。
決して
当たり前と思ってはならない。
声一つ、言葉一つで、人間の心は動く。
その心が一切を決める根本だ。

感謝を忘れず、報恩に徹すれば、
自ずから 
為すべき行動は定まる。
必ず無限の勇気と智慧が、
滾々と
沸き起こってくるのだ。
感謝の人は光る。
報恩の世界は栄える。

池田大作」

「感謝のない人は、自分のために人が何かをしてくれても「当たり前」だと思う。
この「当たり前」を「ありがとう」の言葉に置き換えれば、どれだけの人が笑顔になるだろうか。
地域へ、社会へ、笑顔を広げゆく感謝の人でありたい。」
聖教新聞より

両親への感謝
師への感謝 
友人への感謝
なんだかんだ言っても 日本に生まれてきたことへの感謝
そして 私を強くしてくれた 全ての事に 感謝!
なかなかできない時もあるけどね~(笑)

当たり前の反対は 有り難いとも言うらしい
今日も読んでくれて ありがとう(^^♪

[PR]

by tomotiyoo | 2017-02-12 07:36 | Comments(13)