真実を語る

tomotiyoo.exblog.jp

ちよが、本音で語るブログです

<   2017年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

最近のふなっしー

歯を治療したいとの事で 入院先の歯医者に相談に行ったそうです
歯科医の話では 痛い治療をするよりは 余生を 何か他の時間にあてた方がいいと・・・
冗談じゃないわ勝手に私の寿命を決めないでよ・・・
思わず 出かかったそうです(笑)

次に 相談に行ったら 他の先生で 6本抜くそうです
ヒエ~~~~~~
それでも おいしくご飯を頂くために 入れ歯にするんだって

病室も 以前知り合った人がいたようで 頼めたって\(^o^)/
ガンに負けずに 頑張ってます
引き続き 応援のお題目 よろしくお願いします

[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-31 00:00 | Comments(5)

共戦


(勇退から反転攻勢 19分9秒)

私の 大好きな歌 ああ黎明は近づけりを 先生が指揮をとってくれていますよ

53秒ごろ 共に笑い 共に泣き 共に戦うとナレーションが入りますが、
私が バカボンパパを折伏した時の地区が 先生からいただいた 共に笑い 共に泣き 共に戦う 共戦地区 なのです
何としても 地区10世帯の折伏がしたいと 誓願の祈りで叶えました
今 この地区を超えようと 日々 奮闘中です\(^o^)/


[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-30 00:00 | Comments(4)

かもめさん



絵がうまい人は いいですね
まだかもめさんの 紙芝居は 続きますので 是非 お気に入りに入れてくださいね

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-29 00:00 | Comments(5)

言論人

「悪を責め抜き、欺瞞の仮面を引きはがし、学会の真実と正義を叫び抜けば、御聖訓の通り、憎悪と怒りの標的になる。
命を狙われもします。
しかし、それでも民衆の側に立ち、無冠の師子として正義のペンを執り続けていくんだ。
命尽きるまで、書いて書いて書きまくって死んでいくなら、言論人として本望ではないか。
私も、その決意で日々、原稿を書いている。
日蓮大聖人が『日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず』(御書1282ページ)と仰せのように、臆病者には創価の言論戦は担えない。
勇気をもって立つことだ」
(新・人間革命第18巻 師子吼より抜粋)

聖教新聞社の職員に対しての指導であるが 私たち一人一人が 折伏精神をもって 現場で戦っていくうえでの 指導と 私は 捉えたい
先生が 命尽きるまでと 書いてくださっているたくさんの書物
積読になっては 申し訳がない
そんな思いで タイピングしました
まだまだ 載せておきたいところが たくさんありますので 追記していきたいと思います



[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-28 00:00 | Comments(9)

久々の チョコさん

卒業おめでとう

よかったね!(^^♪

[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-27 00:00 | Comments(8)
コメントも アメブロの方が 入れやすいかも~?

[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-26 08:10 | Comments(0)

ポプコンだったかな~?


サルビアの花

好きな歌だったけど 歌詞 切ないね
今だと ストーカーって言われちゃうらしい
最近 ブログが変で 読みにくくてごめんなさい
そのうち 戻るでしょう




[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-26 00:00 | Comments(5)

雌伏(しふく)

「さあ、対話をしよう!友の眼に秘められた 悲しみ苦しみを見すえ、ためらいの言葉に耳をそばだて、勇気を奮い起こして 励ましの対話を始めよう!同苦の腕(かいな)を広げ、弾む生命(いのち)で、希望と勇気の哲学を語ろう!ほとばしる情熱と 金剛の確信をもって、忍耐強く、共感の調べを奏でよう!さあ、対話を続けよう!一個の人間に 内在する力は無限だ! 一人の発心は、友から友へと 蘇生の輪を広げ、やがて万波を呼び起こす。「一は万が母」(御書498ページ)と。われらは、対話をもって人びとの心田(しんでん)に幸福の種子を植え、この世の尊き使命を呼び覚ます。対話をもって心をつなぎ、世界を結び、難攻不落(なんこうふらく)の 恒久(こうきゅう)平和の城砦(じょうさい)を築く。さあ、今日も、対話を進めよう!」(3月24日 聖教新聞より)

More今日の聖教よりは ここをクリック
[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-25 00:00 | Comments(8)

権威主義と戦う

「民衆を利口にすること」「牧口先生が一貫して改善しようとされたのは、「権威に従順な民衆の卑屈さ」それを助長し、利用し、つけこむ「指導者の利己主義」を憎み戦われた。”自分で考えない””人まかせにする””黙って権威に従う”─これが昔からの民衆の態度であったと、牧口先生は言われるのである。指導者の方は”われわれの言うことを黙って聞いていればよいのだ”と、ますます権威主義になる。権威が何だ、地位が何だ、有名人が何だ、学歴主義が何だ。そんなものよりも民衆が大事だ。そのための学問、指導者、教育、宗教ではないのか。背中から刺すような裏切り─これが宗門利用するだけ利用して、あとは切る─これが宗門の極悪体質絶対に、永遠に宗門を信用してはならない。幹部が「塩を振りかけられたナメクジ」よりも、だらしなくなった。幹部だからといって、信用できるとは限らない。最前線の学会員の方が、よほど信用できる場合がある。師弟は一体不二であったゆえに、恩師の死を乗り越えて、「広宣流布」のうねりは広がっていったのである。この「師弟不二の道」を、永遠に忘れてはならない。戸田は、師の牧口の命を奪った”権力の魔性”に対する怒りと闘争を忘れなかった。邪悪への怒りを忘れて正義はない。また、悪との戦いなき正義は、結局は悪を温存する、偽善の正義に過ぎない。(大白蓮華4月号より抜粋)一人立つ精神を 学んだ
[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-24 00:00 | Comments(14)

池田輝美さんのブログ

池田さん コメントが入れられなかったので こちらから 失礼します
素敵なブログの紹介有り難うございます

「感じ方が違い異質だと、気に喰わない、陰湿な仲間はずれが始まります。同じように群れをなして、行動する必要はないし、同じように口を揃えて良しとする必要はないのです。…
人は違う感じ方のまま、その時々に、その場を共有するものなのです。

差別やいじめではなく、悠久の時からの友を仏法により、探してみてはいかがですか?」
同感です

先生は 子どもたちに 大きな愛情とたくさんの可能性を 気づかせてくれていますね
大人も 子どもの頃の純粋な気持ちを持ち続けて 日々成長でありたいと思います
自称 永遠の未来部 過ちもあるでしょう
私は 元いじめっこ それでも 反省しながら いじめについて 語り合えたら嬉しいと思います
たまには 意見の相違 
喧嘩になるかもしれませんが・・・(笑)
陰口でなく 本音で語れる人を 募集しています\(^o^)/
よろしくお願いします(^^♪

[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-23 00:00 | Comments(8)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ