<   2017年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧

おはようございます

『信仰とは 諦めない勇気の異名だ。
「現状は変えられる!」
確信の祈りと行動で 宿命転換の勝利劇を!』

「勝てるかどうかではなく、まず勝つと決める。」

「守るべきは誰か─健気な学会員である。
最愛の同志である。尊き仏子たちである。
そのために自分は盾になり、犠牲にもなろうと、彼は心を定めていたのである。
決定した心には、勇気の太陽が昇る。」

勇気の太陽 昇らせようね\(^o^)/

[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-15 07:17 | Comments(9)

一番大変な所へ

先生は いつでも 一番大変な所に行っていましたね

「破邪顕正の剣もて」
どこまでいっても 折伏精神ですね
まずは 自分の心を 折伏
何のためを 考え 手段と目的を はき違えず 自分らしく 進んでいきたいですね
人を羨まず(仏法には羨むという言葉はないようですが)人と比べず 人を恨まず・・・

御書根本に 先生の指導を学び 確固たる自分を作る
「随自意でいくんだ」
東北の方は 本当に辛抱強い
バカボンパパの お母さんも 東北の人だった
信心はできなかったけど 病床で 南無妙法蓮華経の話をした
耳が 遠かったので サランラップの芯に バカボンパパが 落書きをし 耳に当てて話した
お母さんは 南無妙法蓮華経ドンドン と言うので ドンドンはいらないよ と 私は言った
バカボンパパの 母方は 日蓮宗
日蓮宗は 一家離散と 聞いていた
バカボンパパは 入会して 弟や 子どもたちとの絆を結ぼうとしている
自分の事を 薄情だと言っていたバカボンパパが 今では 優しい人になっている

ちよちゃんは幸せね と よく言われる
うん 私の周りの人は みんな優しいよ と答える
だって 一生懸命信心してるんだもん\(^o^)/
ありがたいね~(^^♪

私も 一番大変な所に行きたい(^^♪

※ 随自意とは
随自意とは、衆生が理解できるか否かにかかわりなく、仏が自らの悟りのまま、仏界それ自体を示した真実の教えをいう。
法華経が随自意の経にあたる。ゆえに、法華経では、衆生がとうてい理解できないものであり、信ずる以外にないと釈尊自身、ことわっているのである.
この法華経を信受してこそ、衆生も仏になれることを本抄では、麻のなかの蓬等の譬えで教示されている。
 麻はまっすぐに伸びるが、蓬は曲がりがちである。しかし麻畑に伸びる蓬は麻に支えられてまっすぐに成長していくことができる。
これと同じように、九界の衆生の曲がった心も法華経を信受することによって、仏心の力に感応して、まっすぐに正され、一生成仏が可能になるのである。

少しは 私も まっすぐになれたかな~?

赤鬼さん いつも ありがとう

[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-14 00:00 | Comments(14)

夕陽

「あなたも そして私も
 生ある限り
 胸奥の太陽を燃やし 世界を照らしゆかなむ!

 素晴らしき夕陽が
 素晴らしき明日を約束するがごとく
 素晴らしき総仕上げは
 素晴らしき永遠の生命の軌道を約束する」

(池田大作写真集 光のメッセージ)

バカボンパパが 先生からいただいた写真集です
母の時は「素晴らしい人生」

バカボンパパには まだまだ 長生きしてもらいます\(^o^)/


[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-13 00:00 | Comments(9)

オリヅルラン

去年 私は ルルさんに 先生からいただいた オリヅルランを 分けていただきました
以前 ルルさんは 鬱がひどくて ネットの中にいた
それでも 何か 広布のお役に立ちたいと 自分のブログで 私の「心の扉」での公明党関係を 紹介してくれた
私は その勇気に感動し メッセージのやり取りを・・・

彼女は ベルバラが好き
私の 女子部の先輩は



若くして 亡くなっているが 彼女は 高校当時から 大の宝塚ファン
ベルバラ=宝塚というのも 変かもしれないけど ルルさんが 私の先輩の事を 鮮明に 思い出させてくれた
この先輩は 宝塚に(日比谷)通い続けて この先輩自身のファンクラブができてしまったほど
(この世界は私はよくわからない 民音で母に連れて行ってもらって 見に行った時も 私は 最初から最後まで寝ていた(笑)
この頃は チケット取れていたんですね)
ルルさんと 色々な話をする中 鬱ではなく 双極性という事が 病院で分かったという
双極性で完解と言えば まっつ
まっつは 信心をしてはいないけど 前向きさは 下手に信心している人以上(こういういい方は失礼かな?)
ルルさんに まっつを紹介して お互い励ませ合える仲になってくれるといいなと思った
まっつと浜松で会った時に 電話が鳴ったのが ルルさん
そして まっつとルルさんは 初めて電話で話すことになる

そのルルさん 24時間唱題の時も 5分だけ と言いながら 参加してくれた
その後 ネットで苦しむ人を見つけて 励ましを送るようになる 
そして お題目を送るようになる
私も 一緒に祈らせて という事で たまに 同盟唱題をお願いしている
5分から30分
最近 調子が 凄くいいらしい
『「救われる側」から「救う側」へ これが創価学会』と池田先生
人を思う一念が 人を変える
ベルバラブログが 信心ブログに(笑)
ルルさん べルバラファンの方もいらっしゃるから たまには ベルバラもよろしくね(^^♪

あと もう一歩で 今度はリアルで仏法対話ができるルルさんに 成長しますね
期待してます\(^o^)/

P.S.オリヅルラン 元喜に育ってますよ(^^♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ





[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-12 00:00 | Comments(10)

3.11  忘れないでね



[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-11 00:00 | Comments(20)
(5分44秒)
少年部の時 この亀の役をやりました

「ほとけの おんとし 72と もうせし とき はじめて なんみょうほうれんげきょうと となえ いでさせ たまいたりき
仏の御年七十二と申せし時はじめて妙法蓮華経ととなえいでさせ給いたりき、

しかりと いえども まかしな にほんの へんこくの ものは おんなを もき かざりき
しかりといえども摩訶尸那日本の辺国の者は御名をもきかざりき

1せんよねん すぎて 350よねんに およびてこそ わずかに おんな ばかりを ききたりしか
一千余年すぎて三百五十余年に及びてこそ纔に御名計りをば聞きたりしか、

されば この きょうに あい たてまつる ことをば 3000ねんに 1ど はなさく うどんげ 
さればこの経に値いたてまつる事をば三千年に一度華さく優曇華・

むりょう むへんこうに 1ど あうなる いちげんの かめにも たとえたり
無量無辺劫に一度値うなる一眼の亀にもたとへたり、
だいちの うえに はりを たてて だいぼんてんのうより けしを なぐるに

大地の上に針を立てて大梵天王宮より芥子をなぐるに

はりの さきに けしの つらぬかれたるよりも ほけきょうの だいもくに あうことは かたし
針のさきに芥子の・つらぬかれたるよりも法華経の題目に値う事はかたし、
此の須弥山に針を立ててかの須弥山より大風のつよく吹く日・
いとをわたさんにいたりてはりの穴にいとのさきの・いりたらんよりも
法華経の題目に値い奉る事かたし、
さればこの経の題目を・となえさせ給はんにはをぼしめすべし、
生盲の始めて眼あきて父母等を・みんよりも・うれしく・
強き・かたきに・とられたる者の・ゆるされて妻子を見るよりも・めづらしとをぼすべし。」


今日も お題目をあげられることに 感謝(^^♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-10 00:00 | Comments(19)

祈り方

香峯子抄より
「二男が幼いころ、ひどい風邪をひきました。
そのとき主人から、どう祈っているのかと、聞かれたんです。
「軽くすむように」って答えたら、「絶対にひかないようにと祈るんだよ」と言われました。
祈りの姿勢を教えられました。主人のお題目は、一つもムダがない。
            ・・・         ・・・
 いざというときに「勝つつもりです」というと、「つもりはいけない」「”必ず”勝つのだ」と言われる。
それほど信心に対しては厳格なのです。

私のいちばん好きな言葉は、主人から贈られた言葉で、
「愚癡は福運を消し、感謝の唱題は万代の幸を築く」です。
すべてをいいほうにとっていこうとする言葉です。
その姿勢は、私の習慣になった気がします。

「今日も負けるな
今日も勇みて
誓いの道を」

という言葉も贈ってくれました。
私も、波乱の人生にお供して、ずいぶん鍛えられましたから、いつの間にか、何があっても驚かなくなってしまったんです。(笑)」

創価学会婦人部の最高幹部が主人から直接伺ったという話です。
「先生と『一緒になれたのは過去の福運によるのでしょうね』とまた
『それがあって今日があると感謝しています。
だけどそれは過去の福運によるものなのです。』と、こう割り切られましてね
『その福運というのは自分で運んで、積み続けなければなりません。
崩れ始めると坂から石が転げるように落ちてしまいますもの。
ですから私は私なりに、今日も福運を積みながら、未来へ前進していきたいのです』と
 マイナスをプラスに変えてしまう発想力、そして福運を引き寄せる実行力を、
香峯子夫人は、すでに子ども時代から身につけていたようです。」

私が 鬱から脱出できたのは
「もう 絶対 こんな思いは嫌!
絶対に 鬱では寝込まない!」
こう決めた時からだった
あれは 確か 6年前の12月
それから 鬱では 1度も寝込んだことがない
これからも 絶対に 寝込まないし 鬱にはならない
そう はらの底っから 決めたからだ

苦しんでいる人に言いたい
は ら き め ろ


[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-09 00:00 | Comments(12)

「有名でも 無名でもいい。
有名 無名が 幸福を決定しない。
ひたすら 人生を立派に 向上させることだ。
そして 汝自身の芸術を磨きに磨くことだ」と。


[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-08 00:00 | Comments(19)
この本は 元々は 姉の本だったのですが 人に貸して帰ってこず 
この本をプレゼントした人も 人に借りて 帰ってこず(笑)
また 買ったので 姉に返そうと思ってます
かれこれ40年近く 借りていたという事で・・・\(^o^)/








[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-07 00:01 | Comments(7)

ありがとうございました

『一番苦労した人が 一番幸せになる。
これが妙法の大功力だ。
「陰徳あれば陽報あり」
きょうも「心の財」を!』

このブログに来てくれる人の中で 一番苦労したのは 赤鬼さんかな~?
妙法で 実証を示してるよね

「ネット利用者8割、発信元を重視と。
我らも嘘を見抜く目を。
賢き利用で」
まだまだ 見抜けない人もいるようですね
残念です

「信心とは、日々発心、生涯発心である。」
今日から また新たに 顔晴ろう
まずは一週間!



[PR]
by tomotiyoo | 2017-03-06 07:16 | Comments(11)

ちよが、本音で語るブログです


by ちよ