<   2017年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

花さんとの 2日目

2日間 花さんが じゃんけんに勝った(笑)
我が家では どうやら やるべき人が 導師をやるようだ(大笑)

どうしても 生の大誓堂を見たいという 花さんの希望で 本部へ行くことにしました
月曜日は 休館のところが多いのですが 空いてていいかも?

バカボンパパ特製 ホットサンドを食べて 錦糸町まで送ってもらう
花さん念願の 本部へ向かういつもは 右のエスカレータを使うのだが たまたま エレベーター前に 一人待っていたので エレベーターを 使う事にしたあがってホームに出ると 下り電車が 違う位置に止まっていたこれは 何かあったな と思い「ちょっと 見に行っていい?」と花さんに聞いて 電車の前を覗いてみると フロントガラスに 大きなひびが入っていた
しばらくすると 人身事故の放送
電車は しばらく 動かないとの事半蔵門線に出て 四谷3丁目に行くことにした(この行き方は はじめて)
地下から出てみると 見慣れた景色
あ~ ここに出るのね~ 
戸田記念国際会館の前を通り 創価世界女性会館を眺め 聖教新聞社へ

たまたま 担当の方が 墨田区の婦人部さんだったが 分区が違うので お互い面識がない
聞くところによると 結婚して墨田に移ったという

世界では 韓国・ブラジル・アルゼンチン・ペルーには配達員さんがいるそうだ
50か国 80種類の新聞雑誌があるが 巻頭言はすべて 一緒だそうで 韓国には 和光新聞社といって 独自の新聞社があるそうです


先生の 無冠の友への指導を読んで 花さん 感動で 泣いてました
連れてきてよかったな と思いました
月曜日の 信濃町は 静か・・・
例の坂を下りながら 右手を 何気に見て(笑)大誓堂の裏側へ
花さん さっそく 写真を撮っていましたよ

そして 常楽園へ
ここでも 担当の方と しばし おしゃべり(^^♪
どちらから?
彼女は 九州なんですよ
御親戚ですか?
いえいえ ネットで 知り合ったんです
はぁ ネットですか?
どうして 学会員さんって 分かったんですか?
学会の事を主に ブログで書いているので・・・
はぁ そうなんですか
今 大変な時期だから 本部に来るのも ちょっと引け目を感じるんですがと 今までのいきさつを話すと
先生も お喜びになりますよ と・・・
あとで ブログ 見させてください
いやいや 私の ブログを検索すると 私の 悪口が出てきますよ
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そして ついでに 先日の公明新聞の話をした
すると その方の 身内に障がいを持つ方がいらして ご自身も そういう関係のお仕事をされているという
「興味深い話ですね」 と 公明新聞の日付と 私の名前を 控えてくれた

記念撮影も終わり 金剛堂へ
お土産を買い 2階で コーヒーをいただこうと 2つ空いていた席に よろしいですか と 声を掛けると
どうぞ と
どうやら 海外の メンバーの様
お国はどちらですか?と伺うと コロンビアだと・・・
思わず 富士美のエメラルドを思い出し エメラルドというと 話が盛り上がった 
その方の 体験も聞かせていただき 母の 体験も話し 母の写真も見ていただき 楽しいひと時を過ごしました
なんだか 私が 楽しんじゃいましたね

最後に信濃平和で お題目をあげて 帰ってきました
花さんの 求道心と純粋な信心に 思わず 涙が・・・

帰りには 何もなかったかのように 総武線が動いていました

スカイツリーのまわりを 見ながら 帰路につきました
大急ぎで 夕食をとり 協議会に途中まで参加
帰りは バスで 15時間の旅のようです
必ず 大誓堂の勤行会へ参加するため また来ます と 笑顔で 帰っていきました

花さん 2日間 楽しめましたか?
花さんとの会話は また 後日 載せますね(^^♪


[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-31 22:00 | Comments(0)

花さんとの 2日間

いつも ふなっしーの事を 祈ってくれている花さん
いつも 短めのコメントで 私は 花さんの事は よく知らなかった
お題目があがらないと あったような気がしていた
ただ 女子部のようだから 何としても 幸せになって欲しい
そんな思いを寄せていたそんな花さんが びっくりのコメントを

「 Commented by 花 at 2017-05-23 22:36 x
皆さんこんばんは(^^)dふなっしーさん祈ってます!!
ちよさん急であれなんですが私今週東京行きます!
はじめての東京&飛行機なんですが(笑)
ちよさんに会えますか(*^^*)? 」

「え~ はじめての東京&飛行機 大丈夫かいな~?
でも偉いね~東京のために来てくれるんだね~」(心の声)

さっそく 連絡が取れるようにした
聞くと 新宿のカプセルホテルを予約したという
「あらら 新宿 ちょっと心配」(心の声)
「で・・・ それって キャンセルできないの~?」」(心の声)

「おじちゃん 九州から 女子部さんが来るんだけど うちとまっても大丈夫?」
いいっていうにきまっている
だが 一応・・・

「凄いね~ 九州から 。。。 どうぞどうぞ」とバカボンパパ
うちは 平日動くことが多いから 休日の予定は まだ決まっていなかった
花さん曰く 
戸田講へ行って 親戚の家に行って 新宿のカプセルホテルに泊まって 次の日に会えないかという事だった
カプセルホテルを キャンセルし 親戚の家に帰った後 錦糸町で落ち合う事にした
でもさ はじめての東京で 一人で 戸田講へ行って 親戚の家に行くこれって 凄く勇気のいることだよね
住所しか分からないところへ・・・
私なら 無理 無理 無理(無理という言葉は嫌いだけど 思わず出てしまう)

で・・・当日・・・

私たちは ふなっしーの旦那さんと3人で ふなっしーの病院へ

行きだけ 一緒に行く約束をした病院で・・・

「私 新宿にいます 一人は 辛いです」と 花さんから
おいおいおい
慌てて電話
「じゃぁ 喫茶店は 一人で入れる~?
「はい」
新宿から 総武線千葉方面に乗って 市ヶ谷の喫茶店に入っててねというわけで はじめてのご対面になりました

車のなかでの対話
「感謝が無くなるとね・・・」と 私
「そうなんですよ!!!」と彼女

その 「そうなんですよ」 に ああー きっと いろんな経験してきたに違いない
信心の話を 本気で出来るな と 直感しました

その足で 彼女の親戚のお宅へ
無事 ご夫婦に 依頼できましたよ(^^♪
なんでも お父さん方の 親戚だとか・・・
ご両親は 花さんが 小さい頃に離婚
お父さんとは ほとんど連絡を取っていないとの事
年賀状だけが 手がかりの 訪問でした
あがって もらわなくて ごめんね~ と 突然の訪問に 吃驚したようですが 好感触
これがきっかけで いいご縁になるといいですね\(^o^)/

夜は いろんな話をして
次の日は 本部へ行くことになりました

続く

[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-30 22:00 | Comments(16)

おかげさまで

ふなっしー 明日から リハビリです(^^♪
今日 旦那さんと 3人で病院へ行って ふなっしーのお母さんと一緒に お題目をあげる約束をしました
私たちは 先に 病院を出たのですが 今 旦那さんから 電話がありました\(^o^)/
やっぱり どんなことがあっても 諦めちゃいけないんですね
ふなっしーから 教わりました
祈ってくださった方々 激励をしてくださっや方々
本当に 本当に ありがとうございました
感謝 感謝です

花さんも 親戚二人に 頼めましたよ\(^o^)/
住所しかわからず そこに 住んでいるかどうかも分からないなかでの 挑戦でした
は ら き ま っ た  ですね\(^o^)/

はじめての東京 はじめての 飛行機 
たった一人の大冒険
はじめての 戸田講 はじめての なま原田さん
偉いね~ 勝ったね~
勝利勝利の 人生を歩みましょう

[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-28 22:49 | Comments(31)

ショック~ ( 今 話題のうんこ漢字ドリル)

パソコンデザインの うんこが消えている
みんなの人気者だったのに 忠告によって出さないでいた
やっと 私の時代が来たぞ と 探してみたら ない ない ない  (´・ω・`)ショボーン
でも そんな事で しょげるちよではない(`・ω・´)シャキーン!



 

(おもしろアニメ うんこさん)

前置きが長かったね(笑)うんこの歌 動くメモ帳
『「極」  きょく

2.究{極}のうんこをお見せしましょう。』

究極の選択

あなたは 辛くても 宿命転換していきますか?

勇気をもって 人間革命していくか 臆病風に吹かれて そのままでいるか どっちを選択しますか?

『「申」

2.申しわないのですが、うんこを持っての入店はおことわりしています。』

申しわけないのですが噓・デマ・中傷批判を持っての入室は おことわりしています
ただし 思いやりを持った 忠告は 喜んでお受けします(^^♪ 

続きは 聖教新聞1面 広告をお読みください
そして こっちも(笑)


ご飯食べてた人 ごめんなさ~い\(^o^)/


Moreここからは 下品なので 見たい人だけクリックしてね~
[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-27 14:00 | Comments(8)

加藤さんが載ってます(^^♪

徹してやり抜く!
私たちも そうでありたいね\(^o^)/

[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-26 23:33 | Comments(6)

誠実な人

『新・人間革命』26巻より抜粋

「不誠実な人には、誰もついてきません。
では、誠実であるためには何が必要か
①人の利剣を生かそうとする努力を続けていくこと
”人の利点を常に生かそう”という一念があれば、すべての人の長所、すばらしさが見えるようになり、尊敬の念も生まれる。
賞賛や励ましの言葉も出る。
また、後輩を生かそう、成長を願っているリーダーの真心は、伝わるものだ。

②約束は必ず守ること。
これは、人間として当然のことですが、幹部として多忙になると、”約束を守れないことがあっても仕方がない”と、思うようになってしまう事がある。
それは間違いです。
もちろん、さまざまな事情が生じて、どうしても約束を果たせないこともあるでしょう。
その時に、どうするかです。相手が、”ここまでしてくれるのか”と、何倍も喜ぶような、補って余りあることをしていくんです。
組織といっても、人間と人間の結びつきであり、その結合は、”信頼”によって成り立っている。
”誠実であることは、その、”信頼”を育てることなのだ。」

私も まだまだ 約束を果たせていないな~
順番からいけば チリ・沖縄・四国・滋賀・北海道・鹿児島なんだけど・・・

果たして チリは 約束をしたのかな~?
大きくなったら いらっしゃいね とは言われたけど 行きます と言ったんだろうか?
でも 本当の約束って 自分自身との約束だよね
子供の頃に 行こうと思ったその約束を 守るか守らないか・・・
お題目をあげて 考えよう
今は 無理だけど 無理を承知で 祈ればいいよね(^^♪

他に何か約束した人いる~?
果たせてなかったら ごめんなさい
忘れていたら 教えてくださいね\(^o^)/


※以前の26巻 関連です
だぶってたらごめんね
時間のある方は どうぞ(^^♪






[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-25 22:00 | Comments(7)

転落防止キャンペーン

「視覚障碍者を 支えよう
公明が推進 7月下旬まで」(公明新聞)

7月までなんて言わずに ずーっとやって欲しいね


『病魔に負けるな!
「いかなる病 さはりをなすべきや」
全細胞を一新させるとの
強き一念で祈り抜け!』


[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-25 06:17 | Comments(13)

滋賀の同志へ(Tommyのパソさんより)

随筆, 新・人間革命より  

「わが滋賀県は、東西日本を繋ぐ要路にあたり、広布の大切な要の地でもある。  
あの“瀬田の唐橋を制するものは、天下を制する”という有名な言葉が残っている。  
古代最大の戦乱と言われる六七二年の「壬申(じんしん)の乱」以来、幾度も、この唐橋こそが決戦の勝敗の分かれ目になったことは、有名な史実である。  御金言に曰く。  
「此れこそ宇治川を渡せし所よ・是こそ勢多を渡せし所よ・名を揚るか名をくだすかなり」(御書一四五一ページ)  
「瀬田の橋」に堂々と翻る滋賀広布の勝利の旗が、そのまま全関西の、否、全日本の広宣流布の大旗なのだ。  
この滋賀の天地で、私も折伏の戦いの歴史を、滋賀の同志と共に創りに創ってきた思い出は深い。  
かつて彦根の友に語った。それは、「強き祈り」「勇気」「忍耐」が人生勝利のカギだ。
そして戦いの大原則であると。  
その指導を胸に刻んで、愛する滋賀の友は、今日まで悠然と戦ってこられた。
そして勝利の歴史を高々と残してくださった。  
皆が思っている。
それは、滋賀ほど、大自然の美と、地の利と、古くからの文化・文芸の歴史と、豊かな未来性とが融合した理想郷はない。  
私も、滋賀が大好きだ。  
かつて、日本の進路に大きな影響力を発揮した彦根城にも同志と共に行った。  
その時、厚い雲を割って太陽が燦々と照り始め、同志の晴れやかな姿にも似て、ことのほか美しかった。  
信楽焼の輝きも忘れられない。
滋賀の日本一の朗らかな前進と団結の祈りを、「和」の文字に込め、友に器を焼いてもらった。  
昔の小さな彦根会館には、二回お邪魔した。
少人数ではあったが、この時のメンバーが地域広布の牽引力となってこられた。
今でもその人たちのことを思うと、懐かしさがいっぱいである。  
昭和四十七年の十一月には、滋賀県立体育館で、六千人の同志と記念撮影をした。  
多くの方々が、雪も深く、山も深く、旧習も深いなかで、「滋賀県広布」の歴史のぺージを強靱なる勝利で書き綴り、その栄光を尊く深く広めていった。
ドイツの大詩人アイヒェンドルフの言葉に、こうある。  
「みんなのために、私は悩まずにはいられない。
みんなのために、私は咲かずにはいられない」(高橋健二訳)と。  
それが、滋賀の友であった。  
昭和五十六年の十一月、私が会長を辞任してから初めて、滋賀研修道場を訪問したことも忘れられない。
自由勤行会には、陸続と友が訪れ、延べ二千五百人を超えた。  
この折、彦根、八日市で訪問させていただいた何軒かの功労者のお宅は、今もって栄え、意気軒昂であると伺い、私はことのほか嬉しかった。
 
ともあれ、私の“勇退”から十年の平成元年の四月――あの滋賀研修道場を飾るチューリップの花々の、何と美しかったことか!  
勇退しても、しなくても、師弟は師弟である。
それを知り抜いている滋賀の同志の皆は光り輝いていた。  
平成七年十月。
新しき大津の滋賀文化会館に初めてお邪魔した時の巨大な満月の微笑みと、湖水の金波は、おとぎの夢の世界であった。  
皆と握手し合った。  
滋賀は勝った。
満月までがそれを証明して見ていると。  
あの悪辣な坊主どもの黒い権威の陰謀と戦い勝った、高島方面の誉れの友たちの美しい笑顔と涙も、決して忘れることはできない。  
卑劣な仮面の聖職者は、悪を扇動し、人の不幸を食い物にする。
社会の中の体内寄生虫そのものの勢力だ。それは、淀んだ汚辱の中では蠢いても、強力な浄化作用のあるところでは、決して生きることはできない。
 
滋賀は、先にあげた彦根城をはじめ、城が多いことでも有名である。
信長の安土城、秀吉の長浜城、大津城、家康の膳所(ぜぜ)城……かの“天下人”たちも、滋賀に足場を築きながら四方を見つめた。  
滋賀に立つと、中部も関西も、北陸また九州までも見渡す視野が広がる。
事実、私はそれらの地域の代表とも、ここ滋賀で幾度となく広布の構想を語り合ったものだ。  
そしてまた、私はこの地から、京都、福井、岐阜、名古屋、北陸へと東奔西走し、愛する関西創価学園の娘や息子たちのもとへと、ひた走った。  
近年、滋賀の人口増加率は、全国トップクラスで、今後も続くと見られる。まことに未来性溢れる地域である。大学も飛躍的に増え、学生が急増した。  
牧口先生は『人生地理学』で、湖沼の美景は文人墨客(ぶんじんぼっかく)を感化し、大いなる影響を青少年に与えると説いた。
そして、琵琶湖に関西地方の学生が夏期に集合していることをあげ、青年を育てる大地としている。  
滋賀こそ、人材育成の理想的な天地なのである。  
同志も次第に水嵩を増している。
創価と広布の理想郷へと、滋賀は大きく羽ばたき始めた。  
厳冬を越えて春の太陽が輝きゆく彦根、長浜、そして近江王者県は賑やかに前進を始めている。  
さらに、「心臓部」の誇り高き大津常勝県は一段と強くなった。  
待望の文化会館完成への歩みと共に、獅子奮迅した甲賀をはじめ、湖南太陽県も日本中が見つめている。  
今の「苦」にこそ、勝利の舞台は準備される。今の「汗」にこそ、未来は約束されている。四百二十の完壁なる地区の友よ、共々に幸福と勝利の「滋賀城」「琵琶湖城」と輝きゆけ!
輝け創価の理想郷 滋賀の友に 希望と栄光あれ! 」

私も 滋賀が好きだよ
会館で 4人で お題目をあげさせていただいた時 本当に気持ちよかった
男子部の方(?)の対応も 凄くよかった!
今考えたら akaoni さんとも 合流すればよかった
花見の頃は 難しいかもしれないね
花見に拘らず 必ず 行くよ(^^♪
「此れこそ宇治川を渡せし所よ・是こそ勢多を渡せし所よ・名を揚るか名をくだすかなり」(御書一四五一ページ) は 6月の座談会御書だね(^^♪

「卑劣な仮面の聖職者は、悪を扇動し、人の不幸を食い物にする。
社会の中の体内寄生虫そのものの勢力だ。
それは、淀んだ汚辱の中では蠢いても、強力な浄化作用のあるところでは、決して生きることはできない。」
本当にその通りだよね
それを見抜けないのも悲しいことだね

私たちは

断じて勝つ!

[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-24 10:35 | Comments(16)

わが友に贈る等

諦めや臆病の心に 打ち勝つための仏法だ。

強盛な祈りに徹し あらゆる障魔の壁を 断じて乗り越えよう!

第一に「相手ば思う真心の唱題たい」
第2に「こっちの確信ばい」
第3に「粘りばい」



[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-23 07:26 | Comments(26)

千早さんより

「60代の、元気な従姉は他党の応援をたくさんしてきたと、選挙を知り尽くしてると言います。
「選挙はもう卒業した、一生懸命やっても何もいいことはない。」と言って、私にもほどほどにねって言い方です。
これは「票取り」のみの選挙だからでしょうね。けど、法戦には価値がありますよね。
政治が何故大事か、良い政治はどういうものなのか、投票する大切さ、未来を作ることに、自分自身が関わっていく喜び、人と人とのネットワークの広がり、感動のたくさんのドラマが生まれ、自分と社会に大きな結果をもたらす。
そういうことを行動の中で勉強して体感していける。
これはすばらしい戦いなんだとおもえます。
大きな価値があるんだと思います。
大変だけど、あ〜よかったぁ!と喜びです!
公明党、勝利したから、今度は遠慮なくコレに困ってるこうして欲しいとどんどん要望しないといけませんよね。
その声があってこそ公明党の議員さんが仕事できるんですもんね。
議員さんの奥さんがそのように言われていました。」

随分前のものですが 本当に 納得!\(^o^)/

[PR]

by tomotiyoo | 2017-05-23 05:00 | Comments(16)