<   2017年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

『四季の励まし』

「人を育てる――。
 私の心には、それ以外に何もない。
成長し続けていることだ。」

自他共の成長を 今日も祈る\(^o^)/


[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-16 09:55 | Comments(0)

わが友に贈る

「喜とは自他共に喜ぶ事なり」御聖訓。
互いの健闘を称え合い 心からの拍手を送ろう!
そこに歓喜と幸福が!」

[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-16 06:32 | Comments(12)

関西女性の日 おめでとうございます

感謝を込めて
南無妙法蓮華経

[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-14 06:27 | Comments(10)

北条会長から 秋谷会長へ

「伸一は、冷静、沈着な秋月ならば、大発展した創価学会の組織の中心軸として大いに力を発揮し、新しい時代に即応した、堅実な前進が期待できると思った」
(『新・人間革命』)

秋谷さんは 本幹で よく 先生に叱られてたな~

それを 同放で見ていた部員さん
先生の事が嫌いになっちゃいました (´・ω・`)ショボーン
同じことを 見聞きしても 感じ方は 人それぞれ
その部員さんも もう 10年以上前に お亡くなりになりましたが・・・
いい人だったんだけどね~
本質が分からず 最期まで 勤行できなかったな
追善のお題目あげます (`・ω・´)シャキーン!

あの頃 秋谷さん 凄く やかましかった
悪い奴が 居ったんだろうね
もちろん 私も その一人ですよ(笑)
それでも 除名なんてことはなかった(o^―^o)ニコ
ある時 してはいけない事をしていたので 当時の区の婦人部長に指導を受けました
「役職を下ろしてほしい」と
そしたら その方 「後の人をちゃんと育ててからね」 って
なんて 寛容なんだろうと思ったよ
それから 絶対 同じことはしないと決め 今でもしてません(`・ω・´)シャキーン!

仏法ってさ 因果は厳しいけど 心の底から反省して 「もう しません」ってなった時には 許されるんだよね
許してないのは 自分の心かな?

今からここから\(^o^)/

[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-13 00:00 | Comments(19)

12・11 「墨田の日」記念 墨田総区栄光総会

12月3日に 東京国際池田記念講堂で行われました

立派な建物です
住宅街にあるので 近くでは私語 厳禁です
徹底してて 私は 好きです!(^^)!

エスカレーターを上がって 講堂へ
前の方に 妙音会の 席が設けてありました

先生からの メッセージ
「学会精神 折伏精神で」と

体験お2人
題目で 鬱病を克服した方と 家族の移植の体験

その後 40周年を迎えた創価合唱団のコーラス
東京ブギウギを 墨田ブギウギにアレンジ
人間革命の歌
と 3曲披露してくださいました

婦人部の幹部さんが 文芸部の方の体験を紹介してくださいました

最後に 長谷川さんのお話は 先生の指導を通され

広宣流布実現のため 折伏 財務 聖教 全てに勝っていきましょう
”法華経の行者の叶わぬわけはない”
必ず叶うよ
強盛に祈り抜くんだ
無量無辺の功徳を 証明してください
絶対に幸福になれる
私は 負けません
行きぬきます

帰りは 創価合唱団のコーラスに見送られ
墨田の同志は 誓いを新たに 一列に並んで 帰って行きました
バカボンパパは お留守番でしたが 今年も元気に迎えられたことに感謝です\(^o^)/




[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-11 00:00 | Comments(16)

女性に贈ることば 365日 12月11日

打ち続く試練に、くじけそうになった時は、天を仰ぎ、大きく息を吸ってみることだ。
王者赫々たる太陽の笑顔が、必ずや励ましてくれるに違いない。

12月11日は 墨田の日です!(^^)!


[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-10 00:00 | Comments(7)

宇宙銀行

引き出すには 暗証がいるんだよね

皆さんの功徳の話も聞きたいけど まずは私からね
超ド貧乏になった話は もう知っていると思うけど
知らない人は (順不同)



   ↑
のちよのコメント

「 2014-11-23 08:35
11/23名字の言

サン=テグジュペリ
真の贅沢は ただ一つ
それは 人間関係の贅沢だ

釈尊
善き友を持つことが、仏法修行の全てなのだ 」

随分と 貧乏記事を書いてきたもんだ(笑)
感謝の気持ちを教わるために 貧乏になったのだと 今 実感してます
これだけ 功徳いただいているのに 申し訳ないと心から思った
宇宙銀行から 引き出すには 暗証が必要なんです
それが 南無妙法蓮華経
もう 貧乏なんて言うのはやめよう\(^o^)/


[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-08 00:00 | Comments(15)

本音


あるブログの話を通じて 友人を 傷つけた


友人の 了解を得て ラインのやり取りを載せます

友 「10時間とかリレー唱題会とか やった時に結果が出たりしたんだよな
地区でもそうだった。あかんの?意見聞かせて」

ちよ 「あほやね〜
やらすから ダメなんだよ
自由に やるんだから(笑)
私は いつも 言ってるよ
これ コメント欄に 入れてみな(笑)」

友 「そんな風にとられたなんて とっても心外で とても残念です」

ちよ 「くだらないブログをみて 自分の意見はないの って
だって あかんの?って 聞いてきたでしょ?
私も 残念」

友 「前に地区婦をやっていた時 折伏の結果が出なくて 地区婦人部長会で毎回 辛かった
その時 やっぱりお題目しかないということで 地区で24時間リレー唱題会をした
壮年は仕事もあるし どうしても夜中は婦人部の幹部が受け持つことになって 何回かしたけどなかなか結果が出なかった
24時間リレー唱題会を10回やった頃からだんだんと 変わって来て結局 12回やった
そしたらいつのまにかブロック4の折伏ができて その年の最優秀地区ということで表彰してもらった
その時みんながお題目で団結すれば すごい力がでて みんなが楽しくて歓喜して やっぱりお題目だと思った
今年は10時間唱題は 6回した
だから わたしはそんな風に考えたことない
だけど いろんな考え方があるもんだなと思っただけ
とても心外でした
めっちゃ悲しいわ」

ちよ 「そのブログに この 事 書けばいいのに」

友 「あかんの?と書いたのは 何があかんのや! という意味で書いた」

ちよ 「なら よかった ごめんね」

で 次の朝

ちよ「おはよう まだ怒ってる?」

友「まさかそんな暇人じゃないよ」

ちよ「( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
ありがとう」

友「文字だと誤解や行き違いもあるね
最近お題目があがっているし 何でも前向きに捉えるよ
ありがとう」

いい友だちばかりで 本当に 私は幸せだ

先生は 10時間唱題会を 否定しているわけじゃないし・・・と つぶやいてみる
そして 苦行にしか取れない人って 可愛そう そう思う

そして その友は 一昨日も10時間唱題を決行\(^o^)/
誘ってくれればいいのに~(笑)
一人で 福運つけちゃって フン

ついでに このブログ主さん コメント欄がない

拍手をして 記事にしてよろしいですか?と聞いたが 返事がない
きっと つまらない論争はしたくないとお考えなのか・・・?

「そもそも、名前も分からないような相手に頼んでも、仏法対話にはつながっていきません。」と 
このブログ主さんは言ってるけど 果たしてそうかな?
仏法対話に繋げるかどうかは 自分自身と思う
私は 選挙をきっかけに 折伏をすることもある
ブログを見て どう思うかは 自分で決めればいい
この方は この方
私は 私

でも きっと この方も 広宣流布のために リアルで活動しているのでしょうね
十人十色
そういう考えも ありますね と 今は 思えるようになりました\(^o^)/


[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-07 00:00 | Comments(19)

おはようございます

座談会は 終わりましたか?
[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-06 06:29 | Comments(7)

大衆とともに

『時代は変わっても”大衆とともに”という結党の原点だけには
忠実であってほしいと思います。
公明党には「世界の中の日本」という大局の視点を大切にしてほしい。
日本の右傾化を心配する人は、内外に多いですから。
今まで以上に、確固たる政治理念や政策が問われてくるでしょうが、
国民の目線に立つことを忘れず、責任ある政治選択をしていけば、
おのずと道は開かれるのではないでしょうか。
ただ、こうやって、私が政治について何か発言すると、すぐに
”政教一致”などと言われてしまう。
ですから、これは、あくまで党の創立者としての思いとして受け取ってもらえればと思います。
ともあれ、日本と世界の明るい未来のために、大いに活躍してもらいたいと願っています。』
(池田名誉会長が語る『平和の世紀の大道P16より抜粋)

2001年12月に聖教新聞に掲載された記事である
政教分離はここをクリック
小林節氏も かつて問題はないとされていましたね
私の聞いた話で うろ覚えなのですが 元々小林氏は教鞭を執っていたとき
学会批判をしたことがあったそうです
それを聞いていた当時の学生が どこまで創価学会のことをご存知なのかと
講義のあとに聞いたそうです
その後 小林氏は創価学会の真実を知る事になったそうです
一人の勇気の行動 大事ですね
私も 勇気ある行動で 先生の真実を語っていきたいと思います


[PR]

by tomotiyoo | 2017-12-05 00:30 | Comments(67)