チョコさん



[PR]

by tomotiyoo | 2017-04-24 05:00 | Comments(30)

Commented by Tommy at 2017-04-24 05:58 x
皆さんお早う御座います。
経も一日頑張りましょう。
ほじめます。

Commented by tomotiyoo at 2017-04-24 06:56
Tommyさん おはよう
はじめます
南無妙法蓮華経
Commented by tomotiyoo at 2017-04-24 07:43
ありがとうございました
Commented by tomotiyoo at 2017-04-24 08:01
中部文花センターオープン
福島 フェニックス大会
岐阜創価青年大会
おめでとうございます

さあ 地区協議会
今日は 活動者会ではなく 協議会かな?
色々 協議 できるといいね(^^♪

『広布は「対話」で進む。
動けば境涯が開かれる。語れば仏縁が広がる。
勇んで打って出て「心の財(たから)を共々に!』
協議会 大いに 対話をしていこう
一方的でなく 対話の力を!
内外共に 対話を(^^♪

「悪に対する反撃の根性のないものは、去っていくがよい。
中傷批判は、妬みと偏見と嘘八百の策略であることは、天を見るよりも明らかでないか」━戸田先生

「ずるさがない。インチキがない。邪知がない。
鋭敏にして純粋な心、そして勇気こそ、青年の魂であるからだ」
「人との接し方、礼儀、言葉遣い、そして人の心をつかむ知恵━あらゆる力をつけていける究極の言論戦が、広宣流布なのである」━池田先生

「人生の価値創造のためには、崇高な使命を自覚することが大切である。
そして、その使命を果たしていくには、基本をしっかりと修得していくことが不可欠であるからだ」
「結果をもって集う実証の時代」
創友会顔晴れ!

一分過ぎちゃった(;´Д`A ```
はじめます
南無妙法蓮華経
Commented by Tommyの仏壇 at 2017-04-24 08:40 x
オらの所は協議会です。
Commented by tomotiyoo at 2017-04-24 09:05
(人''▽`)ありがとう☆ございました
Commented by tomotiyoo at 2017-04-24 09:08
Tommyの仏壇 さん
今日の議題は何だろうね?
うちが もし 協議会なら4月20日付け
座談会24の みんなの意見を聞きたいと思ってます(^^♪
Commented by 凡ちゃん at 2017-04-24 15:03 x
そりゃそうでしょうね・・・。

南無妙法蓮華経は、声であり言葉であり、つまり経です。戸田先生は、宇宙最高の経が南無妙法蓮華経だと言っていました。
悪口だって、経の一種です。だからお題目みたいなものです。

日頃から悪口を言ってるのは、悪い経を口にする、つまり悪い一念のお題目を常にしているようなものなので、自分の生命を汚していってしまうでしょう。
そりゃ、脳にダメージどころか、細胞の1つ1つにまでダメージが蓄積していくでしょう。

子供の頃、迂闊にSINE(しね)とかそういう単語を言うと、母に烈火のごとく叱られました・・・。
呪いの言葉は良くないですね。「人を呪わば穴二つ(墓穴(ぼけつ)が相手と自分の2つ出来る)」というくらいですしね
Commented by tomotiyoo at 2017-04-24 18:37
凡ちゃん その通りだよね
私も 〇ね 〇ぬという言葉は 絶対に使わないよ
生命尊厳だもんね
母にもね あんたは 短気だから 言っていい事と 悪い事
ちゃんと 自分で決めておきなさいって(笑)
有り難い 母でした(^^♪

さぁ 協議会(活動者会)行ってきまーす

Commented by 1979 at 2017-04-24 22:33 x
凡ちゃんの素晴らしい意見の後に書くのはキツイですが...
「今夜、僕は叫んでやる! 「王様」は裸じゃないか!」(`∧´)/

実は、この「いじめ」が僕の信心するキッカケでした。当時、中学三年生で、クラスで悪口が流行っていたのです。この時、学会2世の僕は、とうとう福運が切れて完全に行き詰り観念して勤行をした時期でした。あの時は5座3座でしたね。(非常にきつかった。)朝に5座なんて経文読むだけで精いっぱい。唱題なんか2、3分ですよ。
(当時、胸中題目は怒られる気がして、やらなかった記憶があります。)でも、やると違うんですよね。

そんな時、いじめ(悪口)がクラスの女の子の中で起こったのです。俺もサッカーやってたけど、なにか競うとか、お互い切磋琢磨するなら分かるけど足を引っ張るとか「けなす」とか、悪口とか、そこが理解出来ない。
でもやってんのって調べると大概、皆、「自称イケメン」や「自称かわいい」とか、そんなんばかりでしたよ。
それさえ分かっちゃえば、当時の信心した僕は鬼に金棒、破竹の勢いでクラスでも目立つ存在になったのです。
(^O^)/ 勉強もスポーツもすっごい頑張った。めっちゃ頑張った。(>_<)先輩たちのグループにも、かわいがられました。

しかし、悪口や偏見は絶えなかったですね。これが相手にするとキリがないんですよ。
確かに、望む望まないに関わらず弱い者いじめしないと逆になめられる世界に自分はいるんだな。とある日実感させられた事もあります。
「いつからだ。」「なぜこんな世界になってしまったんだ。」
いじめをかばった人にも僕はなめられた経験があります。「なんだよ。お前もか」
「ブルータスお前もか」(*ノωノ)

でも当時、本当にかっこいい奴とか、勉強が出来る人って、人に危害加えるような奴じゃないんですよ。頭の中で考えている事は、「次の予定」とか、「次の次の予定」とか、「明日あいつ、いじめてやろう」なんて考えませんよ。自分より下の人間見て喜ぶ奴って、大抵大した事ないですよ。というかやっぱりヒガミですよ。
自分コンプレックス。その八つ当たりです。自分の成長を止めているんです。今思えば、そこが可哀そうな人達でした。
Commented by 1979 at 2017-04-24 22:35 x
しかし、その時代から、いじめが悪質になったも、また事実だと思います...
(これには訳がありますが、この続きは機会があれば別な所で書きたいと思ってます。)

高校時代でも「それ」との戦いでした。これは今もですね。僕が、いじめグループをナメてた態度には奴らも相当キレていたでしょうね。今思えば、もし信心してなかったら殺されてたかもしれない。と思います。諸天に守られました。それくらい危うかった。
思い出しますよ。学校の帰り道、いじめっ子グループに向かって歌ってたダウンタウンの替え歌を。
「エキセントリック少年ボウイ」

怖いぜ 怖すぎるぜ 悪い奴。
中にはイイ奴いるけれど 正義のとどめさ(オーマイボール)
甘い香りと口当たり腹持ちのいい未来のお菓子。酸味はきいてもシュガーレス
だけど気になる事がある。(だけど気になる事はない)(いじめGなど眼中にない)

がんばれ地球。頑張れ地球。僕は限界だ(部活で、ぼろぼろ)
くらわせろ くらわせろ 俺も知らない謎の小袋、中身はテイクアウト(80袋)
エキセントリック エキセントリック エキセントリック少年ボウイ

※歌詞はデタラメです ※しかし話は事実です。m(__)m

しかし、いつミサイルが飛んでくるか分からない時代でも、いじめは無くならないのですね。
その人たちが変わるように、お題目を送りましょう!
祈ってあげれば相手が変わらなくても自分が良くなる。もし相手が間違っていれば、その人は因果応報で裁かれる。(河合師範より)河合師範の指導はネットで検索できます。

以上が結論です。本当の解決は、お題目の祈りなんでしょうね。しみじみ思います。長文失礼しました。m(__)m
Commented by tomotiyoo at 2017-04-24 23:18
1979さん こんばんは
今日は 4.24でしたね

http://tomotiyoo.exblog.jp/21875321/

学会も 先生も 「法華経の行者は諸々の無智の人のために必ず悪口罵詈等の迫害を受ける」
この 連続でしたね

1979さんも 色々な 体験をしているのですね

https://www.youtube.com/watch?v=INtxutBxP8k

替え歌 明日の記事にしてみましょう\(^o^)/
Commented by 凡ちゃん at 2017-04-24 23:40 x
1979さん
>当時、中学三年生で、(略)とうとう福運が切れて完全に行き詰り観念して勤行をした時期でした。

中学2~3年の頃は、丁度親の加護の福運が切れる頃なんですね。私だけじゃないんですね。
自分も、その頃、色々追い詰められて、初めて親に言われなくても自分から唱題・勤行しました。
少年部時代の、よくわからないまま、親に会合やらお山(大石寺)に連れていかれてた、第一次信心期以来の、第二次信心期でしたね。
その頃は丁度、絶好のタイミングで、C作戦や魂の独立があったり、新人間革命の連載が始まったり、富士美術館に親に連れてかれて出来たばかりの牧口記念会館を見て驚嘆したり、すごい時期でした。
数年後には、逆ギレしてまた信心から離れて長い暗黒時代を迎えるのですが・・・。

>僕が、いじめグループをナメてた態度には奴らも相当キレていたでしょうね。
あ~、下に見ちゃったんですね・・・。

ま、しょうがないですよね。若いときは割と多くの人が、ついやらかしてしまうものですから。
でも1979さんは、まだいいほうですよ。自分なんか会合で会った壮年・婦人の方々を心の中で見下して、御本尊様の怒りを買って多大な罰を受けました。

人を見下す人間は、人に見下される
人を讃える人間は、人に讃えられる
まさに、こういうことなんでしょうね。御書でいえばこの箇所でしょうか。
「不軽菩薩の四衆を礼拝すれば上慢の四衆所具の仏性又不軽菩薩を礼拝するなり、鏡に向つて礼拝を成す時浮べる影又我を礼拝するなり」
御義口伝 不軽菩薩品769ページ

他人に対して、どういう気持ちや態度で接するか、それはそのまま鏡のように自分の本性を自分に映してしまう。
一度、痛い思いをしただけに、痛切に耳に響きます。

1979さんの勇気を出して書いた体験談は、今日今すぐではないにしても、いずれどこかの悩みを抱えた人が、ネットを彷徨っていると、縁に導かれてたまたまたどり着いて目にすることで、その人が力をもらえる日がきっと来ると思います。
ありがとうございます。
Commented by tomotiyoo at 2017-04-24 23:54
凡ちゃん ありがとう

昨日の新聞に 八代亜紀と沼倉さんが載ってた~
見てね(^^♪
Commented by 凡ちゃん at 2017-04-25 00:07 x
読みましたよ
八代さんが、あんな、「ポジティブ」で「感謝」を忘れず、「親孝行」の大事さを言って回るような人とは知りませんでした。

ちょっと恥ずかしいから黙っておこうかと思いましたが
昨夜かおとといくらいに、ネットを検索して回ってたら、数年前の自分の書き込みがあって、
それを読んで、あまりにもピュアな心からの発言の内容に、(過去に自分が書いたものなのに、)涙が出そうになりました。
まさか過去の自分に今の自分が励まされるなんて・・・。

当時は、無茶無謀当たって砕けろな雰囲気で生きてましたが、あれからほんの数年で生活環境が変わり、守るものが出来てしまったからね・・。
Commented by チャコ at 2017-04-25 00:20 x
私の職場 一部の人が悪口イジメやってます。私も被害者なんです。
その人達も仏性があると信じて毎日お題目おくってる。
時には泣きながらあげてます。

今日お題目あげていて思った。
私はなんでこんな理不尽な想いしなくちゃいけないのか…

先生はどうだろう
宗門問題の時 先生はどんなに悔しかっただろう。どんなに情けなく又辛い思いだっただろう…
でも先生は私達の為に グッとこらえて
私達を守ってくださっていたんだ

もちろん私のイジメなんて
日顕のイジメやいやがらせに比べたら
全然レベルは違うけど…

何だか日顕に対してものすごく怒りが湧いて来た
と同時に ああそうか
私のこの悩みもこの事に気付かせてもらうためにあったんじゃないかと…

忘れていた日顕撲滅の祈り
悪を滅する祈り

やはり仏法に偶然はない 全て必然だったんだ!

これからは日顕撲滅祈ります。
その事に気付かせていただいて感謝感謝の
お題目です
Commented by 1979 at 2017-04-25 01:46 x
寝る前によってみたら、とんでもないことになってました。(*^_^*)
中学生で福運が切れるなんて初めて聞きましたよ。勉強になりました。m(__)m

ちよさんが内容に怒るかと心配してたので少しほっとしています。
少しでも笑ってくれたので良かったです。
松本人志って自身の貧乏時代とか、不良に絡まれた事とか笑いに変える人なんですよね。
「チキンライス」の曲なんか、その代表だと思います。

だからといって今いきなり同じようにしろとかは、ちょっと無理があると思います。
数年後、笑って語るのとは訳が違いますから。
それに一人一人個性も違いますからね。そこで大事な事、
大事になる「基本」が、凡ちゃんの

人を見下す人間は、人に見下される
人を讃える人間は、人に讃えられる
他人に対して、どういう気持ちや態度で接するか、それはそのまま鏡のように
自分の本性を自分に映してしまう。

ことなんでしょうね。凡ちゃんが言うと、これまた、素直に聞けます。
僕も当時の自分に言い聞かせるなら、これしかないと思います。
ただこれも、総論(普遍的)な意見で、実際の各論(現場論)のご本人は苦しいと思いますよ。
僕の場合は担任の先生を味方につけました。でも、それでもキツかったですよ。

ともかく相手の仏性を信じたお題目だと思います。と言うのも、今、僕もそれに挑戦中だからです。
多感な中学生でこれ出来たら凄いだろうなぁ。僕も一緒に成長したいところです。うん。祈る!
Commented by 1979 at 2017-04-25 01:56 x
すいません。ちゃこさんが前になってしまって、最後締まんなくなっちゃいました。
「感謝 感謝のお題目です」
これがあれば「最強」だと思いますので、ぜひ一緒に頑張りたいと思います。
こちらこそ気づかせて頂きました。ありがとうございます。m(__)m
Commented by tomotiyoo at 2017-04-25 06:44
凡ちゃん 流石
「あれからほんの数年で生活環境が変わった」
論より証拠だね(^^♪
そろそろ 体験の原稿よろしくね\(^o^)/
Commented by tomotiyoo at 2017-04-25 06:46
チャコさん おはよう
大変な思いしてるね
でも 日顕撲滅の祈り
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
また 一緒に 唱題しようね(o^―^o)ニコ
Commented by tomotiyoo at 2017-04-25 06:51
1979さん おはよう

「ともかく相手の仏性を信じたお題目だと思います。と言うのも、今、僕もそれに挑戦中だからです」
みんな 悩んで大きくなった\(^o^)/

感謝の題目
ある人と話してて 「スッキリするまでお題目」がよく分からないって・・・
で 話してたら
あ~ 感謝に変わる瞬間てあるよね~ って\(^o^)/
こんちくしょう(笑)って 祈ってたら・・・
今度私のこんちくしょう題目の結果を 聞いてくれる~?
女子部の頃の話なんだけど・・・
Commented by 凡ちゃん at 2017-04-25 11:33 x
憎んだり恨んだりしたら負けです。相手が何をしようが、こっちがそう思えば負けです。

舎利弗の過去世の、身子(しんじ)さんも仏道修行をしてました、ある程度の行解を勤めた段階で、ある高名な学者や教授のバラモンに、眼の提供を懇願されます。
身子さんが眼を提供したところ、臭いと言われ踏み潰されて捨てられました。
ショックを受けた身子さんは、自分と自分の身内だけ救えばいい。と思うようになってしまいました。それが原因で、つらい人生を何度も生まれ変わることになってしまいました。

「身子が六十劫の菩薩の行を退せし乞眼の婆羅門の責を堪えざるゆへ(略)善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべし」
「開目抄下」232ページ

「身子菩薩の行を立てしに乞眼の婆羅門に眼を抉じられて、其の時・菩薩の行を退転したり、此の菩薩の行を百劫立てけるに、六十劫なして今四十劫たらざりき、此の時・乞眼に眼を抉じられて其の時・菩薩の行を退して願成仏日・開三乗法の願を立てたるなり(略)
所詮身子が眼を取らるるは菩薩の智慧の行を取らるるなり、今日蓮等の類い・南無妙法蓮華経の眼を持ち奉るに謗法の諸人に障礙せらるる・豈眼を抉り取らるるに非ずや、所詮彼の乞眼の婆羅門・眼を乞いしは身子が菩薩の行を退転せしめんが為に乞いて蹈みつぶして捨てたり、全く菩薩の供養の方を本として眼をば乞わざりしなり、
只だ退転せしめん為なり、身子は一念菩薩の行を立ててかかる事に値えり、向後は菩薩の行をば立つ可からず二乗の行を立つ可しと云つて後悔せし故に成仏の日・説三乗法するなり、所詮乞眼婆羅門の責を堪えざるが故なり、法華経の行者・三類の強敵を堪忍して妙法の信心を捨つ可からざるなり信心を以て眼とせり云云」
「御講聞書」818ページ
Commented by 凡ちゃん at 2017-04-25 11:36 x
(つづきです)

それに対して、開目抄での池田先生の講義は
「法華経に説かれる末法の弘通の範となる不軽菩薩もそうです。不軽菩薩は、四衆から杖木瓦石の難を受けても礼拝を貫き通した。時には、瓦石が届かない位置まで離れながらも、再び相手の方を向いて、大声で叫ぶ。
 「それでも、私はあなたを礼拝する。あなたたちは皆、仏になるのです」
 自分に非難を浴びせ、暴力を加えてくれる人々をも礼拝し続ける。この不軽菩薩の実践は、すべての人間に一人ももれなく仏性があるという哲学に裏付けられています。何よりも不軽菩薩が、万人に仏性が内在することを「信じ抜いた」からだと考えられます。
 これと対極にあるが乞眼の婆羅門の責めに負け小乗に堕ちた舎利弗です。自分の善意が踏みにじられた時、舎利弗は思わず叫んでしまった。“この人は救い難い”と。言うなれば、舎利弗は、結果として、万人に内在する仏性に対する「信」を失ったと言えるのです。
 乞眼の婆羅門は、第六天の魔王の化身であった。万人の仏性の発現を否定するのが魔の本性です。
 「万人が皆、仏である」ことへの「信」を破ろうとするのが、魔の本質にほかなりません。
 自分が救済しようと思ったその相手自身から、憎まれ、迫害される。理不尽といえば理不尽ですが“「それでも」私は、あなたを礼拝する”と叫び続けた不軽菩薩のごとく、深き「信念」を貫くことこそ、末法の仏法者の振る舞いです。
 ある意味では、人間の善の本性に対する突き抜けた「信頼感」と、それに基づく深い「楽観主義」を支えるのが「誓願」の力です。」
(開目抄講義(上)132ページ)
Commented by 凡ちゃん at 2017-04-25 11:42 x

ところで、イジメる人はなぜイジメるのでしょうか?
それは恐いからです。不安だからです。
一見、イジメてる人は強く見えます。でも本当に強い人なら自分に自信があるので平然としてますからイジメなんかしません。する必要がありません。
不安で恐いから他者をイジメてないといられないのです。
可哀想とは思いませんか

絶対に幸せになれる南無妙法蓮華経のお題目を、同じように唱えているというのに、なぜか不幸な人生になってしまう人たちがいます。根本の一念が間違っているからです。一生懸命に祈っているのにね。
そう思うと、なんだか可哀想とは思いませんか
あいつら悪いやつらだから、ひどい目に遭えとか、病気になれとか、そういう単純な気持ちが段々無くなったりしませんか
正しい信仰を知って、幸せになれますように。という気持ちになったりしませんか

貧乏だけどたくましく生きてる人は、物は貧しいですが心は豊かです。
しかし、こういうイジメなどする人たちは、物が豊かだったとしても、心は貧しく苦しんでいます。
ですので、物が貧しい人たちより、実はずっとずっと不幸な人たちなのです。

そう言われても・・・。とか感じると思います。確かにすぐには無理だと思います。
でも段々変わります。きっと、時間はかかっても。
可哀想な人だな。幸せにしてあげたいな。と思えるようになれば、自然と他人の仏性を信ずることが出来るようになります。
そうすれば、絶対に自分の周囲の環境は変わっていきます。大丈夫です。
Commented by 1979 at 2017-04-25 17:17 x
ちよさんと、凡ちゃんは信心の申し子。天才ですね。

「不軽菩薩は、四衆から杖木瓦石の難を受けても礼拝を貫き通した。
時には、瓦石が届かない位置まで離れながらも、再び相手の方を向いて、大声で叫ぶ。」

祈って対話。必要なら非難。非難した所で祈り、礼拝する。
不軽菩薩の実践は、今の僕のお手本みたいなものです。しかし、実際、相手と離れていても、お題目で変えられる事は、学会員にとって特権ですよね。
ちょっと使い方違うけど「神通力 是の如し」とは良く言ったものです。
その一方で、自身の目を施し、相手に裏切られ、退転してしまった舎利弗。これは同情しても、同情しきれないものがあります。が、
最終的に言えるのは退転だけはしてはいけない。という一言になると思います。しかし、これは口で言うのは簡単な所が難しい所ですね。(^-^;

ちよさん。僕も200万遍の終わりごろまで実は「こんちきしょう!今に見てろ!」のお題目だったんですよ。
300万遍にさしかかた時、ようやく「自分の力は皆のため」という自覚が生まれ、皆の事を素直に祈れるようになったのです。だから、ちよさんの話はぜひ聞きたいです。
ブログに載せてもらいたいですが、しかし、無理ならメールです。その時は、またこちらから連絡します。すこし時間をください。(*^_^*)
Commented by tomotiyoo at 2017-04-25 21:21
凡ちゃんも 1979さんも 経験で言ってるから 凄いよね
御書でも 指導でも 右耳から聞いて 左耳から 出て行っちゃったら しょうもないよね
頭に残ってもしょうもない
心で感じて 受け止めて 実践
そうしていかないと 何年たっても わだかまりが残るだけ
江戸っ子は(3代続いてないんで 生粋ではないけど)宵越しの銭も残さなけりゃ(笑) 
嫌なことも 次の日まで引きずらない
全ては お題目で 昇華する
これでいきま~す(^^♪
Commented by 凡ちゃん at 2017-04-26 00:08 x
ちよさんや1979さんと比べたら、自分なんて小さい虫みたいなもんですけどね。並べるような存在じゃないですよ。

何も出来ない自分には、こんなことくらいしか、取り得というか福運もらえるチャンスも無いですからね。
ほんのわずかでも、自分の書き込みで、何かの役に立ったり力をもらえたりするとすれば、そんなうれしいことは無いだけです。
Commented by tomotiyoo at 2017-04-26 11:53
凡ちゃん 今気づいた~(;´Д`A ```

「何かの役に立ったり力をもらえたりするとすれば、そんなうれしいことは無いだけです。」
チョコさんの 思いと一緒ですね(^^♪
Commented by 凡ちゃん at 2017-04-26 22:00 x
あ、今気づいた

先生が宗門に赤誠の外護を続けたのは、不軽菩薩の実践だったのかもしれない。
どこまでも相手の仏性を信じぬくという。

私たち凡夫は、なんでこんな連中にそこまでやるの。と思ってしまうけれども。
Commented by tomotiyoo at 2017-04-27 00:03
凡ちゃん そうだよね
どこまでも信じぬく
自分の事なら どうでもいいけど 弟子たちが いじめられること
そして 信心が分からないがゆえに 退転していってしまう人がいること
本当に 辛かったと思うよ

学会が供養した100カ寺目は たしか 江戸川区だったと思う
あのまま 供養し続けていたら 今のSGIはないと思うよ
戦時中の 正宗の謗法といい これでよかったんだよね\(^o^)/