ランさんの 体験

私は、生まれつきアトピー性皮膚炎でした。
小学校にあがったころからクラスの男子たちから「気持ち悪い」「汚い」など口々に言われました。
子供は純粋で可愛い反面、思ったことをすぐ口にするから残酷です。

かばってくれる人は一人もいません。
友達がいなかったから、本が友達になりました。
その中でも特にお気に入りの本が、
きぼうの友えほん「日蓮大聖人さま」。

「大聖人さまも、いじめられても負けなかったんだから、私もガンバロウ」と子供ごころに思いました。


毎日、死ぬことばかり考えていたけど、この一冊のおかげで思いとどまることができたのかもしれません。

6年間、いじめに耐え続けていましたが、心のタガがはずれてしまう時がやってきました。
小学6年のある日、私は教室の机に突っ伏して、大声で泣き声をあげたのです。

今まで、大人しくて、何も抵抗しなかった自分が、
はじめて泣き声をあげて「いじめに抵抗した」瞬間でした。これには、クラスメイトもびっくりしていました。

これを受けて、担任の先生は、予定していた授業を取りやめ、クラスのみんなに滾々と言い聞かせてくれました。

「いじめた奴は、立ってみろ!」

と先生がいったので、数名の男子が立ちました。

「彼女だって、好きでアトピーで生まれた訳じゃない。なのに、なんでよってたかって、こんなことをするんだ!」

と目に涙を浮かべながら、真剣に怒ってくれました。
担任の先生が諸天善神になり、それ以降、いじめはピタリと止みました。みんなの前で泣くことで、いじめが止まるんなら、もっと早く泣けばよかったと思いました。

最後に、今、いじめにあって苦しんでいる子たちへ。

「いじめられて、苦しい、辛い。助けて!」と勇気をだして誰かに助けを求めよう。

恥ずかしいことなんかじゃない。

大声で泣いたっていい。
叫んだっていい。

今、自分が苦しんでいることを、
体いっぱいに表現してみよう。

きっと、何かが変わるはず。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

[PR]

by tomotiyoo | 2017-07-12 14:50 | Comments(15)

Commented by tomotiyoo at 2017-07-12 14:56
ランさん 勇気をありがとう

私は 今の教師 教育委員会 ビビりの奴が 多いんじゃないの?って 思ってます
見栄 体裁 etc.
昔は 教師が かばってくれたよね
いい悪いを 教えてくれたよね
私は いじめっ子だったから よく叱られたよ
でも 不思議なことに その後は みんな仲良くなった(笑)
虐められていた子が きっと 恨まなかったんだろうね
その子の方が 偉いと思う(^^♪
Commented by うるとらまん at 2017-07-12 18:48 x
私の妻は耳が聞こえないために妻と遊んだら耳が聞こえなくなるといじめられました。
人は辛い体験をした人ほど人に優しくなれると思います。
今は妻とともに耳が聞こえない人と聞こえる橋になる夢に向かっています。
Commented by tomotiyoo at 2017-07-12 20:55
うるとらまんさん こんばんは
テレビに出た録画 かっこちゃん夫婦と ハピちゃんとで 見させていただきましたよ(^^♪
奥さん 楽しそうだった\(^o^)/
カメラが回っていない時は 体験でも 話してたんじゃないの?と 噂してました

逢いたい母親です。さんも 優しい人ですよ(^^♪
Commented by ラン at 2017-07-12 21:24 x
ちよさん、ありがとうございます。

「いじめられていた子が恨まなかったんだろうね」

池田先生が「希望対話」のなかで、
「いじめられても仕返ししない人は、弱い人じゃなくて強い人なんだ」仰られていたことに衝撃を受けて、
池田先生がますます大好きになりました。

今の教育現場のことは詳しく知らないのですが、教師を教育していかなければならない時代なのかもしれません。ちよさんの担任の先生も、悪いことは悪い、ときちんと叱ってくれるいい先生だったんですね!

良き恩師に恵まれることは、一生の宝になると思います。

Commented by ラン at 2017-07-12 21:35 x
うるとらまんさん、こんばんは。
うるとらまんさんの奥様も、辛い思いをされてきたのですね。
体に受けた傷より、心に受けた傷のほうが癒すのに時間がかかります。奥様と2人で素敵な夢、かなえてください。そして、たくさんの人に勇気と希望をおくっていってくださいね。
Commented at 2017-07-13 02:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomotiyoo at 2017-07-13 05:26
ランさん おはよう
いい教師 いい先輩 いい友人
どこまでも 人と関わっていくことが大事でしょうね
そして 私たちが いい先輩 いい友人になっていくこと
善の連帯を作っていくこと
よろしくね(^^♪
Commented by tomotiyoo at 2017-07-13 05:31
非公開さん おはようございます
匿名で構わないので 公開にしてはいただけないでしょうか?
貴方様の意見を 私だけが 知るのでは もったいないと思います
Commented by tomotiyoo at 2017-07-13 05:35
非公開さん
これは私の友人の話です
非常勤で働いていた時ですが 創価大学出身という事で いじめにあっていたようです
教師って 〇〇党の方が 多いようですね
Commented by tomotiyoo at 2017-07-13 07:50
Commented by ラン at 2017-07-13 07:43 x
おはようございます。いじめに対する考察第二弾です。
幼少の頃、いじめにあい辛い経験をしたわけですが、鼓笛隊で訓練を受け、中等部、高等部で活動して福運がついたせいか、私の性格も明るくなり、友達も沢山できました。

しかし、それで増上慢になってしまったのでしょう。いつしか私は自分より「レベル低い」と判断(自分勝手に)した人を、心のどこかで見下すようになっていました。

独身のころ、同じ職場で働いていたYさん。
彼女は、少し変わった人でした。
同僚間で「変わりもんだよねぇ」と噂になっていて、私もそれに同調するようになりました。

ある日、Yさんの少しおかしな行動を見て、私は思わず笑ってしまったのです。彼女はひどく傷ついたのでしょう。
悲しげな表情で、

「ランさん、なんで私のこと笑ったんですか?どうしてですか?」

と詰め寄ってきました。
私はなんて答えていいかわからず・・・
その夜、家に帰ってから、自分自身のことを見つめなおしました。そしてハッとしました。

(子供のころ、あんなにいじめられて辛い思いをしたのに、今度は自分が人を苦しめる側にまわろうとしている・・・!)

いじめの被害者も、縁にふれて加害者側になりうる可能性がある。だからこそ、お互いに戒めあっていかなければなりません。

池田先生は、「御書の世界」(第三巻P40)で次のように述べられています。

「勇気をもって自他の悪と戦っていくところにのみ、妙法の善なる力が現れてくる」

いじめをしている人間に「やめなさい!」と勇気を出して言っていくことは、自分の中の「人に意地悪する汚い生命」を切っていくことにもつながるのでしょう。
Commented by tomotiyoo at 2017-07-13 07:56
ランさん おはよう

その通りだね(^^♪
喧嘩をしても 相手に対して 憎しみを抱いているのか 
分かり合うための 喧嘩なのか
ここが大事だと思いますよ

意見の違いや 行き違いがあっても 自分からは 縁を切らない
ただ 少し 距離をおいた方がいい場合もありますね

お題目をあげて 疎遠になっている人に こちらから歩み寄る
これが 平和の第一歩だと思います

虐めの話から 色々考えさせられることが多いですね

ネットは 電源を切れば そこで終わったような気がする
でも 人間の心は そう簡単にはいきませんよね

謝る勇気 自分の非を認める勇気
いつか 分かり合えると信じる勇気
お題目をあげながら これからも 喧嘩しいしい 友情を築いていきましょうね

いつも ランさんから 勇気をいただいてます
ありがとう
Commented by ラン at 2017-07-13 22:44 x
ちよさん、こんばんは。
本当にいろいろと考えさせられます。

「謝る勇気 自分の非を認める勇気」

大事ですよね。
私はYさんを傷つけてしまったことを反省して題目をあげましたが、謝った記憶がなく・・・(汗)
そんなことがあったにもかかわらず、数年後、選挙をお願いしたら快くオッケーしてくれたので感謝しています。

Commented by tomotiyoo at 2017-07-14 05:57
ランさん おはよう
Yさん 素敵な人だね(^^♪
ランさん きっと 御本尊様経由でいっぱい お詫びしたじゃないのかな~?\(^o^)/
Commented by ラン at 2017-07-14 09:02 x
ちよさん、おはようございます。

ありがとうございます、お題目をしっかりあげていくと、Yさんのいいところが見えるようになりました。それまでは、私の目が曇っていて、彼女のことがちゃんと見えてなかったんだと思います。

自分の心を磨いていくには、唱題に徹するしかないのですね。いじめも、人間の「心の濁り」からおこると思うので・・・
Commented by tomotiyoo at 2017-07-14 09:23
ランさん おはよう
正視眼が 大切かと・・・
人は 感情というもので 眼を曇らせてしまうのかもしれませんね
勝手に 相手は こう思っているんじゃないか ああ 思っているんじゃないかと 妄想する(笑)
それを 打開するには 一対一の 勇気ある対話しかないのかもね
一番いいのは 会う事

最近思うのだけど 信心していなくても 立派な人はたくさんいる
ある意味 私たちは やり方を知っていても きちんと そのやり方にそっていないことが多いのかも?
自分を振り返って そんな風に思います

御書を その通り その通り と読んでいけばいいことなのに 段々 頭でっかちになってくる(笑)
一番大切なのは「信」なのに それが分からなくなってくる
草創期の人は 後先考えずに やってきたよね
でも 私なんかは 先の事を考えて 躊躇する事もある
現代人の 性かな~?(笑)

まぁ お互い お題目をしっかりあげて いのち磨いていきましょう\(^o^)/