御義口伝 第三唯以一大事因縁の事

だい3 ゆいいいちだいじいんねんのこと
第三唯以一大事因縁の事

もんぐの 4に いわく すなわち いちじつじょうなり
文句の四に云く一は即ち一実相なり

5に あらず 3に あらず 7に あらず 9に あらず ゆえに 1と いうなり
五に非ず三に非ず七に非ず九に非ず故に一と言うなり、

その しょう こくはくにして 5 3 7 9 より はくし ゆえに なづけて だいとなす
其の性広博にして五三七九より博し故に名けて大と為す、

しょぶつしゅっせの ぎしきなり ゆえに なづけて じ と なす
諸仏出世の儀式なり故に名けて事と為す、

しゅじょうに このき あって ほとけを かんず ゆえに なづけて いんとなす
衆生に此の機有つて仏を感ず故に名けて因と為す、

ぶっきを うけて しかも おうず ゆえに なづけて えんとなす
仏機を承けて而も応ず故に名けて縁となす、

これを しゅっせの ほんいとなす
是を出世の本意と為す。

おんぎくでんに いわく
御義口伝に云く

1とは ほけきょうなり だいとは けごんなり じとは ちゅうかんの さんまいなり
一とは法華経なり大とは華厳なり事とは中間の三味なり、

ほっけ いぜんにも 3たい あれども くだけたるたまは たからに あらざるが ごとし うんぬん
法華已前にも三諦あれども砕けたる珠は宝に非ざるが如し云云、

またいわく 1とは みょうなり だいとは ほうなり
又云く一とは妙なり大とは法なり

じとは れんなり いんとは げなり えんとは きょうなり うんぬん
事とは蓮なり因とは華なり縁とは経なり云云、

またいわく われらが あたまは みょうなり のどは ほうなり むねは れんなり
又云く我等が頭は妙なり喉は法なり胸は蓮なり

はらは げなり あしは きょうなり この 5しゃくの み みょうほうれんげきょうの 5じなり
胎は華なり足は経なり此の五尺の身妙法蓮華経の五字なり、

このだいじを しゃかにょらい・40よねんのあいだ おんみつ したもうなり
此の大事を釈迦如来・四十余年の間隠密したもうなり

いま きょうの ときだしたもう このだいじを とかんがために ほとけは しゅっせ したもう
今経の時説き出したもう此の大事を説かんが為に仏は出世したもう

われらが いっしんの みょほう 5じなりと かいぶつちけんするとき・そくしんじょうぶつするなり
我等が一身の妙法五字なりと開仏知見する時・即身成仏するなり、

かいとは しんじんの いみょうなり しんじんを もって みょうほうを となえ たてまつらば やがて かいぶつちけん するなり
開とは信心の異名なり信心を以て妙法を唱え奉らば軈て開仏知見するなり、

しかるあいだ しんじんを ひらくとき なんみょうほうれんげきょうと しめすを じぶっちけんと いうなり
然る間信心を開く時南無妙法蓮華経と示すを示仏知見と云うなり、

しめすときに りょうぜんじょうどの じゅうしょと さとり そくしんじょうぶつと さとるを ごぶっちけんと いうなり 
示す時に霊山浄土の住処と悟り即身成仏と悟るを悟仏知見と云うなり、

さとる とうたい じきしどうじょうあるを にゅうぶっちけんと いうなり
悟る当体・直至道場なるを入仏知見と云うなり、

しかるあいだ しんじんの かいぶっちけんを もって しょういとせり
然る間信心の開仏知見を以て正意とせり、

にゅうぶっちけんの にゅうのじは しゃくもんの いは じっそうの りないに きにゅうするを にゅうと いうなり
入仏知見の入の字は迹門の意は実相の理内に帰入するを入と云うなり

ほんもんの こころは りそくほんがくと はいるなり
本門の意は理即本覚と入るなり、

いま にちれんとうのたぐい なんみょうほうれんげきょうと となえたてまつるほどの ものは ほうとうに はいるなり うんぬん
今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る程の者は宝塔に入るなり云云、

また いわく かいぶっちけんの ほとけとは 9かいしょぐの ぶっかいなり
又云く開仏知見の仏とは九界所具の仏界なり

ちけんとは みょうほうの 2じ しかんの 2じ じゃくしょうの 2ほうなり しきしんいんがなり
知見とは妙法の二字止観の二字寂照の二徳生死の二法なり色心因果なり、

しょせん ちけんとは みょうほうなり
所詮知見とは妙法なり

9かいしょぐの ぶっしんを ほけきょうの ちけんにて きくことなり
九界所具の仏心を法華経の知見にて開く事なり、

ここをもって これを おもうに ほとけとは 9かいの しゅじょうの ことなり
爰を以て之を思うに仏とは九界の衆生の事なり、

この かいかく あらわれて こんじんより ぶっしんにいたるまで たもつやいなやと しめすところが みょうほうをしめす
此の開覚顕れて今身より仏身に至るまで持つや否やと示す処が妙法を示す

じぶつちけんと いうなり
示仏知見と云うなり、

してい かんのうして うけとるとき にょがとうむいと さとるを ごぶっちけんと いうなり
師弟感応して受け取る時如我等無異と悟るを悟仏知見と云うなり、

さとって みれば ほっかい3ぜんの ここの とうたい ほけきょうなり
悟つて見れば法界三千の己己の当体法華経なり

この ないしょうに はいるを にゅうぶっちけんと いうなり ひすべし うんぬん
此の内証に入るを入仏知見と云うなり秘す可し云云、

また いわく 4ぶっちけんとは 8そうなり かいとは せいの そうなり にゅうとは しの そうなり
又云く四仏知見とは八相なり開とは生の相なり入とは死の相なり

ちゅうかんの じごは 6そうなり げてんたくたいとうは じぶっちけんなり
中間の示悟は六相なり下天託胎等は示仏知見なり

しゅっけこうまじょうどうてんぽりんとうは ごぶっちけんなり
出家降魔成道転法輪等は悟仏知見なり、

ごんきょうの こころは しょうじを おんりする きょうなるがゆえに 4ぶっちけんに あらざるなり
権教の意は生死を遠離する教なるが故に四仏知見に非ざるなり、

こんきょうの とき しょうじの 2ほうは いっしんのみょうゆう
今経の時生死の二法は一心の妙用・

うむの2どうは ほんがくの しんとくと かいかくするを 4ぶっちけんというなり
有無の二道は本覚の真徳と開覚するを四仏知見と云うなり、

4ぶっちけんを もって 3ぜの しょぶつは いちだいじと おぼしめし よに しゅつげん したもうなり
四仏知見を以て三世の諸仏は一大事と思召し世に出現したもうなり、

この かいぶっちけんの ほけきょうを ほうねんは しゃへいかくほうといい
此の開仏知見の法華経を法然は捨閉閣抛と云い

こうぼうだいしは だい3の れつけろんの ほうと ののしれり
弘法大師は第三の劣戯論の法とののしれり、

5ぶつどうどうの したを きるものに あらざるや
五仏道同の舌をきる者に非ずや、

じかくだいしちしょうとうは あくしに つるぎを あたえて わがおやの あたまを きらするものに あらずや うんぬん
慈覚大師智証等は悪子に剣を与えて我が親の頭をきらする者に非ずや云云、

また いわく 1とは ちゅうたい・だいとは くうたい・じとは けたいなり
又云く一とは中諦・大とは空諦・事とは仮諦なり

この えんゆうの さんたいは なにものぞ いわゆる なんみょうほうれんげきょう これなり
此の円融の三諦は何物ぞ所謂南無妙法蓮華経是なり、

この5じ にちれん しゅっせのほんかいなり これを なづけて じと なす
此の五字日蓮出世の本懐なり之を名けて事と為す、

にほんこくの いっさいしゅじょうの なかに にちれんが でしだんなと なるひとは 
日本国の一切衆生の中に日蓮が弟子檀那と成る人は

しゅじょううしひきかんぶつこみょういいんの ひとなり
衆生有此機感仏故名為因の人なり、

それがために ほけきょうの ごくりを ひろめたるは しょうきにおうこみょういえんに あらずや
夫れが為に法華経の極理を弘めたるは承機而応故名為縁に非ずや、

いんは げしゅなり えんは さんごの しゅくえんに きするなり
因は下種なり縁は三五の宿縁に帰するなり、

じの いちねんさんぜんは にちれんが みにあたりての だいじなり
事の一念三千は、日蓮が身に当りての大事なり、

1とは いちねん・だいとは 3ぜんなり この3ぜんと きたるは じの いんねんなり
一とは一念・大とは三千なり此の三千ときたるは事の因縁なり

じとは しゅじょうせけん・いんとは ごおんせけん・えんとは こくどせけんなり
事とは衆生世間・因とは五陰世間・縁とは国土世間なり、

こくどせけんの えんとは なんえんぶだいは みょうほうれんげきょうを ひろむべき ほんえんの くになり
国土世間の縁とは南閻浮提は妙法蓮華経を弘むべき本縁の国なり、

きょうにいわく「えんぶだいないこうりょうるふしふだんぜつ」これなり うんぬん
経に云く「閻浮提内広令流布使不断絶」是なり云云。


「胎は華なり足は経なり此の五尺の身妙法蓮華経の五字なり、」
足で歩いて 家庭訪問
兵庫の足の不自由な婦人部さんが 坂道を足の供養と言って 歩いているという話を思い出しました


「師弟感応して受け取る時如我等無異と悟るを悟仏知見と云うなり、」





御本尊と大聖人と自分自身とが区別がないと信じて、そのありがたさを心にしみて感謝申し上げながら、題目を唱えゆくことです。
大聖人様と区別がないなんて 有り難いね(^^♪

「今身より仏身に至るまで持つや否や」
たもち奉るべし と答えたくなる 私がいる~(笑)

誤字脱字 教えてね~

[PR]

by tomotiyoo | 2018-05-24 00:00 | Comments(13)

Commented by ちよ at 2018-05-24 06:06 x
おはようございます

はじめます 南無妙法蓮華経
Commented by ちよ at 2018-05-24 07:01 x
ありがとうございました
用事を済ませて 再開します(^^♪
Commented by ルル at 2018-05-24 07:33 x
お早うございます(*^^*)
ちよさん昨日はまっつんさんに電話して下さりありがとうございます。m(_ _)m
始めます(^-^)/
Commented by ちよ at 2018-05-24 09:13 x
ありがとうございました

ルルさん おはよう
電話は してないよ
7月頃 まっつんに 会いに行こうかと思ってます(^^♪
Commented by ちよ at 2018-05-24 09:31 x
愛知広布原点の日 おめでとうございます

『常に前を向こう!
常に一歩進もう!
仏法は「本因妙」だ。
「今」を生き抜く人が 最期に必ず勝利する。』

100カ寺目か 101カ寺目が 江戸川区だったような気がする
間違ってたらごめんなさい
今ある家の仏壇は 江戸川の醍醐寺だったかな~?
の 近くの金剛堂さんで 買いました
勿論 ローンで(笑)
記念写真も 撮ってもらったような・・・

組織利用の商売 金銭貸借 厳禁

たまちゃんが 復帰なのね~

では またね~

そうそう 7日と 25日目 続行中\(^o^)/
Commented by Tommyのパソ at 2018-05-24 11:51 x
みなさんこんにちは。
経も半日頑張りましょう。
Commented by ルル at 2018-05-24 15:04 x
ちよさんありがとうございます(*^^*)✨
Commented by tomotiyoo at 2018-05-24 22:28
パソさん こんばんは
今日は 30分足りないけど 明日 また 顔晴る~
おやすみなさい
Commented by tomotiyoo at 2018-05-24 22:29
ルルさん いえいえ~
Commented by ちよ at 2018-05-25 06:21 x
おはようございます
はじめます 南無妙法蓮華経
Commented by ルル at 2018-05-25 07:30 x
お早うございます(*^^*)
始めます(^-^)/
Commented by tomotiyoo at 2018-05-25 10:01
ありがとうございました

ルルさん おはよう

今日は 発見が・・・
かんきのなかの だいかんき と思ってましたが かんぎのなかの だいかんぎ って 読むんですね(^^♪
任用試験の勉強して よかった\(^o^)/
新たな発見です

10時半から 唱題会 行ってきま~す
Commented by ちよ at 2018-05-26 07:23 x
25日は 8日と26日 完了