人気ブログランキング |

ブログトップ

真実を語る(真実が知りたい) 

<   2016年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧


ブログをしていると 思い出すことが多いです
自分の記憶として載せておこうと思う


by tomotiyoo | 2016-08-12 00:35 | Comments(4)


行きたいな~!

過去記事はここをクリック

誰か一緒に行かない~?\(^o^)/


by tomotiyoo | 2016-08-11 00:00 | Comments(17)

猫事さんです


昨日は ブロ友さんがお見えでしたので 手抜きさせてくださいね


by tomotiyoo | 2016-08-10 00:00 | Comments(5)

ブログの勧め

ブログをはじめて よかったことは 色々な人との出会いがある事
いいも 悪いも 思い出です
まだまだ 人間革命の途中ですが これでも 本物の人材目指してます(*^-^*)
本物って 何だろう?
戸田先生は 一番偉い人は 確信のある人と言ってましたね
なかには 妄信 狂信だなどと 思うかもしれませんが ほんの少し 確信が出てきました
そして 何があっても紛動されない自身になったという事でしょうか?
人間だもの イラッとすることもありますよ
でも そこは 得意の ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \で 乗り切ります

日記を書くのももちろんいいですが ブログだと 探すのが早いです
こんな記事を書いていたような気がするなと思った時 この頃 どんなことをしていたんだろうとか 検索で見つかります
便利ですね
ブログをしてない方 やってみるといいと思いますよ
気まぐれの更新でも コメントを受け付けなくても それは 自分の自由ですから・・・

今まで うるさい事を 友人には言いすぎましたね
私も 支配欲が強いです(笑)
こうあるべき などと言うのは ちょっと古い 日顕宗思想でしたね
私も なかなか 抜け切れませんでした
もっと自由に ありのまま 私らしく これからも進んでいこうと思います
そして 自分に正直でありたいです


(Good bye Yesterday )

ブログをしていない方 はじめて見てはいかがですか?
ブログをされている方 あなたのブログ 教えてくださいね\(^o^)/


by tomotiyoo | 2016-08-09 00:00 | Comments(11)

唱題と念珠・・・

前川ネギ之介 さんの ブログです


100万遍のお題目 もっと早く達成していたのかも?
もっとも 100万遍になる前に 祈りが叶っていることが多いですが・・・


by tomotiyoo | 2016-08-08 00:00 | Comments(10)

感動が感動を呼ぶ

[感動が感動を呼ぶ テーマ:メッセージ

一人の人が他の人を

感動させれば、

他の人はまた他の人を

感動させる。

気付いたら

感動の集団ができあがる。

だから今日も

感動を伝えたい。

たった一人でもいいから。

                直太」


浜口直太さんのブログは ここをクリック

いつも勇気と感動をありがとうございます





by tomotiyoo | 2016-08-07 17:20 | Comments(3)

これが答えかも?


(オーディオブック サンプル 浜口直太のビジネス金言集〈1〉元気になれ }



by tomotiyoo | 2016-08-07 05:39 | Comments(10)

貧乏の奨め

貧乏といっても 度合いは人それぞれ
餓鬼界の貧乏は 欲しいものが手に入らないだけで ド貧乏(笑)
電気ガス水道などの 公共料金が滞らなければセーフ?
水道は 最後に止まるという事も知った

昔は ある時期になると 塩むすびや 寂しい食卓 楽しい食卓
ある人は思い切り 無い人は祈って との話を聞いたものである

楽観主義の バカボンパパは 何があっても 貧乏には強い(笑)
どんぶり勘定で ケセラセラ
それが 1年前から 計画を立て 家計簿らしきものをつけ始めた
人は いくつになっても変われるし 遅い事はない

どうにか 行きたいところへ 行きたい時に行ける境涯にもなった
元はといえば 仕事関係で 二人一緒に 沖縄・上海・バンコク・ソウルへと行けた時代もあったが 今は遠い昔の話である
その中で 今 感じること
いざとなった時に ご本尊様の功徳を知る
ピンチはチャンス
何度も起こる ド貧乏生活
それでも 楽しく過ごせるのは ある時期に 目標に向かって 節約生活をしてきたおかげである
ちょっとやそっとの事では 動じない自分がいる

もし それを知らないで 好き勝手に遊んでいたら もう私は 生きてはいないだろう

幸せは 強くなること
そして いつかは 悠々自適な生活ができる境涯になる事は 間違いないのだから!

by tomotiyoo | 2016-08-07 00:00 | Comments(0)

「若き友へ贈る」

「私は自分では、非常に幸せ者であると思っている。
それは、物質的に恵まれているなどという単純なことではない。
自己の生涯を賭けて、なおあまりある信仰に巡り合えたことのみならず、それを私と相連なって実践する多くの青年の友人がいるからである。」
(はしがきより抜粋)

あの人は、楽しそうでありながら正しさがある━と 人々から 限りなく信頼されるような 高く抜きんでた 寛大な人生で 私は 一生を終わりたい
名もない人達と 歩みながら 心を打たれたといわれる人生を 私は 生きたい


曖昧さと 中途半端ということを 私の姿勢から取りたい
自分の約束を 自分で果たしてゆくところに 私の一生涯にわたる城が 構築されることを 願っているからだ

     ※

僕は 僕の道を 堂々と 真剣に 怠惰に溺れず 高山に登るが如く今日も進む

     ※

今日の旅も終わり 皆で大笑いできるような 明日への出発でありたい

     ※

桜の花 竹の戦ぎ(そよぎ)
庶民の顔 青年の声
総てを愛しながら 私は 幸福の道を往く」

この本は1973年11月20日 発行となっている
私が 13歳の時の誕生日だ
13歳といえば 中等部
まだ 正本堂ができる前 中等部の責任者と 中等部のメンバー何人かで 登山した記憶がある

夏は 夏期講習会
私は いつも 留守番組だったが 常泉寺で大成功のために 唱題会を設けていた
終わった後の 報告会が とても楽しみだった
参加したメンバーは 狂喜乱舞
聞いている人も それだけで 喜びに沸いた
先生が・・・ 先生が・・・と
握手できた人 できなかった人
悲喜交々だが 最後はみんな 笑顔に溢れ 決意にあふれていた

「今日の旅も終わり 皆で大笑いできるような 明日への出発でありたい」

先生の思いが 今 思い出となって甦る
そして また 今日から 皆で大笑いできる出発をしていこう


by tomotiyoo | 2016-08-06 00:00 | Comments(10)

唱題会にて

婦人部中心の唱題会ではあるが バカボンパパと 一緒に参加した
牙城会室で Y君が バカボンパパの顔を見て ニヤッと「婦人部の唱題会ですよ」と
私は 「えっ 壮年部はダメなの?」
Y君の隣にいた男子部らしき人が 「どうぞどうぞ」と
仏間に入ると 婦人部に交じって 壮年部の姿が ちらほら
やっぱり ちゃんといらっしゃるのですよ
求道心溢れる 壮年部の方が!

冷房がききすぎて バカボンパパは ロビーへ
そこで いつも バカボンパパが 接骨院でお会いする壮年部の方が・・・
女子部の頃から 党員で一緒だった方である

「お久しぶりですね~」
「外務政務次官室へ 一緒に行ったっけね~」
「ああ そんな事もありましたね」(よく覚えていてくださったな~)
そういえば 東さん 元気なのでしょうか?
完全に 退転しちゃったの?」
「そうでしょうね」

私が 最後に東さんに会ったのは 江東区での街頭演説だった
公明党にいた時は 同志で溢れかえり 拍手喝さい 頑張れ!頑張れ!の声援
しかし 公明党を離れての演説 
そこで 聞いてたのは 私とホンの2.3人
演説が終わった後 私は彼に聞いた
「どうして そっちに行っちゃったの?」
「新進党に移行したのだから そのまま残るのが筋だ」と
「応援してくれた みんなの気持ちはどうなの?」
「・・・」
「まぁ いいや 帰ろう」

あれから どのくらいたつのだろう
お子さんも 大きくなっているだろうな?
そんな事を考えた

彼には 必ず
「今は お世話をしますから 当選したら 国民のお世話をしてくださいよ」
と 話していた

彼はよく言っていた
「国会の守衛さんが 僕に挨拶してくれるけど あれは バッチに挨拶しているんだよ」
「バッチだけに ばっちいにならなければいいけど・・・」と


一度はお世話になった人
今 彼はどうしているのだろう?
会いに行ってみようかな?と ふと思った


by tomotiyoo | 2016-08-05 00:00 | Comments(5)