人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アンビリバボー

とは 思わなかったけど 感動した

「ゴールドマン・サックスの男子部杉田秀之さんが、9月26日(木)フジテレビ19時57分~22時までの『奇跡体験アンビリバボー』の体験の一つととして出演いたします。
始めに、2016年の社会部夏季研修での体験発表の一部を抜粋いたします。
『慶応大学ラグビー部の1年の時に、出場した試合で相手選手と接触。首の骨を折る大怪我で、脊髄損傷の障害を負いました。
脊髄損傷とは手足を動かせないどころか、感覚をも失い、首から下のどこを触っても全くわかりません。

自分の子供が一生寝たきりになると医師に宣告された状況下でも「私たちには信心があるから」と前を向く両親の姿に、この信仰には何かある、そう感じた私は「御本尊様と向き合って思いや悩みをそのままぶつけてごらん、本当に叶えたいと真剣に祈ってごらん」と両親に言われたその言葉を信じてみようと、またこの信心に力があるならそれを見極めようとの思いで勤行・唱題への挑戦を開始しました。
私は、必ずまた「自分の足で歩く」、そう前向きに祈り、リハビリに取り組みました。すると、その量に比例して体にも変化が現れました。
胸から下へ降りてくるように感覚が戻ってきたのです。それからベッドの上では常に自分の足に向かって、心でお題目を唱えながら、「動け、動け!」と、一日中睨みつけていました。そうして1ヶ月が経ったある日、ピクっと足の指に反応がありました。ついに、自分の意思で足を動かすことができたのです!

まさに神経が繋がった瞬間であり、誰よりも主治医の先生が驚いていました。それからは加速度を増すように回復。半年後には着替えや食事も自分で出来るようになり、車イスに乗って大学の試験も受けることができました。そして寝たきりの状態から車イスも卒業し、私は今ここに自分の足で立つことが出来るまでになりました。』

今回の番組は、この体験に加え、
慶応ラグビー部は合宿の最終日にメンバー全員で富士山登頂をしていますが、その年は杉田さんの怪我で中止となりました。
時が立ち、杉田さんと一緒に富士山登頂をしようと、当時のメンバーが企画し、その思いに杉田さんも決意し、様々な困難を乗り越え、先月8月に見事登頂を果たした感動的なドラマです。
山田委員長も、会社の直属の上司ですので、インタビューで出演するとの事です。
富士山登頂の部分は、今、番組の予告編をが掲載されているので、下記ご確認ください。よろしくお願いいたします。

【番組予告編】
仲間たちとの12年越しの約束を果たすため富士登山に挑む!

2007年8月、慶應義塾大学ラグビー部で起こった悲劇。
当時1年生の杉田秀之さんは夏合宿の練習試合中にスクラムが崩れ、頚椎、頚髄を損傷。手術により一命を取りとめたが、生涯歩くことはできないと診断された。
そして、合宿の最終日にチームワークを強化するために予定していた富士登山は急遽中止となった。「一人でも欠けたらチームじゃない。杉田が良くなったら皆で行こう」 杉田さんと監督はそう約束をした。
その後、再度手術を行うも変化はなし。
しかし、奇跡的に右足の親指がぴくりと動いた。
希望が見えた瞬間だった。
その後も懸命にリハビリをした甲斐もあり、少しずつ運動能力が改善してし、手術の約10日後、奇跡的に右足の親指がぴくりと動いた。希望が見えた瞬間だった。
その後も懸命にリハビリをした甲斐もあり、少しずつ運動能力が改善してきた。
しかし自分の“障害”と向き合う時間も増え「どんなに頑張ってもラグビーはもう一生できない」と悟った杉田さんは、お見舞いに来てくれたラグビー部の仲間たちにも辛く当たってしまう。
そして、仲間たちもまた、突然ラグビーができなくなった杉田さんにどう接すればいいのか戸惑っていた。

そんな中、杉田さんに連絡をし続ける部員たちもいた。
「戻ってこい」という声に押されて怪我から約2年半後、データ分析係としてラグビー部に帰ってきた。
杉田さんはプレーでチームに貢献ができなくなった今、自分が仲間たちのために何ができるか考え、徹夜でモチベーションビデオを制作した。
チーム一丸となって挑んだ因縁の早慶戦で10年ぶりに早稲田大に勝利。
その後、杉田さんは大学卒業も果たし、就職した。10年以上が経ち、30代になったラグビー部の仲間たちはそれぞれ結婚。式で顔を合わせることも多くなった頃、急遽中止にした富士登山の約束がどうなったか、実現しようと話しすることも増えた。…と言っても、まだまだ体に麻痺が残る杉田さんはは、またいつもの冗談だと笑っていたが、次第に杉田さん自身も本気でチャレンジしたいと思うようになった。
こうして「富士登山計画」はは10年以上の時を経て動き出した。

長文となりましたが、男子部の体験が『奇跡の体験』として、番組で放映されるとは凄いです。
当日が楽しみです。」

というLINEが 友人から来たのは、24日 火曜日
とりあえず やるということでけ ここの コメント欄にも 入れておいた

ゴールドマンサックスと いえば 岡本三成さんが勤めていた会社

続きはコメント

by tomotiyoo | 2019-09-27 06:22 | Comments(9)

防災訓練

色々なところに設置されているAED
今日 はじめて 使わせていただきました
もちろん 相手は 上半身だけの人形ですが(笑)
お決まり通り 間違えました(^.^)
電源を入れる前に パットを 剥がした
そのパットを 下に置いた
パットは 片方を剥がし 貼ったあとに もう一枚を剥がすそうです
パットを剥がして 下に置くと 使えなくなるようですよ
説明不足ということもあり 間違えたことを 褒められちゃいました(笑)

問題は 実際に 使用しなくてはならない状況の時に 落ち着いて できるかどうか?
人工マッサージも やらせていただきました
こちらも 人形ですが

いい経験をさせていただきました
党員会でも やるといいかな?
一応 区議に 打診しておきました

皆さんも 一度 体験すると いいですよ

by tomotiyoo | 2019-09-22 23:13 | Comments(10)

日顕のおかげです

亡くなったと 聞いたよ


うちには 以前 妙観講の人が 来ていました
バカボンパパが 入院中も来ていました





超 忙しいころで 忙しいから今日は帰ってね と言っても 聞く耳を持たず しつこい方々でした
この方たちには 10年後 いらっしゃい
どうなっているか 証明しよう!と

そんなわけで バカボンパパを 死なせるわけにはいかない
悔し涙の お題目も上げました

今 考えると それも 感謝です


「しゃかにょらいの おんためには だいばだったこそ だいいちの ぜんちしきなれ

釈迦如来の御ためには提婆達多こそ第一の善知識なれ、

いまの せけんを みるに ひとを よくなすものは かたうどよりも ごうてきが ひとをば よく なしけるなり

今の世間を見るに人をよくなすものはかたうどよりも強敵が人をば・よくなしけるなり、」

御書の 通りなのです

日顕がいなかったら ご供養も たくさん大石寺にいっていたことでしょう

世界広布が広がったのも 悔しい思いをはねのけたSGIがあったからでしょう

どんな相手でも 憎むことはしたくないので ご冥福を祈ります






by tomotiyoo | 2019-09-21 00:00 | Comments(11)

うつ 自己診断





この 病院が いいか?悪いか?は別として この診断は なかなか よさそうよ

私が 配達員をしていた時は 健康診断の中に 含まれていたけど 今は どうなんだろう?

今 考えると 健康診断の結果で 幹部の人が 配達を やめるように すすめてくれたのかもしれない
自分から 配達をとったら 何が残るの?と言っていた私だったけど 安心したのかな?
あと もう少しで 10年だったけど キッパリやめると返事をしたのを 覚えてる
それだけ 切羽詰まっていたのかも?
その当時は 誰も 相談する人が いなかったから

少し 休むことも 大事だよね

でも 大丈夫!
きちんと 待ってくれる場所があるから
それが 創価家族だよ🎵


by tomotiyoo | 2019-09-17 00:00 | Comments(9)

お題目を あげきる!


この時から 約1年半経ちますね
コメント欄には 花さんも いました
チーコちゃん 残念ながら 今は鬱で休眠状態です

私の場合は

今 思いおこしてみると まだ ブログを始める前 池田先生の写真展があってその時も鬱が出ました
パートも 風邪と言って休み 気分はどん底でした
でも 次からは 絶対 鬱では寝込まない!って 深く深く 決意したのです
それから 一度も 鬱では寝込んでいません
そればかりか 鬱状態にすら ならないんです
イノチが変わるまで お題目だよね という 千早さんの言葉が胸を打ちます
お題目を あげきることが 大切なんだよね

今は 頑張れないかもしれないけど 必ず 頑張れる時が来るから その希望だけは失わないでね!(^^)!



by tomotiyoo | 2019-09-16 00:00 | Comments(5)

花さんのこと 覚えてる?









その後 花さんは 鬱になり 大変な状況になった
お題目を 送りながら たまに 一緒に 電話で勤行したり そんな中

わが友に贈る
いつから 大誓堂の絵になってたの?と
コメント欄で みんなに質問したら
あら~ 花さんじゃない?

x

こんにちは(^ー^)
大誓堂の絵火曜日からですよ♡
1級試験祈ってくださった皆様ありがとうございます!
2度目の挑戦で合格しました!難しかった💦
晴れ晴れと母娘、地区の方と念願の大誓堂に参加します!!!


そして 花さんは 元気に大誓堂に来たのです


しかし その後 また鬱になり 今は 絶不調

昨日 久しぶりに 彼女から電話が・・・

また みんなに お願いしようか?

と 聞いたら お願いしますって


千早さんに 話したら それは功徳だよ 

転重軽受(てんじゅうきょうじゅ)だよ って






↑ クリック


自分の体験を 話してくれた


戸田先生も 言ってた

信心して出てきた事は 全て功徳だよ と


私が 一番したいこと 

人の為に本気で祈れる人を増やすこと‼️


と いうわけで 

皆さん お題目の応援 よろしくお願いいたします


花さん もう少し待っててね(^.^)


by tomotiyoo | 2019-09-10 00:00 | Comments(25)

バカだね~(笑)

f0304463_10535039.jpg

被害がなければ 台風も楽しいなんて思って 台風一過の家に帰ったら

あら 被害‼️

いつも 朝 一緒に勤行しているTさんが しゃくぶくした Kさんからいただいたばかりの 傘立て
割れてしまいました

Kさん 近くの施設に引っ越しするため 要らなくなったものを 色々くれました
その前に いいな~と 思ってた 傘立てなのです

Tちゃんのうちの 冷蔵庫が壊れそうだと 言ってたので Kさんの冷蔵庫をうちが いただいて うちの 冷蔵庫を Tちゃんに あげました

うまく ことが運んでいる と 思っていたら(笑)やっぱり これは 油断ですね

まぁ 怪我はなかったので よかったのですが やはり 馬鹿な親子です

みんなが 心配してくれているのに
大変失礼いたしました

油断大敵

台風一家の 我が家の 教訓です

by tomotiyoo | 2019-09-09 12:00 | Comments(2)

山本二三展




クリックしてね



by tomotiyoo | 2019-09-06 22:09 | Comments(5)

やっと 行って来た\(^-^)/

f0304463_18370655.jpg

創価文化センターに バカボンパパと行くのは はじめてです
今回は 地区のTさん バカボンパパの弟と 4人です


記念に


f0304463_18414280.jpg

いただきました

f0304463_18422103.jpg

f0304463_18441560.jpg

こんな形でしか お伝えできませんが 新・人間革命を読んで 私が山本伸一 と 思って 自他共の 幸福を創ることが 大切かな?と

皆さんと 一緒に これからも歩いて行きたいと思ってます(^.^)

先生に お手紙を書き 私だけ接遇センターへ
いっぱい おしゃべりしてきました(笑)

民音博物館では バカボンパパの弟も 感激したようです

明日は 富士美の予定です\(^-^)/

by tomotiyoo | 2019-09-04 19:00 | Comments(8)

病気と病魔は違う 9月号 大白より

健康について 池田先生がシリーズで講義をしてくださること 本当に嬉しく思います

『創価学会の信心は、医学を否定するものではなく、その成果を最大限に活かすものだということ。
創価学会は草創期より〝貧乏人と病人の集まり〟と悪口を言われてきたが、「一番苦しんでいる人を救うのが、〝真に力ある宗教〟だ」ということです
 
病気は、生きる希望を失い、生活や幸福を破壊し、未来を閉ざしてしまう場合さえあることが問題なのてす。

まさに病魔というべき〝負のエネルギー〟と真正面から闘い、人々に生きる勇気と力を送り、人間の尊厳を蘇らせてこそ、真の「人間のための宗教」ではないでしょうか。

病気の夫、髙橋入道を抱えた妻、妙心尼御前に与えられたお手紙です。
この「このやまひは仏の御はからひか」と受け止める信心が肝要なのです。
偉大な妙法を持つ人が宿命を打開できないはずがありません。
嘆くことはありません。
恐れることもありません。
大事なことは、病気になったという現実に、いかに向き合い、どういう一念で立ち上がるかです。

仏も「少悩少病」

トルストイは 「人間が自分のなすべきことをなすのを妨げるような病気はない」
「人間は病気のときも健康なときも変わりなく、自分の使命を遂行できる」と

病気と病魔は同じではないということ。
戸田先生が、何よりも鋭く見つめておられたのは、信心で病魔と闘う一念があるかどうかでした。
どこか、人任せだったり、諦めや疑いの心根があったりする人には、厳父の如く烈々と指導されました。』

 私の周りには 癌を克服されている方が 沢山おられます
そして 我がバカボンパパも 難病を寛解することができました
「祈り それはあきらめない勇気」
先生からの 数々の激励のなか 親子共々 新たに確信を掴むことができました
しかし 本当に大切なことは 健康を維持すること
今回の 健康診断で 私は糖尿病予備軍と 言われました
来年の 健康診断まで しっかり賢い食生活に徹し 健康体になりますよ
また 一つ 目標ができました
報恩感謝の祈りで 傲らず これからも 体験を生き生きと語っていきたいと思います

by tomotiyoo | 2019-09-01 00:00 | Comments(9)