人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ご挨拶

真実を語る(真実が知りたい)について

私がこのブログを始めたきっかけは、いじめについて、日ごろ考えていたからです。
「いじめを許さないことも平和の戦いである。
差別を許さないことも平和の戦いである。
嘘の悪口を許さないことも 平和の戦いである。」
と語る 池田名誉会長。
黙っていたらいけないと思った。
平和とは、勝ちとるものだ。
見てみぬフリをするのが、一番卑怯だ。
沈黙は金ではない 語っていくんだ。

※投稿された内容は、記事にして お答えする場合もございます。
いたずらと思われるコメントについては、削除させて頂きます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

by tomotiyoo | 2019-11-20 00:00 | ご挨拶

必見‼️

BSテレビ東京特別番編


日中文好の朱鷺よ、再び(仮)
日中友好の歴史、現在、そして未来
BSテレビ東京で放送する特別番組『朱鷲よ、再び(仮題)』では
明年3月から日本全園30都市で開催される舞劇Dence Drerr.「朱驚」の
上海での練習風景や、公演の内容について紹介。
さらに番組では、日中の文化交流による友好の歴史を追いながら、
その歴史の中でも重要な、民音創立者池田大作先生が1968年に
日大講堂で発表された「日中国交正常化提言」や、
74年の周恩来総理との会談の模様などを紹介する中で、
中国人民対外友好協会の李小林会長をはじめ、歴史の証人たちが、
日中の文化交流と民音について語ります。
2019年11月16日(土)
16:00〜17:00 BSテレビ東京
一BSテレ東7ch、全国でご視聴いただけます

by tomotiyoo | 2019-11-15 08:01 | Comments(0)

片目は終わった(^.^)

赤鬼さんの 片目の手術は 終わったようです
痛みもなく 声は元気でした(^.^)
少しの間 朝の挨拶はないけど 来週には 元気に復活でしょう
医者で治るものは 医者に行って さっさと 治しましょう
赤鬼さん お大事にね🎵

by tomotiyoo | 2019-11-14 00:00 | Comments(3)

生命(いのち)の若者たち 池田会長と一千万人の記録

五島 勉さんの本で 1970年5月10日 第一刷発行となっている 
430円

先日 ひらがな御書メンバーで 点字をされているまきこさんに 生命の恋人たちを 渡したあと この本が 出てきた








わが本陣長さんご夫婦が 娘さんの家に越され 置いて行ってくださった本の中の一冊である

その中のエピソードに 沖縄のゆかりちゃんとの出会いがある

『「それは、ちようど夕方で、先生の指導はもう終わったあとでした。
各地から集まってくれた会員たちも、おおかたひきあげ、先生はとても疲れておられました。・・・
ぼくらには何もいわれなかったけど、顔色から見て、また熱を出しておられたんじゃないかと思います」
原田君はそのときの様子をふりかえって、感慨ぶかそうにこう話す。
「それでも先生は、遠い辺地の部落から、はるばる
、、、
うちの人たちが来てくれた。ときき、"うれしいな。すぐ会いましょう“といわれましたよ。

そのとき先生は、ゆかりちゃんのサクラにジッと目をとめました。
ゆかりちゃんはサクラをかかえて、先生の胸にぶつかるように走りよってきました」
そしてゆかりちゃんは言った。
泣きながら、とぎれとぎれに。
「先生、これがあたしのおみやげです。
ほかに何にもあげるものがないから、途中で折ってもってきたんです。
いけなかったかしら?
もしいけなかったら、先生、ウンとあたしを叱ってください!」
池田氏はしばらく黙っていた。
ずいぶんコワい顔をしていた。
もしかすると怒られるんでは、と、ゆかりちゃんも部落の人たちも原田君も、少しヒヤヒヤして氏の表情を見守った。
しかしそれは杞憂(きゆう)だった。
池田氏がコワイ顔になったのは、怒ったためでなく、一生けんめい涙をこらえたためだったのである。
でも、こらえきれず、とうとう瞳がキラリと光った。
はにかみやの会長の涙を、原田君はこのとき、秘書役になって以来はじめて見た。
「それからも感激でしたね。
先生は目をしきりにパチパチやって、ゆかりちゃんの涙もふいてやって、とても嬉しそうな声でこういわれたんです。
「ああ、ありがとう。
こんなステキなおみやげもらったの、生まれて初めてだよ。
何をお返しにあげようか。・・・
そうだ。
今聞いたらきみはお父さんを亡くしたっていうから、
わたしが代わりにお父さんになってあげる。
いいね?
きみは今日からわたしの娘だよ。
こんどからお父さんの名前は?ってきかれたら、
“ハイ、池田大作といいます"
胸を張ってそう答えるんですよ」
ゆかりちゃんは何も言えずに泣いていました。
そのあと、先生はゆかりちゃんと手をつないで、そのへんを散歩したり、何かごちそうしたり・・・
本当の父親のようにやさしくしてあげてましたね」

沖縄から東京に帰った池田氏は、半日休んだだけで、またすぐ激務に追いまくられた。
(中略)
さすがの池田氏も、秋口に入って、疲れの色がめだってきた。
原田君はハラハラして休養をすすめ、しかしなかなかきいてくれないので、ある日一計を案じて、四谷のあるシニセから上等の和菓子をとりよせた。
(中略)
「ウワー、うまそうだなあ。こんなの食べたことないよ。
上品すぎてわたしなんかにはもったいないな」
原田君はシメタと思った。
どうかたくさん食べて、少しでもお疲れを直してほしい・・・
原田君は名菓の由来をいろいろと説明し、もう一度熱心にすすめた。
ところが、ここで妙なことがおこった。
池田氏は、勢いこんでお菓子にのばした手を、途中で急にひっこめ、黙って何か考えこんでしまったのである。
「召し上がらないんですか、先生?」
原田君は心配になってきた。
すると池田氏は「ウン」とうなずいた。
そしてつぎに氏がつぶやいた言葉は、原田君にたいへん意外なものだった。
「わたしは食べなくていい。
こんなおいしそうなお菓子、
わたしが一人で食べるわけにはいかない。・・・
これはわたしの子供に食べさせるよ。
おいしいものなんか一度も食べたことのない子供に・・・
「坊っちゃん方にですか?」
原田君はビックリした。
(中略)
「いや、わたしの子供といっても、それは娘のことだよ。
このお菓子はわたしの娘にとどけてやろう。・・・
まだ思い出せないのかい?
わたしはこれを、あの、沖縄のゆかりちゃんに腹いっぱい食べさせてやりたいんだよ」
原田君はポカンとして、
「ああ、そうですか」と返事をした。
しかしつぎの瞬間、ハッキリと思い出した。
それで急いで何かいいかけようとしたが、言葉のかわりに口からほとばしったのは、自分でも思いがけ
     、、、 
ない感動のおえつだった。
何という記憶力!何という慈愛!
半年間の月日と幾万人への応援をへだてて、しかもなお池田氏は沖縄の貧しい一少女のことを忘れていなかったのだ。
ゆかりちゃんという一少女を通して、沖縄というものを、軍事体制にしいたげられた民衆の姿を、氏はいつも心にきざみつけていたのだった。
原田君は涙をぬぐうと、さっそくお菓子をゆかりちゃんに送る手配をするため、沖縄担当の部署へすっとんでいった。
たまたま上京していた沖縄の幹部が、お菓子の箱を宝物のように抱いて、
直接ゆかりちゃんの部落までもっていくことになった。
箱には心をこめた池田氏の長い手紙をそえて。
それは本当の父親が遠い娘に送るような、こまやかな心づかいにあふれた手紙だった。
はじめと終わりの部分だけを紹介すると、内容はだいたいこんなことである。
「・・・ゆかりちゃん、元気でいますか。
お父さんもゆかりちゃんたちのおかげで元気にやっています・・・
お互い苦しいことも多いでしょうが、がんばってりっぱな女性に、みんなのしあわせのために役に立つ人になってくださいね。
・・・そして大きくなったら、
ぜひ東京へ会いに来てください。
(中略)
この手紙を書くために、池田氏ははじめて厳格なスケジュールを破った。
緊急な用事でやって来た最高幹部の一人を待たせて、池田氏は夜おそく、熱のある体でいつまでもペンを走らせていた。
その姿をみつめたとき、原田君の感じた感想が、この本のしめくくりにもなる。
感動に歯を食いしばりながら、原田君はその時こう考えていた。
(これが創価学会だ。これが池田大作という人の真実だ。
どんな中傷も誤解も、嫉妬も偏見も、この先生の姿のまえには力を失なうだろう。
どんな攻撃やいいがかりをする者も、この事実を知ればあきらめて恥じ入るにちがいない。
そしていつか、いつの日か、この先生の姿に象徴される幸福な未来のためのたたかいを、すべての人が理解するときが来る。必らず来る。
これが創価学会の真実だ。
これが池田大作という人間の姿なんだ!)』

この本を読んで創価学会員で 本当によかった
池田先生の弟子で本当によかったと 今更ながら私は思うのです
「真実を語る」を続けていて 本当によかった
気づいたら 私のブログも もう6年目に突入していたのですね
読んでくださる方 本当に感謝です

この本を 置いていってくれたOさん
本当に ありがとうございました(^.^)

そして五島 勉さん
本当にありがとうございました



by tomotiyoo | 2019-11-10 00:00 | Comments(23)

続 玲乃愛のすがお

今の本は、中傷、誹謗の中で指筆談の理解を得るために書いた本なんです
そんな中を必死で闘い、やっと認知されてきました
不思議なことに「大切な人に届けて下さい」と1000冊作成した本は、認知されだしたタイミングで無くなりました
次のステージに上がる⤴️良いタイミング🌈かなぁーと感じました
信念を持って活動すると、全てがバッチリ👌良いタイミングです

次に考えているのは
指筆談と出会って素晴らしい人生に変わったこと!
幸せな人生を歩んでいる姿など、輝かしい未来があることを伝えたいと思っています
指筆談の紹介は、今回と変わらずです

人のお役に立てる!人に必要とされる!新しい道を切り開く!

希望に満ちた本を考えています‼️

そして 11月16日(土)
13時半~15時半
ひこね市プラザ
大人700円
小人500円(2才から高校生)

れのあちゃんのお母さんの主催によるコンサートが 行われます

墨田区からも 4人 観させていただきます(^.^)

興味のある方は コメント欄にて ご連絡下さい

by tomotiyoo | 2019-11-07 22:00 | Comments(6)

宇宙のリズムと

合ってくると とても楽しいよ
そんなわけで 昨日と今日はシフトが 変わった
詳しくは 勤行のあとで(^.^)

2度目の勤行 終わった(^.^)
朝は あと 一回

11月は れのあちゃんのコンサートと 自治会の日帰り旅行の為 休みを取った
あとは 基本 日 水 金の 宿直
その 日帰り旅行が 祝賀パレードの為 来年に延期になった
そうしたら 11月の大誓堂に 行けることになった(^.^)
で 昨日は 珍しく 金曜日なのに 休みになっていた
昨日は 分区の2時間唱題と 自治会の 集まり
会計の方も 残業だというので あらかじめ 自治会は 白ゆり長さんにお願いした
で・・・シフト表をよく見たら 休みじゃん(笑)
と いうわけで 両方出られたよ🎵

やっぱり 信心即生活でないとね


by tomotiyoo | 2019-11-02 06:27 | Comments(19)