ブログトップ

真実を語る(真実が知りたい) 

ご挨拶

真実を語る(真実が知りたい)について

私がこのブログを始めたきっかけは、いじめについて、日ごろ考えていたからです。
「いじめを許さないことも平和の戦いである。
差別を許さないことも平和の戦いである。
嘘の悪口を許さないことも 平和の戦いである。」
と語る 池田名誉会長。
黙っていたらいけないと思った。
平和とは、勝ちとるものだ。
見てみぬフリをするのが、一番卑怯だ。
沈黙は金ではない 語っていくんだ。

※投稿された内容は、記事にして お答えする場合もございます。
いたずらと思われるコメントについては、削除させて頂きます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

[PR]
# by tomotiyoo | 2018-11-20 00:00 | ご挨拶

とびきりの笑顔 2


今度は みんなで 会いたいね

その頃 玲乃愛ちゃんのお母さんは 今より 一段と ほっそりしている事と思います
私の おなかポッコリも スッキリとね(^^♪



[PR]
# by tomotiyoo | 2018-04-19 16:50 | Comments(7)

愚痴や文句ではなく

日頃から明るく前向きな「縁」に 接したい
(今日の 名字の言より)

私の元気の秘訣は 明るく前向きな「縁」
ご本尊様と 先生と共に 聖教新聞と共に お題目と共に 
みなさんのおかげです\(^o^)/



[PR]
# by tomotiyoo | 2018-04-18 09:47 | Comments(15)

会えたよ🎵
詳しい事は またね

なかなか 書けないの
この感動 どう言葉にしていいのかの?

ただ一つ
赤鬼さんが 結んでくれたご縁に感謝!


れのあちゃんが 出ているテレビです
車いすに お悩みの方 必見!


発端は 「うちの地区の人が新聞に出るかもしれないよ」と 赤鬼さんの電話
へ~ 凄いねと 言いながら 私の関心は 赤鬼さんが 新聞に載るかどうかだった(笑)

新聞記事の中の一番下の写真が 赤鬼さんの お宅なのです


よく見ると 右の婦人部さんの頭の上に 仏壇君のぼんぼりが・・・
後ろの花は 古池さんが作ったようですね(^^♪
赤鬼さんも 女装して 写真に入ればよかったのに~(笑)

赤鬼さんって どなた?
そう思われる方もいらっしゃいますよね
コメント欄に Tommyのパソ Tommyの仏壇 Tommyの畑など 色々なハンドルネームで登場する お茶目なおじちゃんです
元々 赤鬼で来ていたので 私は ずっと 赤鬼さんと呼んでいます


草創の方の体験は 私の心を揺さぶります
御書講義も 素晴らしかった
何も見ずに スラスラと・・・
まず 第一声
「折伏をしない人は 勿怪だよ」
思わず その通り!
素晴らしい 御書講義でした

最後に この日の嬉しい事
うさぎさんの お友達 いりこさんの入決が取れました
入会勤行会は 22日 3時半からです\(^o^)/



[PR]
# by tomotiyoo | 2018-04-16 06:30 | Comments(29)

御書



だい6てんのまおうが の このくにの しゅじょうを ほかの じょうどへ いでさじと たばかりを なして
第六天の魔王が此の国の衆生を他の浄土へ出さじと・たばかりを成して・

かくことに ふれて ひがめることを なすなり
かく事にふれて・ひがめる事をなすなり、

この たばかりが せんずるところは ほとけに ほけきょうを とかせまいらせじ りょうと みえて そうろう
此のたばかりも詮ずる所は仏に法華経を説かせまいらせじ料と見えて候、

そのゆえは まおうの ならいとして 3あくどうの ごうを つくるものをば よろこび 3ぜんどうの ごうを つくるものをば なげく
其の故は魔王の習として三悪道の業を作る者をば悦び三善道の業を作る者をば・なげく、

また 3あくどうの ごうを つくるものをば いたう なげかず 3じょうと ならんとするものをば いたうねがく
又三善道の業を作る者をば・いたうなげかず三乗とならんとする者をば・いたうなげく、

また 3じょうと なるものをば いたうなげかず
又三乗となる者をば・いたうなげかず

ほとけとなる ごうを なすものをば あながちに なげき ことに ふれて さわりをなす
仏となる業をなす者をば強になげき事にふれて障をなす、

ほけきょうは 1もん1くなれども 
法華経は一文・一句なれども

みみに ふるるものは すでに ほとけになるべきと おもいて
耳にふるる者は既に仏になるべきと思ひて、

いたう だい6てんのまおうも  なげきおもうゆえに
いたう第六天の魔王もなげき思う故に

てだてを まわして るなんをなし きょうを しんずるこころを すてしめんとて たばかる
方便をまはして留難をなし経を信ずる心をすてしめんと・たばかる、

しかるに ほとけの ざいせの ときは じょくせなりといえども 5じょくの はじめたりし うえ ほとけの おんちからをも おそれ 
而るに仏の在世の時は濁世なりといへども五濁の始たりし上仏の御力をも恐れ

ひとの とん じん ち じゃけんも ごうじょうならざりし とき だにも ちくじょうげどうは じんつう だい1の1 もくれんそんじゃを ころし
人の貪・瞋・癡・邪見も強盛ならざりし時だにも竹杖外道は神通第一の目連尊者を殺し、

あじゃせおうは あくぞうを はなちて 3かいの どくそんを おどしたてまつり だいばだったは しょうかの あらかん れんげびくにを がいし
阿闍世王は悪象を放て三界の独尊ををどし奉り、提婆達多は証果の阿羅漢・蓮華比丘尼を害し、

くぎゃりそんやは ちえ だい1の しゃりほつに あくめいを たてき
瞿伽利尊者は智慧第一の舎利弗に悪名を立てき、

いかに いわんや よ しばらく さかんになりて そうろうをや
何に況や世漸く五濁の盛になりて候をや、

いわんや よ まつだいに はいりて ほけきょうを かりそめにも しんぜんものの ひとに そねみ ねたまれんことは
況や世末代に入りて法華経をかりそめにも信ぜん者の人に・そねみ・ねたまれん事は・

おびただしかるべきや
おびただしかるべきか、

ゆえに ほけきょうに いわく にょらいの げんざいにすら なお おんしつ おおし いわんや めつごの のちをや と うんぬん
故に法華経に云く「如来の現在にすら猶怨嫉多し況や滅度の後をや」と云云、

はじめに このもんを み そうらいしときは さしもやと おもい そうらいしに 
始に此の文を見候いし時は・さしもやと思い候いしに

いまこそ ほとけの みことばは ちがわざりける ものかなと ことに みにあたって おもい しれて そうろう 
今こそ仏の御言は違はざりけるものかなと殊に身に当つて思ひ知れて候へ。


当時は 正しいことを言うと 皆 殺されていたのですね
こうして 考えると 私は 大聖人様によって 殺される事無く 自由に話せることになって 3代の会長によって 牢に入ることもなく なんて 守られているのだろうと思う
先生が たぼらかされてはいけないよ と 何度もなく話されていたことを 今更ながらに 思い出す
勇気を出して もっともっと 
語って 語って 語りまくる私になろう!
勿論 聞くことも 大事だけどね(^^♪




[PR]
# by tomotiyoo | 2018-04-16 00:00 | Comments(6)

ルルさんの 体験

私は茨城県の婦人部です。東京の男子部の方に折伏され2才の時母と入会しました。
父は神経質で恐い人で、母は優しいけれど不思議な人です。そして四才違いの弟がいます。
高等部の時、友人に誘われ富士合唱団高等部に入りました。

その頃、三軒壁が続いている社宅に住んでいて、勤行、唱題に挑戦していると父が階段を登って来て、もう少し小さな声でしなさい、と言われました。
合唱団の練習は京成バスに乗って浅草あたりの赤澤朝陽にも行きました。
ファミリーコンサートでは信濃町の本部まで父が一人で見に来てくれ、顔が輝いていたよと、嬉しそうに言ってくれました。

父は私が二十歳の時、婦人部の幹部の方の強い押しで入会しました。
それから、男子部の主人と結婚し、五年たってもなかなか子供が出来ずに悩みました。
お題目をあげて、もう、子供はいなくても二人で生きていこう、と決めてから子供を授かりました。
無事に男の子が生まれましたが、なかなか育てにくい子でした。
見学に行った幼稚園では、この子は普通の子ではありませんよ、と言われました。と言うのも、初めての場所では子供は母親から離れられないものだと。息子は遊具に一目散に行ってしまいました。
息子が三才半の時、私は市の健康診断の尿検査で引っ掛かり、息子を保育所に預け、腎生検で一週間入院し、IgA腎症と診断されました。

息子は小学校では友達もでき、楽しく行きますが、漢字が苦手でした。
息子が六年生の時、私は扁摘パルスを勧められました。
扁摘パルスは扁桃腺を取りステロイドを大量に投与する治療です。
扁桃腺を取る手術を受けた後二人の婦人部の先輩が来て下さり池田先生から奥様のクリアファイルとお見舞いを届けて下さいました。先生が分かって下さっていると思うと、とても勇気が出ました。
その頃から息子は学校への行き渋りが始まりました。
そして、中学校に入学すると 英語が苦手で一年生のゴールデンウィーク後に学校も勉強も嫌だと不登校になりました。
私も 体調がずっと悪く息子の夏休み中にステロイドパルスを受ける為に三週間入院しました。
夏休みが始まってすぐ、入院する日は 不登校の息子を置いていくのは辛い事でした。
退院後もステロイドを一年間飲み続けます。
体がだるくてたまりません、外出も制限されました。
薬が減って来たタイミングで、息子の不登校のサポートで、総合研究所、息子の病院、県の教育センターに行き相談しました。
そのなかで一番良かったのは学会の教育相談でした。
その時、担当の女の先生が池田先生のお家のお庭で育てた折り鶴ランを副会長さんが頂き、それが増えて私にと頂きました。
初め、植木鉢に植える気力もなく、水耕栽培でしたが少し弱ってきたようだったので、尋ねると土に植え、肥料もあげたほうがいいわよ、と教えて下さいました。

そして息子の方は発達障害の自閉症スペクトラムと言われました。
二、三年になると中学で支援学校を勧められ、見学もしましたが面接の直前、僕はここには行かないよと、言いました。
塾は嫌だと言うので、自力で受験勉強して結局、県立の定時制の昼間生になりました。
高校には教育部の国語の先生もいらして心強かったです。

そんなある日、私は地区の新聞協議会で辛い思いをして、それから、地区の会合に出られず、新聞の配達も出来ず、うつ状態になりました。
ゾーン婦人部長さんが来て下さり、じっくりと話を聞いてくれました。
そして、ドクター部の精神科の先生を教えて下さり東京まで行きました。
安定剤を出して下さり、二回目は眠剤も出してくれました。
先生は、ここまで来なくていいから帰りに楽しいところに行くんだよと、言ってくれました。

しかし、その後、近くの病院に行くも、だんだんひどくなり、専門の大きな病院に主人と行きました。
うつ病と診断され薬を飲みました。
一日中ベッドに寝ていて勤行とお題目三唱がやっとでした。
家事は最低限でおかずは買って来てもらいました。

ある日家族と本屋に行くとベルサイユのばらのオスカルが微笑んで白馬に乗っている表紙の新刊があり、ときめきました。
それから、だんだんベルばらの事をパソコンで調べたり、宝塚の事を調べたり、二次創作を読んだりするために起きている時間が長くなりました。
そのうち自分でも話を書いてみたくなり、ブログを立ち上げました。





その頃からたえさんの『心の扉』も読むようになりました。
しばらくして、選挙がありささやかながら公明党の応援をして、選挙が終わるとちよさん(たえさん)からメッセージがあり、元気な人だなと思っていたら質問が続き、なかなかやり取りが終われないから、困ったなと思っていたら、最後に
「顔晴ろうね」とあり、その言葉を見たらとても頑張れないと思い、
「うつなんです」と書くと
「出た~ うつ~!」と書かれてしまいました。
え~~、と思いましたが、
どうして、出たうつ!なのだろうと思いました。

それから、東京に行く時に
ちよさんとおじさん(バカボンパパ)に会い励まして下さいました。
そのうち、配達再開の話があり自信はありませんでしたが、主人も手伝ってくれるとの事で受けました。

息子は自閉症スペクトラムらしく、三者面談で高校から推薦が受けられると言われましたが、面接は絶対に嫌だ、と言いました。
息子はこの間黙々と受験勉強をして、希望の心理学のある大学にセンター試験と一般で合格しました。
高校の卒業式では三年間の精勤賞を頂きました。
最後に教室を覗くと楽しそうにしている息子達を見たら、ご本尊様に守られたな~と思いました。

それからある時、私は主人が夜勤に行った後、片付けをしていたら、きれいになるのが気持ち良くなって、まるで片付けスイッチが入ったようでした。
それを医師に告げると、双極性障害と言われました。
私は若い頃うつ状態になりそれから元気になりました。
うつの切り抜きを捨てると、また一年位するとうつ状態になるということを繰り返していました。
薬は今までの物がニ錠から一錠になり新しい薬も出ました。
それからだんだんハイテンションになって来て夜中、寝ないであちこち片付け『探し物はなんですか~』と歌い出したり、「ちょっと待って」と独り言を言うと百恵さんの歌プライバックPart2を歌い出し、それが自分で可笑しくて笑い出しそれがエンドレスでした。
主人にうるさいと叱られ、やっと眠った事もありました。

病院で今度は仕切り直しと言って、今飲んでいる薬になりましたが、眠くなる薬があったため減らしてもらいました。
そしてふと気がつくと、ものすごくお腹だけぽっこりとしてしまい、腎症の先生にも体重の増加を指摘され、メタボの境にいました。
それは薬のせいで食欲が出るのと、喉に引っ掛かる為、ビスケット等で流し込んでいたからだと思います。
今年になって医師の指導のもと寝る前の薬を一錠減らしました。
そうしたら元気がなくなってしまいました。
元に戻してみても何だか前より元気が出ない気がします。
お題目もあがらず十遍の時もありました。

それが先月、ちよさんと電話で話していて 中野さんの本(『脳科学からみた「祈り」』)に書いてあったでしょ?
「人間の細胞は三ヶ月で生まれ変わる。」って
一日一万遍あげると約三ヶ月で百万遍。
池田先生が悩みがあったら百万遍に挑戦しなさいとあるよ。」と話してくれました。
それで体に電気が走ったみたいに、しゃんとなり決意をして二日から挑戦しています。
それまであげられなかったのが嘘のように、薄紙を剥ぐように元気になりました。
また自転車に乗ることが出来、苦手だった料理も少しずつ好きになって来て、何を作ろうかなと、楽しみになってきました。
今日は本当に久しぶりに自分で揚げ物をしました。(揚げただけですが)
そして四年振りにひたみち(新・人間革命)大学校、婦人部本部活動者会に出席できるようになりました。
三ヶ月後までに座談会に喜んで出られるように決意しました。しっかり祈っていきます。
ありがとうございます。

[PR]
# by tomotiyoo | 2018-04-14 00:01 | Comments(12)

ルルさんのブログは ベルバラから始まって・・・ 
私は 宝塚を見に行って 寝てしまう子供でしたが、最初の地区リーダーが 宝塚大好き人間だったこともあって 何か共通点を見いだせないかとメッセージのやり取りをさせていただきました




いつからか 「心の扉」の公明党の話をりブログしてくれて どこかで 頑張りたいと思っているのかな?と思いました
ネットの中で色々な 交流をさせていただいていますが 嫌われるのが怖くて 学会員であることを隠す人も 何人かいましたが 
せめて ネットの中だけでも 公明党の応援をしたいというルルさんの思いが なんとなく伝わってきました

一度 お会いしようという事になり イトーヨーカ堂の中にある コーヒーショップでお話ししました
旦那さんとも ご挨拶だけさせていただきました
二人とも 壊れちゃうぐらい 線の細い印象でした

ドリンク剤の瓶に折り鶴蘭を 1本1本 水を入れ 植木鉢と土を用意してくれて 先生の思いを届けてくれました
神経こまやかな 彼女と ガサツな私
どう考えったって 合うはずがない
でも 信心は違うんです
ルルさんは 富士合唱団で 先生の心を教わってきた池田門下生に 変わりはない
話せば 解かる そう感じました

ルルさんの折り鶴ラン 花が咲いてますね
私のは バカボンパパが 造花をさしてます(^^♪


「出た〜 うつ〜!」には 大笑い
私って 酷いこと言うんですね
笑って 許して〜♪
私も 鬱状態を 経験してて そんなものは 吹っ飛ばしてしまえ〜!みたいな気持ちが 当時あったんだと思います

最初に 同盟唱題に誘った時は 確か 15分ぐらいだったかな〜?
その後 キボウさんとの 午後3時の同盟唱題 15分お願いして・・・
それも キボウさんの都合で なかなか続かなくて(笑)
その時は まさか ルルさんが 3時間唱題に挑戦するなどという事は 思いもよらなかった(大笑)
きっと 世界青年部総会の同時中継に出席できたことも 変わる因になったんでしょうね

焦らず じっくり 一家の宿命転換をかけて 一緒に「顔晴ろうね」
頑張れないと思っていた ルルさんが ここまで変わったこと 
素敵な友人に出会えて 私も幸せです
ありがとう これからもよろしく\(^o^)/

[PR]
# by tomotiyoo | 2018-04-14 00:00 | Comments(7)