人気ブログランキング |

千早さんの勝利‼️

「おはよう、できたよ~
集中してすごく祈れたかと言うとそんなことはなく、いつも私のお題目はぼおっとしてたりうろうろ困ってたりしてそこまですごく祈りに祈ったとかじゃあないんだけど、そんな題目で時間ばっかりかかって10時間もして、そんな事に意味があるのか…
今回も7時間くらいあげたところでもうやめようかとも思ったんだけど、でも魔だなあと思ってとにかくやろうと思いました。
やっぱり0時までかかりました。
2011年に発心して、同時に悲しいことがあり、それでがんばろうと その時何度も10時間唱題をしていたら、ひらがな御書の菊川さんのブログにたどりつきました。
その後も何度も10時間、7時間、あげました。
Iさんにがんばっているのを命で知らせたくて一生懸命信心がんばろうと思ってしていました。
池田先生と師弟の命でがんばっている人がうらやましく、ステキだなあと思って、私も全然だめだけど何とかどうにかそうなりたいと祈り行動しました。
具合がすごく悪い時には折伏しますから助けてくださいとご本尊様に心からお題目をあげました。
そんなことも考えられないくらい具合が悪い時も転がって動けない時もお題目をあげて、ちよさんから引っ張ってもらってお題目あげて、毎朝のお題目、毎朝毎朝、これはすごい威力ですね。
とにかく書ききれません。
もうもう恥じもがいぶんもない、他の方法は何にもない、題目以外に助かる道はないとお題目をあげたら叶う。
池田先生と呼吸が合っている人はすごい、だから私もそうでないからそうなりたいと、ご祈念文のところはいつもあれこれはめんどくさいので一つだけ、「先生と合致できますように!」でもそれはほんの少しずつ効いてきたように思います。
まだまだとんでもなくほど遠いけど、でも、とどのつまり、人のことを命の底から祈れるようになること、池田先生の事、この信心のすごさがたくさんたくさんわかること、これが今生の一番の功徳だと、他の事は枝葉だと、一番できないことだから それが功徳だと思うようになりました。
10時間唱題には功徳があると思うから、私は来週もします。
今叶えたいことがたくさんあるから。
めちゃ楽しいバレーボールのようにバンッバンッと打ち返す、辛かったらみえを捨てて正直に相談する。」

私の事を 鉄の蝿叩きで バシッバシッと叩くと 言ってたけど 叩いてよかった🎵

諦めなければ 必ず 本物になるるのです(^.^)
すっかり 追い越された\(^-^)/

※千早さんのブログは ログインできなくなってしまったようで とりあえず 私のブログを使ってもらおうと思ってます
千早さんの 読者の方 ご了承下さい

# by tomotiyoo | 2019-10-14 09:41 | Comments(0)

「創価学会を語る」 佐藤優 松岡幹夫

佐藤優さんは 同志社大学大学院神学研究科終了後 外務省に入省
2002年逮捕
2009年執行猶予付有罪確定
2013年執行猶予満了

敬虔なキリスト信者で 作家

松岡幹夫さん
1986年 日蓮しょうしゅう(正しい宗教でないので 変換できない(笑))大石寺で得度し僧侶に

1992年 大石寺を離れ青年僧侶改革同盟を結成


佐藤さんは「国策捜査」によって512日間拘留
松岡さんは、根拠もなく(私の推測では 創大卒が根拠かな?)「学会のスパイ」と見なされ、寺の中で監視される生活
宗派離脱するまで約450日間続いた
牧口先生が逮捕された伊豆の下田で対談を終えたあと 宗門事件の現場も見てもらおうと大石寺の周辺を見学
佐藤さんは「まるで 東京拘置所みたいですね」と
松岡さんは 殴られて寺を出てきた(笑)
「松岡さんはちゃんと朝晩、勤行していますね。
顔を見ればわかります」と 佐藤さん
互いに信仰は違うけれども、宗教の論理で物事の本質を見抜いていく点では完全に一致した。と

佐藤さんは トインビー コスイギン ゴルバチョフ との対談についても よくご存じであるである


冷戦期の中ソへ

写真 ソ連・コスイギン首相と会談する池田大作名誉会長
ソ連・コスイギン首相と会談する池田先生

原水爆禁止宣言からちょうど11年目の昭和43年(1968年)9月8日。池田大作先生(当時会長)は、中国との国交正常化の早期実現を訴える「日中提言」を行なった。提言は、日中の未来を憂慮していた心ある人々の間に大きな反響を広げる。国交正常化は、昭和47年(1972年)の日中共同声明によって実現をみた。
昭和49年(1974年)9月、池田先生はソビエト連邦(当時)を初訪問。冷戦のさなかの訪問を決意させたのは、中ソ間の緊張による戦争への懸念だった。「宗教否定の国に、どうして宗教家が行くのだ」という批判に池田先生は「そこに人間がいるからです」と答えた。
ソ連・コスイギン首相との会見に臨んだ池田先生は、単刀直入に聞いた。「ソ連は中国を攻めるつもりはあるのですか」
一民間人からの思いもかけぬ言葉に、コスイギン首相も率直に答えた。「中国を攻めるつもりも、孤立化させるつもりもありません」
同年12月、コスイギン首相の言葉を携え、池田先生は訪中。この時、重い病の床にあった首相・周恩来が池田先生との会見を強く希望した。周総理は、日中友好と世界の平和を池田先生に託す。「あなたが若いからこそ、大事につきあいたいのです」
国家や思想の違いを超え、平和へのバトンが手渡されたのである。






今日は ここまで(^.^)

# by tomotiyoo | 2019-10-14 00:00 | Comments(6)

佐藤優さんの講演に行って来た

入り口で 佐藤優さんの姿を見つけた私は 思わず 佐藤さんに向かって 手を振ってしまった
彼は 気づいて 会釈をしてくれた

講演会の司会は 松岡幹夫さん
講演の内容は
お二人の対談集
「創価学会を語る」
を読めば大体分かる

また 機会が あったら 紹介するとして
ある本が 私が佐藤さんに興味をもつきっかけになり 以前ブログで紹介させていただいたので
載せておこう


# by tomotiyoo | 2019-10-12 00:00 | Comments(4)

録画して~‼️

テレ「ヒルナンデス」
10月9日 水曜日 ピアノ
10月30日 水曜日 オルゴール
和牛と ブルゾンちえみが 突撃訪問

見てね~🎵



# by tomotiyoo | 2019-10-08 20:56 | Comments(7)

パニック障害

一昨年 我が地区に 引っ越されて来た方が パニック障害を 克服されている
彼女は 朝 8時からの唱題に参加されている方で メーちゃんのパニック発作の事を聞いて 聖教新聞の切り抜きを 持って来てくれた

2012年1月13日 金曜日の多分 6面

成城墨岡院長によると

『原因は、セロトニンなど、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることから発生か?
心因性の事柄は
あくまで引き金であり、「身体因性」の病気であると捉えるのが、現在の主流

治療は薬物療法と認知行動療法が中心で、両者を組み合わせるのが理想

周囲の人は、体の病気であることを頭に入れて対応してほしい』

7年前の新聞なので 医学は進んでいるかもしれない

体の病気なら 尚更 治せばいいことで その為の努力は 惜しまず協力させていただきたい

パニック障害を お持ちの方は 周囲に知られたくないという不安と 周囲が驚くのではないかという不安をお持ちのようである
信心している人であるのなら 大丈夫と声をかけ お題目を送ってあげ 深呼吸をさせて安心感を 持たせてあげることが 大切なのでは ないでしょうか?

# by tomotiyoo | 2019-10-08 12:00 | Comments(8)

私もふぞろい(笑)


# by tomotiyoo | 2019-10-05 12:00 | Comments(7)

ビフォ―アフター

ここをクリックhttps://ameblo.jp/tomotiyo2497/entry-12532352240.html

みんなのお墓は大丈夫?

# by tomotiyoo | 2019-10-04 06:00 | Comments(3)